マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【注目】不動産ニュースについてのまとめ【マンションジャーナル】

Tagged
空き家:イメージ図

空き家問題の現状と考えられる解決策とは?

近頃ニュースで取り上げられることが多くなってきた空き家問題。平成26年度には政府が「空き家対策の推進に関する特別措置法」を制定してガイドラインの作成と財政上の措置実施、各自治体での体制整備を促すなど本格的に取り組む姿勢を見せています。空き家の数は、人口減少が拍車をかけて今後も増加の方向に向かうことは確実です。野村総合研...
【2017年】アベノミクスの経済政策・新しい箇所と従来通りの箇所

【2017年】アベノミクスの経済政策・新しい箇所と従来通りの箇所

2017年、国の経済政策、通称:『アベノミクス』が始動して4年が過ぎました。 アベノミクスが掲げる項目は、 財政政策 金融政策 成長産業 の育成の3つです。 「政策名だけではピンとこない!」と言う方が多いと思いますので、歴史上の具体例をあげながらこれらの政策の内容を見ていきましょう!
民泊で賠償命令!法律に適合していても、罰金対象になる可能性も。

民泊で賠償命令!法律に適合していても、罰金対象になる可能性も。

Airbnb(エアビーアンドビー)などのサービスに代表され、世界中で人気の民泊。現地の生活を楽しめるのが民泊の魅力ですが、不動産を所有するオーナーにとっても、通常の賃貸経営に比べ、より高利回りを狙えるのが民泊不動産投資の魅力です。そんな民泊経営にとって、転機となる裁判結果が、2017年1月14日までに大阪地裁でありまし...
豊洲新市場問題が不動産へ及ぼす思いがけない影響とは?

豊洲新市場問題が不動産へ及ぼす思いがけない影響とは?

小池都政発足直後、謎の空洞問題に端を発した豊洲市場の問題は、今のところまったく収束する気配を見せておらず泥沼の様相を呈しています。 この問題が今後どうなるかは都民ならずとも気になるところですが、しかしこの豊洲市場問題、思わぬところにもその影響を及ぼし始めています。 それは近隣不動産への風評被害です。 今回は豊洲市場問題...
消費税引き上げ再延期決定!不動産価格は一体どうなる?

消費税引き上げ再延期決定!不動産価格は一体どうなる?

一部の報道によると、安倍首相はかねてより噂されていた消費税の8%から10%への増税を2年半、再延期することを麻生太郎副総理と谷垣禎一幹事長に伝えたとのことです。 2019年10月に消費税増税が延期になると、不動産価格は上がるのでしょうか、それとも下がるのでしょうか? 新築マンション市場は大きな打撃を受ける 今回の増税先...
横浜マンション傾斜問題のその後!全棟建て替えで決まり?!

横浜マンション傾斜問題のその後!全棟建て替えで決まり?!

暫く影を潜めていた感のある、横浜のマンション傾斜問題。ところが年明けて、今月の14日に新たな動きが出てきたようです。フジテレビ系の報道によると、住民アンケートの結果は、全世帯の9割近くが「全棟建て替え」を希望するという回答だったそうです。 大方の予想に反する住民の強い意思表示 昨年中は、住民間では様々な思いがあり、全棟...
Real Estate Tech(リアルエステートテック)が与える凄まじいインパクトとは

Real Estate Tech(リアルエステートテック)が与える凄まじいインパクトとは

Real Estate Tech(リアルエステートテック・別名「不動産tech」)という言葉が注目し始められてきています。既に金融業界ではFinTech(フィンテック)という波が旧態依然とした業界に様々な影響を与えていますが、さらに大きな波が今不動産業界にも訪れようとしているのです。
ブリリアマーレ有明Airbnbを禁止へ、禁止マンションが多数派となるか

ブリリアマーレ有明Airbnbを禁止へ、禁止マンションが多数派となるか

湾岸のタワーマンション「ブリリアマーレ有明」がマンションの所有者に対し、Airbnbの利用を禁止しました。背景には外国人旅行者の急増と、マンションの価値観の衝突があります。 ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンに行ってきました ブリリアマーレ有明の特徴 ブリリアマーレ有明はゆりかもめ「有明テニスの森」徒歩5...

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top