マンションジャーナル

マンションジャーナル

【永久保存版】マンションを売却するなら絶対に押さえたいポイントまとめ【マンションジャーナル】

Category
相続と贈与、その税金についてのキホン。
334

相続と贈与、その税金についてのキホン。

相続とは 亡くなった人が残した財産や債務を残された人が受け継ぐことをいいます。 亡くなって託す方のことは「被相続人」、受け取る方のことは「相続人」と呼ばれます。 相続人となるのは? 相続人となり得るのは、 配偶者 子供 父母 兄弟 となります。 相続人の対象となり得る人にも順位づけがされており、順位は以下の通りです。 ...
家族名義のマンションを売る際に考えておくべき法律
271

家族名義のマンションを売却するときの注意点をご紹介

不動産の売却は、所有者本人しか行うことができません。 たとえ家族であっても、他人名義のマンションを勝手に売却することはできないのです。 売買契約に必要な実印や印鑑証明をそろえても、必ず所有者本人の意思の確認が必要です。 それでは、諸事情によりどうしても所有者本人が売却を行えない場合はどうすれば良いのでしょうか。
相続不動産
191

相続不動産を売却する方法と注意点

同居でない両親を亡くした場合、父母の住んでいた土地・建物をどうするかという問題に直面します。 兄弟・姉妹のうち1名が相続して住み続ける選択肢もありますが、それぞれ別の土地で生活していると誰も引っ越しを望まないこともあるでしょう。 賃貸に出すとしても、古い家のリフォームや修繕の費用、税金など固定費の負担も無視できません。...
離婚
347

離婚時のマンション売却について理解しておきましょう。

離婚をする際に財産をどう分けるのか問題になると思います。 残債がある、夫婦で共同名義になっている、連帯保証人になっているなど、ケースは様々です。 購入したときは、喜びに溢れていたマンションが、離婚時にはお荷物になってしまうことはよくあることです。 そんな離婚時のマンション売却に注目したいと思います。
不動産を売却する場合の仲介手数料はどうなるのか?
518

不動産を売却する場合の仲介手数料はどうなるのか?

不動産業者は、主に売買における手数料を売上の一部にしています。マンションを売却する場合には、売却における手数料を頭に入れておかなければなりません。 ここでは、不動産売却における仲介手数料についてご説明します。 不動産売却の仲介手数料とは? 不動産を購入する場合も売却する場合も仲介手数料が発生します。 不動産を売却する場...
不動産売却を考え始めたら最初にするべきこと
441

不動産売却を考え始めたら最初にするべきこと

不動産売却は個人同士ではなく、仲介業者を通した方が安心です。 素人間だと余計なトラブルが発生しやすく、不動産売却どころではなくなってしまうことがあるためです。 不動産売却に仲介業者を利用するからと言って何の準備もしなくて良いわけではありません。 ここでは、不動産売却において事前に準備しておくべきことについてまとめます。...
<保存版>マンション売却時の諸費用まとめ
827

<保存版>マンション売却時の諸費用まとめ

マンションを売却する場合に必要な諸費用は、どのような項目で、各々おおよそどのくらいの金額になるのでしょうか? なるべく多くの利益を手元に残したいと誰でも思いますね。 ここでは、売買契約、登記、その他税金関連の諸費用の内訳をご説明したいと思います。
仲介手数料の「+6万」って何?
1240

仲介手数料の「+6万」って何?

不動産の取引を行う場合に、個人間売買ではなく不動産業者に仲介に入ってもらった場合には、仲介手数料というものを支払う必要があります。 この仲介手数料、一般的には「(不動産の取引金額)×3%+6万円」という数式で表されることが知られていますが、この「+6万円」とはいったい何なのでしょうか? 「不動産の取引金額×3%」と比較...
マンション売却に適した2つのタイミングとはいつなのか?
1378

マンション売却に適した2つのタイミングとはいつなのか?

マンションを売却する際には重要なポイントがいくつかありますが、その中の1つに「いつごろ売るのがいいか」という観点があります。 特に新築で購入した様な場合には愛着もあるでしょうから、どうせ手放すのであればできるだけ高く売りたいというのが、一種の親心というものではないでしょうか。 今回は「マンションを売却するタイミングはい...
【EU離脱でどうなる?】世界の仲介手数料事情を知ろう!~イギリス編~
617

【EU離脱でどうなる?】世界の仲介手数料事情を知ろう!~イギリス編~

世界に大きな衝撃をはしらせたイギリスのEU離脱。国民投票が終わった今、投票のやり直しを求める声が相次いでいるというニュースを耳にします。英国(Britain)と離脱(Exit)を組み合わせて「ブレグジット」という造語まで作られました。 金融市場でも様々な懸念がされており、どうなっていくのか今後の動きに注目です。 今回は...
仲介か買取か。マンション売却方法の選択基準!
1215

仲介か買取か。マンション売却方法の選択基準!

マンションを売却するとき、不動産会社に買い手を探してもらう「仲介」が真っ先に思い浮かぶかと思います。実際、購入に際して見る物件情報においても、仲介物件が圧倒的な情報量となっています。 一方、仲介以外に「買取」という売却方法があります。相談先が不動産会社である点は同じですが、価格などの条件面や双方の立場に大きな違いがあり...
世界の仲介手数料事情 を知ろう!~ドバイ編~
807

世界の仲介手数料事情 を知ろう!~ドバイ編~

不動産を購入・売却する上で必ず必要になる仲介手数料。実は世界の各国では、それぞれ仲介手数料について、独自の仕組みがあるのです。 今回は、驚異の経済成長を遂げているドバイの不動産事情についてご紹介します!
マンションの建築コストの高騰が売買価格に与える影響とは?
1031

マンションの建築コストの高騰が売買価格に与える影響とは?

建築コストの高騰を理由に仕切り直しになった東京五輪のスタジアム問題のおかげで、住宅にあまり興味のない一般の方も最近建築コストが上昇している事についてご存じだと思います。 実際に東日本大震災以降、復興に伴う建築需要の急増などにより建築コストは急騰しており、直近では一番安かったリーマンショックの頃と比べると平均建築コストは...
マンション売却時に発生する税金について知っておこう!
897

マンション売却時に発生する税金について知っておこう!

マンション売却をしたら確定申告をしよう マンションだけでなく、土地やいい戸建てなど、不動産を売却した際、その売却益は国に申告をしなければいけません。自営業者や住宅ローン控除を受けている方には、馴染みのある「確定申告」という言葉ですが、会社勤めの方にとっては、勤務先が年末調整を行ってくれるため、あまりイメージが湧きません...
【知らない人は損したまま】あなたのマンションが売れない3つの理由
1387

【知らない人は損したまま】あなたのマンションが売れない3つの理由

売れてもよいはずなのに、なぜか買い手がつかない…内覧希望者は多いのに、成約に至らない…そんな「売れにくいマンション」には、確かな理由があったのです。 大規模マンションに住んでいる 一見すれば、人気の高い大規模マンション。物件自体の人気は高くても、時期に気をつけなければ、売れない住戸として反響のない物件となってしまいます...
中古マンションを売却するなら知っておきたい4つのポイントとは?
744

中古マンションを売却するなら知っておきたい4つのポイントとは?

住み替えなどの事情で、所有しているマンションを売りたい。なるべくスムーズに、できるだけ高く売りたい、誰もがそう思うもの。そして少しでも高く売るためにリフォーム&リノベーションをするとか、色々と考えるわけですね。
マンション売却時のリノベーション、押えておくべき3つのポイント!
993

マンション売却時のリノベーション、押えておくべき3つのポイント!

所有するマンションを売却するなら、なるべく高く売りたいというのは誰もが思うこと。とはいえ、高く売るには何かしらの付加価値を付ける必要があります。そこで付加価値をつける手段として注目されているのがリノベーション。 リフォームは原状回復という意味合いが強く、一方リノベーションは改修工事をすることによって新たな付加価値を創造...
徹底分析!日本の中古住宅市場が活性化せず空き家と化す理由
1576

徹底分析!日本の中古住宅市場が活性化せず空き家と化す理由

日本の住宅市場における中古住宅の流通割合は36.7%しかなく、イギリスの88.8%、アメリカの77.6%に比べると非常に少ない数字です。日本人は、欧米人に比べて新しい物が好きだから、新築信仰が強くなる? だとするなら、日本人は古い物に価値を見いだせないのでしょうか。そんなことはないでしょう。実際日本人は昔ながらの建物を...
【事件、事故】もしも自宅で起きたらマンションは売却出来なくなる!?
1801

【事件、事故】もしも自宅で起きたらマンションは売却出来なくなる!?

不動産のなかには、「事故物件」や「訳あり物件」と呼ばれる物件があります。「事故」、「訳」という言葉から、ネガティブなイメージが浮かぶと思いますが、これはマイナス要因を抱える物件の通称であり、不動産の場においては「瑕疵物件」と表記されます。 この瑕疵物件を取り扱う際は、一般の物件とは区別され、契約はもちろん販売活動の場面...
Return Top