保土ヶ谷スカイハイツ

No image building

保土ヶ谷スカイハイツ

過去の過去の売り出し価格

290万円 ~ 2,980万円

総合評価 3.2

starstarstarstar_halfstar_border
㎡単価
7万円 ~ 85万円
住所
神奈川県横浜市南区永田北1丁目28-24
学区

横浜市立永田小学校 徒歩13分(1040m)

横浜市立永田中学校 徒歩20分(1600m)

間取り
1LDK / 2DK / 4LDK
最寄り駅
階数
地上5階
築年数
築53年
戸数・規模
全50戸

保土ヶ谷スカイハイツの詳細情報

権利形態

所有権

構造

鉄筋コンクリート(RC)

管理組合

あり

管理会社

㈱三春情報センター

管理形態

全部委託 / 日勤

分譲会社

田園信販

施工会社

-

設計会社

--

特徴
  • 低層マンション,
  • BS放送,
  • CS放送,
  • CATV
共同設備 --
防災 --
ペット 不明
サービス --
駐車場

駐輪場

バイク置き場

フラット35 --
マンション全体の
修繕履歴
--
その他特記事項: --

保土ヶ谷スカイハイツ周辺環境 大きな地図で見る keyboard_arrow_right

神奈川県横浜市南区永田北1丁目28-24

保土ケ谷駅の地域情報

保土ケ谷駅の周辺は、東海道五十三次の宿場町「程ヶ谷宿」があったところで、本陣跡や問屋場、金沢横町道標、札場などの旧跡や遺跡が各所に点在しています。また、古い歴史を持つ寺社仏閣なども多く、見所の多いエリアです。旧跡・保土ヶ谷本陣の苅部家は、後北条氏の家臣で、鉢形城の城代家老を務めていた苅部豊前守康則を祖先に持ちます。北条家が豊臣秀吉に戦で敗れた折に、苅部出羽守吉里は戦死しますが、その後、江戸時代に入り、吉重の二男が先祖の領地である保土ヶ谷に戻されて、本陣と名主、問屋の三役を拝命しました。以降、当主は代々苅部清兵衛を明治に入るまで名乗ってきました。往時の宿場町の面影がしのべる古い街並みが点在している地域です。

神奈川県横浜市南区永田北の地域情報

京浜急行電鉄本線の井土ヶ谷駅から横浜横須賀道路の狩場インターチェンジまでには永田台や永田山王台など永田が付く地名が多く、その中で北部に位置するのが南区永田北です。元々この一帯は、丘陵地が浸食されて形成された長い谷戸が多い複雑な地形、永田山(山王台)からは富士山を拝むことも出来ます。永田北には学区校の市立永田小学校、学区中学校は永田みなみ台にある市立永田中学校です。永田北の北部は保土ヶ谷区の市立瀬戸ケ谷小学校も学区、特別区の東京23区と異なり横浜18区は行政区、そのため南区永田北からでも保土ヶ谷区の市立学校に通えます。横浜市では指定校に通学することが原則ですが、指定地区外就学も可能です。