マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

鈴木 隆士:カウル社員紹介インタビュー

鈴木 隆士:カウル社員紹介インタビュー
Q1.鈴木さんのこれまでのキャリアを教えてください。

学生時代に公認会計士の論文式試験に合格し、新卒で任天堂株式会社に入社しました。任天堂では経理部で管理会計を中心とした仕事を行ってきました。

経理といっても単純なルーチンワークだけではなく、多くのプロジェクトに携わり、その1つである管理会計システム導入にアサインされた時は設計・開発・検証のすべての段階で中心的な役割を担い、法律への対応の際には部門横断のプロジェクトでキープレイヤーとして活躍する等、経理だけでない幅広い経験を積んでこられたと思います。

働き始めて5年経った頃に、自分の能力や経験が、別の組織、別の職種で通用するかを試したいという気持ちが強くなり、有限責任監査法人トーマツに転職してコンサルタントとして新しいキャリアを歩み始めました。

コンサルタントとしては企業の環境分析やアンケート調査、人事制度の設計等に携わってきました。毎日が勉強の連続で非常に刺激的な環境だったものの、日々、クライアントと関わる中で私の本当にやりたいことは組織の外から変革を促すことではなく、組織の中から変革を起こすことだと強く感じるようになり、Housmartへの転職を決めました。

Q2.鈴木さんが働く上で大事にしていることはありますか?
自身の成長に価値を置いています。「自分の到達できる限界を知る」ということを人生の目標として掲げており、そのためには、プライベートよりも多くの時間を費やす仕事での成長が欠かせないと感じています。

特に、仕事をする中でほんのわずかでも疑問に思ったことや話についていけないなと思ったことがあれば、それを日々メモしておいて、週末に図書館に行って気のすむまで調べるというようなことを繰り返して成長してきたという実感があるので、多くの知らないことに触れることができる仕事の場は私にとって非常に貴重です。

成功失敗に関わらず、未知の分野に挑戦をし、多くの経験を積むことで成長するということが、働く上で最も大事にしていることです。

Q3.鈴木さんが一番仕事の中で楽しさを感じる瞬間を教えてください。

仕事を通じて、点のように散りばめられている知識が線のように繋がった時は特に仕事に対する楽しさを感じます。

公認会計士試験の勉強をしていた時には、とにかく必要な要点を覚えることに注力していたので、体系的な理解ができていない点の知識がたくさんあったのですが、経理としての実務の中で少しずつそれらが結びつくことで成長を感じることができて非常に充実感があります。

私はジャンルを問わずに本をたくさん読む濫読家なので、知識の点が無造作にばらまかれている状態なのですが、色々な経験を通じていつか全てを結びつけたいと思います。

Q4.ハウスマートにジョインした理由はなんですか?

仕事内容や職場環境としては、大きな企業に肩を並べるために、今後、色々な制度や資料を整備していくことを任せてもらえる点、そして経理だけでなく人事、総務、営業となんでも任せてもらえる点、また、同年代の社員が多いため切磋琢磨し成長することができると感じたことが大きな理由です。

また、過去にプライベートでマンションの売買を経験したことがあり、その時の不動産会社の不透明な対応に違和感を覚えていたのですが、ハウスマートはその全てを解決することができる会社であると感じ、事業面にも非常に強い魅力を感じたことも理由です。

Q5.鈴木さんが将来成し遂げたい夢を教えてください。

ハウスマートで自分が満足できるバックオフィスを構築したいと思っています。

会社の事業はもちろんのこと、バックオフィスもまだまだ成長の余地があると感じており、経理だけでなく、総務、人事と手が行き届いていない領域に積極的に飛び込んでいき、強い組織を作るための一翼を担いたいと思っています。

特にバックオフィスは事業が急拡大していくと、それに対応する形で、継ぎ足し継ぎ足しで仕組みを構築するうちに、気づいた時には非常に非効率な業務フローが築かれてしまっていたり、事業部との距離が離れすぎていて経営を知るために必要な数字が取れないことや、今何をやっているかすらもわからなくなってしまうということはよくあることだと思います。

今までのキャリアの中で、色々な会社のバックオフィス、事業部を内外の立場から見てきましたが、感動を覚えるようなバックオフィスに出会うことはできませんでした。

そのため、今まさに急成長を始めようとしているこのタイミングでハウスマートに入社できたことは非常に幸運だと考えています。様々な職種を経験し、多くの立場を理解しながら、会社の業務の見える化、自動化、事業部との連携の仕組みをしっかりと構築し、多くの会社のお手本となるような管理会計を、このハウスマートで構築することを目標に頑張って行きます。

財務・経理担当
中央大学商学部会計学科に在学中、公認会計士の論文式試験に合格し、新卒で任天堂株式会社に入社。任天堂では経理部で管理会計を担当。自ら率先し、多くのプロジェクトに携わる。管理会計システム導入においては設計・開発・検証のすべての段階で中心的な役割を担い、法律への対応の際には部門横断のプロジェクトでキープレイヤーとして活躍。
経理だけでない幅広い経験をした後、新たなチャレンジの機会を求めて、有限責任監査法人トーマツに転職。経営・組織コンサルタントとして年10社以上、中小企業の課題解決に奔走する。環境分析や人事制度の設計を得意とし、会計分野まで一気通貫でサポートできるコンサルタントとして経験を積む。
日々、クライアントの課題を解決する傍らで、組織の外ではなく組織の一員として、社会に変革を起こす経験をしたいと思うようになり、Housmartへの入社を決意。

Return Top