565 件のうち
1〜30件を表示

横浜市緑区の地域情報

横浜市緑区は横浜市の北西部に位置し、東京都町田市と隣接するエリアです。人口増加に伴った再編成により、1994年に現在の新生緑区として誕生しました。区の地形は、鶴見川に流れ込む短い支流の流域にあたる丘陵地と、鶴見川が流れる低地から構成されています。地形は東西に細長く、JR横浜線が東西にわたって走っています。鶴見川を境にして北側は工業団地が多くあり、南側は住宅地となっています。緑区という名前の通り、中央部に近い三保、新治地区の緑被率は横浜市内18区の中で最も高く、44.6%を誇ります。また、緑被率からわかるように、四季の森公園、三保市民の森、新治市民の森、鴨居原市民の森など、緑を感じることができるスポットがたくさんあるのも特徴の一つです。