マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【住みたい街がみつかる】おすすめエリア紹介

マンション選びは、立地が特に重要です。また、どこ場所に住むかは人生を大きく左右します。本カテゴリではその考えに基づいて、あなたにとって最適な地域を見つけることができるように街の魅力や、教育環境についてご紹介していきます。

【デートにピッタリ?】神奈川県の工場夜景スポットがすごい!

【デートにピッタリ?】神奈川県の工場夜景スポットがすごい!

工場の夜景が人気というのを聞いたことがあるでしょうか?10年近く前に、川崎の工場の夜景が話題になってから、全国にある工場地帯では夜景を見る人たちが集まるようになりました。 実は日本には日本五大工場夜景スポットというものがあります。北から、北海道室蘭市、神奈川県川崎市、三重県四日市、山口県周南市、福岡県北九州市の工場地帯...
渋谷区の保育園事情を徹底解説!!

渋谷区の保育園事情を徹底解説!!

渋谷区といえば、23区の中でも3大副都心の一つとして有名な街です。おしゃれなショッピングエリアが多いイメージが強く、子育てしやすい街という印象は受けないかもしれません。 でも実は『ハッピーマザー出産助成金』を出していたりと、子育て支援やサポートが充実している区なのです。 にも関わらず、保育園事情は東京都の中でも最も厳し...
学区外の小学校・中学校、どうやって通えばいいの?

学区外の小学校・中学校、どうやって通えばいいの?

子供のいる家庭にとって、教育環境は住む場所を決める大切なポイント。学区内の小学校、中学校がどんなところか調べてから新居の場所を決める方も多いと思います。 ただ、最近では正当な理由があれば学区外通学を認めている市町村も多くあります。では一体どんな理由から学区外の学校に通うケースがあるのか注目したいと思います。
千代田区の保育園情報を徹底解説!

千代田区の保育園情報を徹底解説!

千代田区は育児や教育に関しての環境が整っていることで有名です。不妊治療への助成から高校生までの医療費無料の制度など、充実した福祉が整っています。 保育園の待機児童数についても厚生労働省の基準でゼロを達成しているほか、長時間保育の施設や0歳から5歳までの一環保育をする施設を設けるなど、さまざまな取り組みを行っています。 ...
杉並区の保育園事情を徹底解説!

杉並区の保育園事情を徹底解説!

緑が豊かなことで知られる杉並区。住宅も多く、子育ての場所として検討している人も多いのでは。 今回の記事では、杉並区の保育園事情についてまとめました。小さなお子さんのいるご家庭は、ぜひ参考にしてください。
中野区の保育園事情を徹底解説!

中野区の保育園事情を徹底解説!

中野区は23区でもトップクラスの人口密度を誇る区です。中でも20代から30代の若い世代の人口が多いことでも知られています。都心のアクセスが便利なことからも、ベッドタウンとして人気の街であることは間違いありません。 では中野区の保育園事情はどうなのでしょう。詳しく解説していきます。 中野区の保育園 認可保育園 以下の条件...
私立への進学は不人気?渋谷区の教育事情

私立への進学は不人気?渋谷区の教育事情

小さな子供のいる家庭にとって、学区内の小学校の様子は、引っ越しをする際に地域を決める重要なポイントになってきます。 学力調査の結果では、23区の中でも地域によってかなり大きな開きがあることが明らかになっています。 また共働き家庭が増えたことで、『小学校お受験』が特別なものではなくなってきているのも事実です。以前は『お...
窪町小学校区域のマンションはなぜ人気なのか?

窪町小学校区域のマンションはなぜ人気なのか?

東京大学やお茶の水女子大、東京医科歯科大学など多くの大学を多く擁する「文京区」。 そんな文京区は今、住みたい街ランキングでもいつも上位に位置しています。特に目立った施設がないにも関わらずいつも上位に位置しているのには理由がありす。それは、高い教育水準と充実した子育て制度があること。 そして文京区の中でも人気を集めてい...
中央区の保育園事情を徹底解説!

中央区の保育園事情を徹底解説!

働く親にとって、育児休業を希望通りに終えるのはとても重要なことです。子どもともっと一緒にいたいという願いがありつつも、キャリアや収入を考えると一刻も早く仕事に復帰しなくてはならない。 そんな複雑な親心がある中で「保活」の重要性はどんどん高まっています。保育園は増えてはいるものの、子どもの数も増えている地域もあり、なかな...
江東区の保育園情報を徹底解説!

江東区の保育園情報を徹底解説!

東京都の東部に位置する江東区は、南北に長い区であり、北部は亀戸周辺のような下町情緒が漂う場所、そして南部は新興の豊洲や東雲など、タワーマンションが続々と建てられるなど、時代の再先端を行くエリアになっています。 そんな江東区はいま人口が増加傾向にあり、保育園に入るにも一筋縄ではない模様。そんな江東区の保育園事情をここでは...
豊島区の保育園

豊島区の保育園事情を徹底解説! 

働く女性にとって、出産はある程度の覚悟とタイミングを考えるライフイベントです。今まで積み重ねていたキャリアをどうするのか、本当に復職出来るのか、地域の保育園事情が気になるところです。それでは今回は、豊島区の保育園についてご紹介したいと思います。
【最新版】表参道人気スポットまとめ

【最新版】表参道人気スポットまとめ

表参道といえば、人々が憧れるファッションの中心地。街中には美しいケヤキ並木が立ち並び、GUCCIやLUIS VUITTONなどの一流ブランドの旗艦店が軒を連ねています。 原宿や渋谷に比べ落ち着いた雰囲気で、センスの良い衣服に身を包んだ人々が行き交う、洗練された空間。今回はそんなハイファッションの街、表参道を特集します。
不動産屋が大注目する紀尾井町とは

不動産屋が大注目する紀尾井町とは

紀尾井町は、東京都千代田区の西部に位置し、港区、新宿区との区境にあります。皇居と赤坂御用地に挟まれた、自然と歴史にあふれた街です。 現在は、大学とや商業地域も多く軒を連ね、オフィスと住宅の複合型ビルやホテルニューオータニがある場所としても有名です。 紀尾井町の歴史と開発に焦点をあてて、詳しく見ていきましょう。 紀尾井町...
いままさに変わりつつある下北沢、その新たな魅力とは

いままさに変わりつつある下北沢、その新たな魅力とは

新宿から電車で10分、1日に11万人もの人々が乗降する下北沢駅が、現在線路の地下化や駅舎工事を行い新しく変わりつつあります。 複々線化に伴い下北沢がどのように便利に変わるのか、また下北沢の都市開発計画、周辺のマンション情報などを踏まえ見ていきましょう。 小田急線の複々線化 新宿、世田谷をつないで小田原まで抜ける小田急線...
◯点も格差がある!?東京都の学力差を調査

◯点も格差がある!?東京都の学力差を調査

子育て世代にとって、我が子の通わせる小学校は気になる情報だと思います。また引っ越しを考えている方にとっては、地域の子供達の学力や進学率の情報も、地域選択の条件になるかも知れません。 世帯年収と学力は比例しているとよく言われますが実際のところはどうなのでしょうか? 学力差・大学進学率・就職率に注目してみたいと思います。
【交通安全】23区の通学路って大丈夫なの?

【交通安全】23区の通学路って大丈夫なの?

子供の日常生活の中で危険な存在の一つであるのが車です。 幼稚園・保育園から小学校、中学校と成長して行く中で行動の範囲も自宅周辺から学校、公園、塾などの習い事など広がって行きます。 また、移動手段も徒歩だけでなく自転車にのる機会も増えて行き、自動車と移動の導線が重なることも増えてきます。 しかし、子供の側だけでなく、車を...
目黒区の保育園事情を徹底解説!

目黒区の保育園事情を徹底解説!

働いている女性にとって子どもを産む時期はとても重要です。決められて育児休業期間に希望の保育園に申し込みをし、仕事復帰を果たすことはとても重要なのです。 地域によっては待機児童が多くて保育園に入ることさえ出来ない人もいます。 状況によっては0歳児から保育園に入れた方が良いのか、1歳のタイミングで入れた方がいいのか様々です...
渋谷駅周辺の開発がいまアツい!

渋谷駅周辺の開発がいまアツい!

2020年の東京オリンピックに向けて、渋谷駅周辺は100年に1度とも言われる大規模な再開発が進んでいます。道玄坂、渋谷パルコ、宇田川町周辺、JR渋谷駅山手線、埼京線ホーム改良など、新しい商業施設や住宅、駅周辺の開発などが計画されています。 さらに魅力あふれるエリアに生まれ変わる渋谷の街を詳しくご紹介します。
カウルスタッフおすすめ!本当に住みたい街・住みたい家とは?〜西大井編〜【セールススタッフ・徳永】

カウルスタッフおすすめ!本当に住みたい街・住みたい家とは?〜西大井編〜【セールススタッフ・徳永】

エリア決めや物件選びにお悩みの方に向け、カウルのスタッフに「住みたい街」と「住みたい家」についてインタビューをするこちらの企画ですが、今回は第三弾です。 第一弾の弊社代表、針山昌幸へのインタビューはこちら! 第二弾の弊社COO、三瓶士継へのインタビューはこちら!
港区の保育園事情を徹底解説!

港区の保育園事情を徹底解説!

ワーキングママにとって育児休業をとってその後の復帰に向けてスムーズに進むことが出来るかどうかはとても重要なことです。 だいたいの会社が1年~1年半の育児休業の期間を設けているため、0歳児クラスから預けるのか1歳児クラスから預けるのかでもかなり倍率も変わります。 高所得者の多いと言われている港区の保育園児上はどうなってい...
Return Top