マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【カウルボイスVol.5】等々力の中古マンションご購入 S様

【カウルボイスVol.5】等々力の中古マンションご購入 S様

AIを活用した中古マンション購入アプリ「カウル」で気になる物件を見つけ、実際にご見学、ご購入された方にインタビューする「カウルボイス」。今回は等々力の中古マンションをご購入されたS様に「等々力で購入した理由」、「資産価値の見極め方」などについてインタビューさせていただきました!

等々力を選んだ理由

勤務地が渋谷なので、社会人になってからは一貫してアクセスのいい東横線か田園都市線のエリアに住んでいます。エリア選びの考え方としては、三軒茶屋など華やかなエリアは若いときは楽しいのですが、退職して老後を過ごすことを考え、マンション買うなら落ち着いたところがいいなと思うようになりました。等々力や用賀で、仲介を担当いただいた兼本さんと一緒に物件選びをしました。

不動産取引の仕組みを徹底的に勉強

これまで家を借りるときは不動産の勉強はしませんでしたが、購入となると重さが違いますので、自分なりにしっかりと勉強しました。

そういえば、針山さんのベストセラー本を読みましたよ(笑)。徹底的に消費者目線で書かれていて、とても参考になりました。ほかにはネットの記事とかも読み漁って勉強していきましたね。

カウルの使い勝手

チャットでやりとりできるのが本当に便利でした。アプリにチャット機能や物件情報が集約されていて使いやすいですし、自分の経済的な前提に合わせて諸費用の見積もりや月々の支払いのシミュレーションができるのも良かったです。

ほかには、将来価格推移がビジュアル化されていることや過去の売り出し事例が見ることができるなど、一方的に売るためではなく、客観的に情報を提供している点が良心的で信頼できました。

なぜ等々力のマンションを選んだのか

最終的には用賀のとあるマンションと比較して決めました。決め手としては、購入したお部屋の方が、日当たりや風通しが良かったんです。購入の条件では、日当たりや風通しなどの「変えることができない部分」にこだわりました。

あとは通勤のしやすさですね。以前は駅近がいいなと思っていたけれど、バス停が目の前なので、むしろそちらの方が便利でした。条件を固めていたので、他にもっといい物件が出てくるかもしれないという心配はほとんど感じることなく、決断できました。

管理をチェックする重要性

カウルを利用する前の話ですが、気に入っていた物件が蓋を開けてみると修繕積立金の滞納戸数の割合が多いマンションでした。これは極端な例ではありますが、いずれにせよ購入前に管理状態はしっかりチェックするべきだと思います。

ただ当然マンション購入のスタートラインで、管理状態をチェックしようと思う方は多くないはずです。兼本さんには、設備や価格だけでなく、管理面もきちんとプロの視点からアドバイスいただけて本当に良かったです。

資産価値についての考え方

カウルの将来価格予想機能を使い、資産価値に対する不安をなくせたのは良かったと思います。今のところこのマンションを売るつもりはないですが、これからの人生で何があるかわからないので。

購入後のライフスタイルの変化

家にいる時間が長くなりました。前に住んでいた賃貸のお部屋よりもグレードも上がり、広くなったことが大きい理由です。休日に家族などを呼んでご飯を食べて過ごす機会も増えました。

購入前にしておけばよかったこと

 

結果的に問題はなかったのですが、朝の通勤の混雑具合をしっかりと現地で確認するべきでしたね。普段バスを利用して通勤しているのですが、住みはじめてから最寄りの次のバス停で席が埋まってしまうことに気づきました。

また、実はリビングに間仕切りを作りたいと思っています。

見学時から考えはあったのですが、一度住み始めて工事のタイミングを逃して後手後手になってしまいました。引っ越しのタイミングでまとめて工事をお願いすれば良かったと思っています。リフォームをするのであれば慌ただしくなるのですが、お引っ越しのタイミングで済ませることをおすすめします。

これから中古マンションを購入する方へのアドバイス

スタートラインでパートナーとなる仲介会社を選ぶと良いと思います。わたしも不動産取引を勉強していく中で知ったのですが、基本的にはどの物件をどの仲介会社から購入しても良いのですよね。

一般の方にとっては、物件と仲介会社がセットに見えるので、このような認識になりにくいと思います。見学を重ねて、書面や見積もりを作ってもらうところまでいくと、もうその担当さんから購入するしかないと思ってしまうと思います。

しかし、パートナー(仲介会社)は我々が主体的に選ぶことができます。兼本さんと出会って、「不動産営業マン」に抱いていたイメージがいい意味で大きく変わりました。たくさんのお客様を抱えているにも関わらず、こまめにご連絡をいただけて終始気持ちよく、安心して取引を進めることができました。

ぜひ信頼できるパートナー(仲介会社)を見つけてください。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top