品川Vタワー タワー棟

品川Vタワー タワー棟

過去の過去の売り出し価格

9,880万円 ~ 9,880万円

総合評価 4.65

starstarstarstarstar_half
㎡単価
151万円 ~ 151万円
住所
東京都港区港南2丁目16-7
学区

港区立港南小学校 徒歩21分(1680m)

港区立港南中学校 徒歩23分(1840m)

間取り
1LDK
最寄り駅
階数
地上43階 地下3階
築年数
築17年
戸数・規模
全622戸

品川Vタワー タワー棟は京急本線北品川駅より徒歩4分に位置する、総戸数622戸のランドマーク的な高層マンションです。高層階からの眺望を是非一度見ていただきたいマンション。最寄駅からマンションまで短い距離で行くことが出来、利便性の高い生活を送ることが出来ます。こちらのマンションは商業地域に位置しており、商業施設やビル、マンションなどが存在するエリアです。間取りは1LDK+WICで、単身者向けの部屋が多くなっています。築年数は17年でセキュリティ対策としてエントランスオートロック・モニター付きインターフォン・防犯カメラが導入されており、女性の一人暮らしにも安心です。マンションにはジムが完備しており運動不足な方にもオススメです。日々の生活をコンシェルジュがサポートしてくれるのも嬉しいポイント。宅配ボックスも備え付けられているので、日中なかなか荷物を受け取るタイミングが無い方も安心です。各階にゴミ捨て場があるので、ゴミを持って移動する手間が省けます。ゲストルームは、両親がマンションに泊まる際に重宝します。トランクルームもあり、お部屋の中をスッキリ片付けたい人にはもってこいです。大切な家族の一員であるペットと生活を楽しむことが出来ます(細則あり)。

※表示されている価格は、過去の売り出し価格の一例であり、現在この価格で購入できることを保証するものではありません。

品川Vタワー タワー棟の詳細情報

権利形態

所有権

構造

鉄筋鉄骨コンクリート(SRC)

管理組合

あり

管理会社

株式会社東急コミュニティー

管理形態

全部委託 / 日勤

分譲会社

東京建物株式会社他

施工会社

大林組・大日本・不動建設共同企業体(株)松田平田設計・(株)大林組設計企業体 他

設計会社

(株)松田平田設計・(株)大林組設計企業体 他

特徴
  • 大規模マンション,
  • タワーマンション
共同設備
  • エレベーター/
  • ジム、フィットネス/
  • トランクルーム/
  • 宅配ボックス/
  • ゲストルーム/
  • マンション専用ゴミ置場/
  • ゴミ置場24時間/
  • ゴミ置場各階
防災
  • 新耐震
ペット 可能
サービス
  • コンシェルジュ
駐車場

駐輪場

バイク置き場

フラット35 --
マンション全体の
修繕履歴
--
その他特記事項:

【共用施設】
【1階】
・ニューズカフェ
・茶室
・ラウンジ
 
【2階】
・ミニストア

【3階】
・エッグシアター
 
【25階】
・コンディショニングハウス(フィットネスゾーン・リラクゼーションゾーン)

【41階】
・ゲストハウス

【42階】
・スカイサルーン

品川Vタワー タワー棟周辺環境 大きな地図で見る keyboard_arrow_right

東京都港区港南2丁目16-7

北品川駅の地域情報

北品川駅は、臨海エリアに張り出した埋立地にある活気のある商業地にあります。付近には飲食店街や商業地があるので、お食事やお買い物に便利です。また、旧海岸通りにかけてのエリアには、マンションなどもたくさんあるので、気に入った物件が見つけやすい環境です。駅の西側には御殿山の高台があり、瀟洒な邸宅街がひろがっています。この辺りは、「城南五山」と呼ばれた格式の高い地域で、高輪HOUSEをはじめ、世界各国の大使館が点在しています。周辺は、高台の格式の高い地域と、臨海エリアのウォーターフロントエリアの2つの顔を持っています。近所には、「台場保育園」「八ツ山保育園」「品川区立御殿山幼稚園」などがあり、お子様連れのファミリー層の方にとっては、子育てがしやすい場所です。

東京都港区港南の地域情報

高層マンションが建ち並ぶ、ベイフロント地域である「港区港南」エリア。運河に面した立地であることもあり、開放感に優れた立地環境となります。目の前にはレインボーブリッジや、お台場方面の景色を楽しむことができます。再開発による新しい街並を実感することができ、グローバル特区としてさらに進化していく品川エリアも身近に利用することも可能。交通機関は品川駅となり、東京の玄関口と言える巨大ターミナル駅です。山手線を始め、京浜東北線や都営浅草線、東海道線などの主要沿線が通っています。各地方への新幹線も通っており、2027年にはリニア新幹でも注目されている駅です。