マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

中古マンション購入は、見学調整完了まで時間がかかる?知っておきたい見学調整の流れ

中古マンション購入は、見学調整完了まで時間がかかる?知っておきたい見学調整の流れ

カウル会員のみなさまにぜひ知っておいていただきたい「中古マンションご見学調整完了までの流れ」について解説いたします。

「中古マンションって、申請したらその日に見れるんじゃないの?なんで調整に数日かかるの?
「なんで見学申請したのに、見れないことがあるの?

という疑問にお答え出来ればと思います。

カウルでのマンション購入のお手伝いは、カウルのグループ会社であるコンドミニアム・アセットマネジメントのエージェントが承らせていただきます。

コンドミニアム・アセットマネジメント株式会社は中古マンションのプロとして、「資産価値」に踏み込んだマンション購入・売却コンサルティングを行っており、数々のメディアに取材頂いております。

取材実績詳細はこちらのリンクよりご覧ください
https://note.com/coam/m/m646015b37d87

カウルでは、AIによるシステム化・合理化により、高品質なサービスをご提供しながらも仲介手数料半額で物件をご紹介可能です。仲介手数料半額プランについては下記のページをご覧ください。
https://kawlu.com/journal/2019/04/26/76897/

またWEB上で公開されてるお部屋であれば、ほぼ全てのお部屋をご紹介可能です。メッセージ機能でお気軽にご相談くださいませ。

監修者:針山昌幸

株式会社Housmart 代表取締役
宅地建物取引士・損害保険募集人資格
『中古マンション 本当にかしこい買い方・選び方』
(Amazonランキング・ベストセラー1位)

お部屋の現況3タイプによってご見学調整の流れが異なる

賃貸の場合、お部屋はすぐ見学する事が可能です。なぜなら、賃貸はお部屋が空室で、しかも現地に鍵が置いてあるケースが多いためです。

一方、中古マンション購入の場合は、ご見学まで数日〜1週間、場合によっては2〜3週間ほどお時間を頂いてしまうケースがございます。

ご見学まで時間がかかってしまうのは不動産会社がサボっている訳ではなく、中古マンションならではの理由が存在します。

世の中で販売される中古マンションは、お部屋の現況に応じて以下の3つのタイプに分けられます。

  1. 居住中物件(個人の売主が居住中)
  2. 空室物件(個人の売主は退去済み)
  3. 業者物件(法人が売主。リノベーション済のお部屋など)

この3タイプごとにご見学実施に向けての日程調整の流れが異なります。

3タイプのどれに当てはまるかは、カウルの物件詳細ページを見ていただくと分かります。

↑物件詳細ページの中の「すべての詳細を見る」をクリック

↑中段の「居住状況」「リフォーム情報」をご覧ください

  • 居住中物件は、「居住状況」が「居住中」になっているお部屋です。
  • 空室物件は、「居住状況」が「空き」になっているお部屋です。
  • 業者物件は、「居住状況」が「空き」になっており、かつ「リフォーム情報」に「リフォーム詳細」が記載されているお部屋です(記載があっても業者物件でないケースもございます)

 

そしてご見学日程の【調整難易度が高い】のは、

居住中物件の見学(最も難しい)>空室物件の見学>業者物件の見学(最も簡単)

の順になります。

それぞれについて、図を交えながら調整の流れをご説明させて頂きます。

1.居住中物件(個人の売主が居住中)のご見学調整

【売主様が居住中のお部屋】のご見学調整においては、合計で少なくとも6回の連絡が発生致します。

買主様、売主様、売主側仲介、買主側仲介という4者の予定を全て調整する必要があるため、3タイプの中でも見学日程の確定までに最も時間を要します(通常、数日〜2週間)。

ご見学希望のお部屋について、見学予定日までの日数に余裕を持って予約頂くと、見学調整が出来る可能性が高まります。

また売主様も個人の方であるため、基本的に週末外出される予定を入れてらっしゃるケースが多く、在宅の時間で見学をセッティングさせて頂くことになります。

そのため、居住中のお部屋をご見学される場合は、見学申請時に【複数の日程候補】を添えていただけますと、売主様の予定とも調整しやすく、ご見学いただける可能性が上がります
(見学申請画面の「その他担当者へのご要望・ご質問」に記載頂いたり、一度申請頂いたのちメッセージで追加の日程を送って頂く形など、どのような形でも大丈夫です)

また不動産業界の悪習である囲い込みが発生するのも、居住中のお部屋のパターンが一番多くなっております。

>>囲い込みについてはこちらの記事をご覧下さい

せっかく申請頂いたにも関わらず、お部屋が見られないケースは、この囲い込みによるものです

2.空室物件(個人の売主は退去済み)のご見学調整

 

【空室のお部屋】をご見学される場合、売主様はすでに退去されており、売却活動を依頼している不動産会社に鍵を預けていることがほとんどです。

この場合は、買主様、買主側仲介会社の担当、売主側仲介会社の担当という、3者の予定を調整する必要があります。

当日に他の不動産業者に対して鍵を貸し出している場合は、鍵の受け渡しの関係で、調整完了までにお時間を要する場合がございます。

また売主側仲介会社の担当は土日祝日は基本的にご案内で外出しており、電話にも出れない事が多いため、前日までに見学の依頼をかける必要がございます。

3.業者物件(リノベーション済のお部屋など)のご見学調整

業者物件のご見学は最も調整がスムーズなケースで、即日ご見学も十分可能です。

賃貸と同じように【お部屋現地のキーボックスにお部屋の鍵が設置されているケースが多く】同時間帯にお部屋への見学が集中していない限りは、即日ご見学が可能となります。

同じ部屋について、複数の不動産会社に見学申請をするのはNG

どうしても見学調整には時間がかかってしまいます。そんな時、不動産ポータルサイトなどから、複数の不動産会社に見学申請したくなると思いますが、そこはグッと堪える必要があります。

なぜなら不動産業界は業界ルールとして「その部屋を案内した不動産会社のみがその顧客と取引する権利がある」という強いルールがあるからです。

それゆえ、一度見学した後、他の不動産会社(サービスが良い会社)を通して同じ部屋を購入をする、ということは出来ません。

最初からサービスが良い会社のみを通して見学調整をする必要があります。

まとめ

↑気になったお部屋は日程に余裕を持ったご依頼が「吉」です

物件の状況に応じて、ご見学調整の難易度が変わって参りますが、どちらのパターンも「ご見学希望のお部屋については、見学予定日までの日数に余裕を持って予約頂く。複数の希望日程を頂く」ことにより、調整成功確率が高まりますので、ご見学頂きやすくなります。

気になるお部屋に見学申し込みをして頂く際は、ぜひご参考にして頂ければと思います

カウルに掲載されていない物件も仲介手数料半額プランが利用可能です

また売主側不動産会社の都合により、残念ながらカウルのアプリ上では提案出来ない物件もございます。

ですが、他のホームページで見つけたお部屋であっても、基本的に全てご紹介可能となっております

気になるお部屋がありましたら、ぜひ「モチコミ」機能を活用くださいませ。

>>モチコミ機能について詳しくはコチラをご覧ください

マンション売却もお任せください!

カウルでは中古マンションのプロとして、売却サービスをご提供しています。お気軽にお問い合わせください。

下記のフォームからお問い合わせください
https://form.run/@sell-response

ご参考記事:マンション売却で9割の人が失敗する13の注意点とは?
https://kawlu.com/journal/2020/11/29/83533/

(最終更新:2020年12月13日)

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンション売買アプリ「カウル」を提供する「Housmart(ハウスマート)」が、購入や売却に必要な基礎知識・ノウハウ、資産価値の高い中古マンションの物件情報詳細、ディベロッパーや街などの不動産情報をお届けします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top