横浜中山サンライフプラザ

No image building

横浜中山サンライフプラザ

過去の過去の売出し価格

1,380万円 ~ 4,200万円

総合評価 3.45

starstarstarstar_halfstar_border
㎡単価
24万円 ~ 61万円
住所
神奈川県横浜市緑区青砥町172-14
学区

横浜市立山下小学校 徒歩20分(1600m)

横浜市立緑が丘中学校 徒歩32分(2560m)

間取り
3LDK / 2LDK
最寄り駅
階数
地上3階
築年数
築33年
戸数・規模
全14戸

横浜中山サンライフプラザはJR横浜線中山駅より徒歩10分に位置する、総戸数14戸のプライベート低層マンションです。マンションから駅までの距離が近いため、日々の生活に便利です。こちらのマンションは第一種住居地域に位置しており、ビルやマンションなどが立ち並ぶエリアです。間取りは3LDKで、余裕のある間取りが多くなっています。築年数は33年で自然を身近に感じながら生活することが出来ます。

※表示されている価格は、過去の売出し価格の一例であり、現在この価格で購入できることを保証するものではありません。

横浜中山サンライフプラザの詳細情報

権利形態

所有権

構造

鉄筋コンクリート(RC)

管理組合

あり

管理会社

三井不動産レジデンシャルサービス

管理形態

全部委託 / 巡回

分譲会社

京浜ビル開発株式会社

施工会社

株式会社熊谷組

設計会社

--

特徴
  • 低層マンション,
  • リバーサイド,
  • BS放送対応,
  • CS放送対応,
  • CATV放送対応,
  • フラット35対応
共同設備
  • エレベーター
防災
  • 新耐震
ペット 不明
サービス --
駐車場

駐輪場

バイク置き場

フラット35 適用
マンション全体の
修繕履歴
--
その他特記事項: --

横浜中山サンライフプラザ周辺環境 大きな地図で見る keyboard_arrow_right

中山駅の地域情報

中山駅の北側にはロータリー広場があり、その北にはゆったりと恩田川が流れる潤い豊かな住宅街です。南側には多摩丘陵の坂道の多い住宅街があり、マンションの数も充実しています。駅の周辺には中山商店街などがあり、スーパーや飲食店街、美容室などが軒を連ね、比較的活気のある商業エリアを形成しています。普段の生活で必要なものはすべて駅周辺でそろいます。周辺には、起伏のある丘陵地に「県立四季の森公園」などがあり、自然を身近に感じながらリフレッシュできる環境が整っています。「県立四季の森公園」には、多摩丘陵のかつての里山の風景が残さており、園内には四季の自然や生物を紹介するビジターセンターなどの施設があります。芝生広場や夏には水遊びができる「じゃぶじゃぶ池」などがあり、子供たちに人気です。

神奈川県横浜市緑区青砥町の地域情報

一級河川の鶴見川は多くの支川が合流しやがて東京湾に注ぎますが、そのうち谷本川(鶴見川上流)と恩田川の合流地点が横浜市緑区青砥町です。青砥は地元で「おおと」と言われることもありますが正式名称は「あおと」、地名は鎌倉時代中期の武将・青砥藤綱(あおとふじつな)が居住したことに由来する説があります。青砥町の主要道は、川崎市川崎区から東京都町田市へ至る県道140号、青砥町の最寄り駅は横浜市営地下鉄グリーンライン(4号線)の川和町駅もしくは中山駅、中山駅にはJR横浜線も乗り入れ、買い物や食事に便利な中山駅から徒歩3分には区役所や消防署があります。