マンションジャーナル

マンションジャーナル

留年による就活の不利を取り返す、ただ一つの方法

マンションジャーナル最新記事

More
留年による就活の不利を取り返す、ただ一つの方法

ハウスマートというベンチャー企業で代表をやっている針山といいます。仕事柄色々と就活生の相談を受けることが多いので、折角であれば色々な方に知って欲しいと思い、記事を書きました。

留年は就活に不利になるか

特に相談の中で多いのが「留年は就活に不利になるのでしょうか?」というものです。授業や単位の関係で、留年をしてしまう人は意外と多いものです。

結論から言うと、留年は就活にマイナスになります。しかも、結構深刻です。僕自身、東証一部企業やベンチャー企業で面接や採用の仕事をしていたので分かるのですが、留年の学生は選考で落とされる確率が留年をしていない学生に比べて明らかに高いのです。

留年はマイナスイメージ

留年して就活に不利になる学生

これは当然と言えば当然の話で、採用する側から見ると留年をしている学生は自己管理能力が無く、ダラしない印象を受けるのです。もちろん学校の制度や学部によって進学しやすい、しにくいという違いはありますが、同じレベルの学生であれば何となく留年して「いない」学生を採りたくなるのはしょうがないことです。

では、実際に留年をしてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?就活サイトや就活対策本では「留年をしていても、しっかりと自己分析をしていれば大丈夫!」などと書かれていることがありますが、そんなに甘くはありません。そもそも自己分析というもの自体が曖昧なものなので、採用する企業の方は自己分析をそこまで重視していないのです。自己分析をしっかりやったり、少しぐらい他の学生よりも志望動機がしっかりしていたとしても、マイナスを取り返すところまではいけないのが現状です。

圧倒的な実績を作ってしまう

就活に勝つ

留年という大きなハンディキャップを覆すには、他の学生と何か「圧倒的な差」をつけるしかありません。その「圧倒的な差」を付けるためにオススメなのがベンチャー企業での長期インターンシップです。

長期インターンシップとは、実際に企業で働いてみることです。それもバイトなどの立場ではなく、他の正社員と同じ立場で週2〜5日程度働くことを言います。良く就活の中で「1DAY(ワンデイ)インターン」などがありますが、1DAYインターンは完全なお遊びなので、長期インターンとは全く別のものです。

なぜ長期インターンが留年というマイナスを覆す大きな武器になるのでしょうか?それは「留年」という1年間をビジネスに充てることで、より即戦力としての魅力があなたに付くからです。長期インターンをやり抜いたあなたは、バイトしかした事の無い他の学生とは全く違う存在です。実際に「ビジネス」をその身で実践し、すぐに結果を出せる「スキル」を身につけている状態なのです。

留年というマイナスを逆手に取る

office-table-home-room

長期インターンを実践したあなたは、面接でこんな事が言えます。

「私は、ビジネスの世界を全く知りませんでした。やった事がある事といえばバイトぐらいなもので、世の中のことを何も分からない状態で就活に臨む事は避けたかったのです。そこで、あえて留年という道を選びました。1年間、勉強と共に実際のビジネスを長期インターンで体験し、世の中のことを分かった上で就活に挑みたかったのです。」

マイナスの意味しか持たなかった留年という期間が「より世の中のことを分かった上で就活に臨むための特訓期間」というプラスの意味を持つようになるのです。

学生のアピールは正直サムい

就活失敗

長期インターンは、留年をしていなくても大きな武器になります。よく就活で誇らしげにバイトでの経験やサークルでの経験、海外旅行や語学留学、学園祭やイベントの開催実績などをアピールする学生がいますが、実際には全くアピールになっていません。理由はどんな経験であれ、実際に世の中に出てやることになるビジネスに比べると、圧倒的にレベルが低いからです。正直そんな経験をアピールされても、自分の昔の姿を見ているようで「イタいな・・・」と面接官は思っているのです。そしてアピールに差がつかないので、学歴や見た目、コミニケーション能力で内定が取れる、取れないが決まっていくのです。

最高の武器を手にいれよう

就活成功

これが長期インターンをやったとなると話は全く別です。既にあなたは「ビジネス」を勝ち抜いたという経験があります。他の学生と比べ、圧倒的な武器があるのです。そしてあなた自身も長期インターンを通じてビジネスのことがよく分かっているので、より正しい視点で企業を選ぶことが出来るようになるのです。

もちろん、長期インターンは楽ではありません。週に2〜5日働くというのは、とても大変なことです。しかし留年という負い目を払拭し、あなたの魅力を最大化するには最高の修行の場ではないかと思います。

皆さんの就活の成功を応援しています!

追伸

僕の会社ハウスマートでもインターンを募集しています。僕が経験させてもらったことを、少しでも社会に恩返し出来ればと思っています。下記のフォームからご応募下さい。まずは話を聞きたい!という方も大歓迎です。

ハウスマートインターン情報

株式会社Housmart 代表取締役 針山昌幸

自己紹介

一橋大学で経済学を学ぶ。大学時代から数々のベンチャー企業でインターンを行い、数々の記録を残す。

大学卒業後、大手不動産会社に入社。住宅の企画、販売など幅広く担当しMVP受賞。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。楽天株式会社に転職。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。

株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。日本初の不動産売買プラットフォーム「Housmart」をリリース。Amazonランキング・ベストセラー1位の著作を持つ。フジテレビ「あしたのニュース」「めざましテレビ」、日本テレビ「スッキリ!!」などメディアに多数出演。

ハウスマートインターン情報

Return Top