川崎市立虹ヶ丘小学校の学区内のマンション

敷地面積約2haの虹ヶ丘公園や川崎市内で2番目に大きい約50.0haの墓地公園・早野聖地公園に挟まれているのが、川崎で全校児童が最も少ない川崎市立虹ヶ丘小学校、そのため学年の垣根を越えて仲が良くアットホームな雰囲気があります。同校から西へ徒歩2分には、障害児と健常児が区別なく学べるインクルージョンを目指す県立麻生養護学校、早野聖地公園の南側には、救急に対応している横浜総合病院や幼稚部から大学院まで整った桐蔭学園があります。地域環境を生かした教育活動を展開している虹ヶ丘小は、養護学校や保育園などとの交流や毎日のパトロールなど地域と繋がりが強く、農家の方からは指導を受けて米作りを体験します。

13 件のうち
1〜13件を表示