929 件のうち
1〜30件を表示

JR総武本線駅の地域情報

東京都の西部にある三鷹と千葉を結ぶ路線を総称して総武線と言われていますが、実際の総武本線はお茶の水から東、千葉県内で最も人口の多い船橋市、3位の市川市の中心を通り、千葉市内の主要都市を過ぎてから、千葉県のターミナルである千葉までを指しています。並行して走る中央線との区別が難しいため、総武線はカナリアンイエローのカラーから「黄色い電車」と呼ばれています。西船橋、船橋、津田沼、千葉では一日10万人を超える乗車人数をたたき出すほどで、千葉県の大動脈と呼ぶにふさわしい路線です。千葉県各地の主要都市のベッドタウンとして人口の多いエリアですが、千葉県内の大型集客施設は京葉線沿線にあり、もともとは総武線の支線としての役割を担っていた京葉線が、本線の立ち位置をおびやかしています。