18 件のうち
1〜18件を表示

有明テニスの森駅の地域情報

有明テニスの森駅はゆりかもめの中でも、有名タワーマンションが数多く集まるエリアです。各マンション間の敷地が広く取られており、都の再開発計画とも融合して良好な住環境を形成しています。東京オリンピックの主要会場が有明テニスの森公園の東西に開発予定で、有明アリーナや有明体操競技場、BMXのコースなどが設置予定です。有明にはこれからの開発を待つ土地も多く、特に有明テニスの森駅の東南に位置する「有明ガーデンシティ(東京ベイ・トリプルタワープロジェクト)」は住友不動産によるショッピングセンター、ホテル、会場場などの開発が予定されており、国家戦略特区の指定も受け、有明エリアの価値を一気に高める可能性を秘めています。もちろん合わせてタワーマンションの建設も予定されており、全1539棟の免震タワーマンションが2020年頃までに完成予定です。電車以外にバスの利便性が高く、東京テレポート、お台場、豊洲、月島、銀座、八重洲、東京駅に1本で行くことが出来ます。バス高速輸送システム(BRT)が2019年から段階的に運行を開始するため、虎ノ門・新橋と市場前駅、有明を繋ぐ幹線ルートにより交通網の利便性が更にアップするでしょう。再開発が目覚ましく、人口の伸びが大きい有明エリアの教育施設拡充のため、ブリリア有明スカイタワーの北西側に、江東区立第二有明小・中学校が2018年4月に開校予定です。この学校は竹中工務店の施工で、国産の木材を使った、木のぬくもりを感じさせてくれる校舎になる予定です。江東区立第二有明小・中学校と東雲運河の間には東西に長く親水公園が整備される予定ですので、学校に通う小学生・中学生はもとより、地域の住民にも愛され、理想的な住環境に拍車がかかるのではないでしょうか。

最寄り駅から探す