219 件のうち
1〜30件を表示

月島駅の地域情報

月島駅は東京メトロ有楽町線と都営大江戸線が乗り入れる駅で、中央区月島・佃の最寄り駅となっています。佃島は江戸時代には石川島と呼ばれ、幕府が人足寄場(職業訓練所)として造営した土地。その歴史を受け継いだ隅田川と豊洲運河に囲まれた月島・佃エリアは、リバーシティ21をはじめとするエリアには高層マンションが多く建っていながらも、昔ながらの一戸建ても残っており、風情ある下町と現代的な建物が融合した街並みが最大の特徴となっています。永代橋から見渡す中央大橋とリバーシティ21のセットは、東京の代表的なランドスケープとして有名です。三井不動産リバーシティ21センチュリーパークタワー、シティーフロントタワー、スカイライトタワーなどが並ぶ佃エリアは、リンコスリバーシティ店やマルエツ、マツモトキヨシなどのスーパー、ドラックストア、佃島小学校、佃中学校などがあり、生活利便性が高いエリア。赤い姿が可愛らしい佃小橋周辺は、隅田川に繋がる水路で、その情景をスケッチする人々が絶えません。人気将棋マンガ「3月のライオン」の舞台にもなりました。キャピタルゲートプレイスザ・タワー、ファミール月島グランスイートタワー、ライオンズタワー月島、ザ・クレストタワーなどの人気タワーマンションが存在します。月島エリアは東京駅や銀座まで約2km、中央大橋から東京駅方面へは車で10数分と都心へのアクセスも良いため、人口は年々増加傾向にあります。もんじゃ焼きの街としても有名で、西仲通り商店街には30店舗以上あり、連日多くの人が訪れます。隅田川沿いの佃公園は春には桜が咲き誇り、犬の散歩やジョギングをする人が多く見られ、対岸には聖路加国際病院や築地市場などがあり、居住者にとっては欠かせない場所となっています。