86 件のうち
1〜30件を表示

豊洲駅の地域情報

豊洲駅は東京メトロ有楽町線および新交通ゆりかもめが乗り入れる江東区の駅です。豊洲駅周辺には多くの高層マンション、オフィスビル、アーバンドックららぽーと豊洲のような大型ショッピングモールなどがあります。最近では、BBQ場やライブ用の施設などが次々とオープンし、プライベートでも多くの人が訪れるエリアになりました。また、人口も増え続けており、2007年には児童増加に伴い新たに豊洲北小学校が開校され、2014年には昭和大学付属江東豊洲病院が移設されるなど、豊洲にお住まいの方にはますます便利な環境になっています。東京駅や銀座までバス・電車で一本で行けることから都心に勤務される方に人気のエリアとなっています。豊洲2丁目にはアーバンドックららぽーと豊洲や豊洲公園があり、多くの人で賑わっています。豊洲公園は都心の公園とは思えないほど広大な芝生が特徴。東京湾に浮かぶタワーマンションの眺望と豊かな緑を楽しむことが出来ます。アーバンドックららぽーと豊洲は飲食店や東急ハンズ、ZARAなどのファッション店も入っており、生活に必要なものは何でも揃えることが出来ます。また豊洲2丁目に位置する人気タワーマンション「アーバンドックパークシティ豊洲」と地下で繋がっていますので、同マンションの居住人は雨に濡れずに買い物を楽しむことが出来ます。豊洲駅前の空地には不動産ディベロッパーの三井不動産がオフィスやホテル、商業施設をからなる3つのビルを建築予定です。豊洲3丁目は豊洲エリアの中でも人気のタワーマンション街。ザ・トヨスタワー、シティタワーズ豊洲ザシンボル、シティタワーズ豊洲ザツインなどの名作マンションが位置しています。DIYや日曜大工に必要なものは何でも揃うスーパービバホームホーム豊洲店もあります。豊洲4丁目は豊洲エリアの中でも手頃な価格帯のマンションが多いエリア。大規模マンションであるプライヴブルー東京、東京フロントコート、スターコート豊洲などがあります。築年数が経ち、リノベーション向きなマンションも数多く存在します。現在13棟ある都営豊洲四丁目アパートは2020年9月までに14階建て、7棟の新築マンションへと再開発が行われる予定です。豊洲5丁目は区の施設なども入る豊洲シエルタワーや昭和大学江東豊洲病院、三井不動産レジデンシャルが分譲したパークホームズ豊洲ザレジデンスなどがあります。