マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!中古マンション売買の専門会社Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【特集】パークタワー滝野川の魅力に迫りました!

【特集】パークタワー滝野川の魅力に迫りました!

◯パークタワー滝野川のメリット

  1. 三井不動産レジデンシャルの「パークタワー」が持つブランド力
  2. 都営三田線「西巣鴨」駅徒歩5分の好立地
  3. ゲストルーム完備で友人を呼びやすい

△パークタワー滝野川のデメリット

  1. 首都高速中央環状線が目の前のため、騒音等の影響が懸念される

パークタワー滝野川は、2014年1月に建築された北区滝野川に位置するタワーマンションです。

滝野川エリアは、西巣鴨駅に近く、閑静な住宅街が広がるエリアでありながら商業施設や飲食店などもたくさんあり、生活利便性は非常に高いエリアであると言えます。

パークタワー滝野川は、そんな西巣鴨エリアにあってひときわ目を引くほどの高さのタワーマンションであり、このエリアのランドマーク的存在であると言えるでしょう。

今回は、三井不動産レジデンシャルが誇る中古タワーマンションであるパークタワー滝野川について徹底解説していきます。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

パークタワー滝野川の概要

パークタワー滝野川

パークタワー滝野川の資産価値

街のブランド力

パークタワー滝野川の立つ西巣鴨エリアは、東京都内においても「住みやすい」と評判のエリアです。

マンション自体は中山道と首都高速環状線に面しており、これらの道路を利用すれば各方面への移動も容易です。

都営三田線「西巣鴨」駅や都電荒川線「新庚申塚」駅、JR埼京線「板橋」駅など、3路線が使用可能な好立地により、移動や通勤に大変便利なエリアです。

少し足を延ばせば、新選組の初代局長・近藤勇の首塚がある寿徳寺や、紅葉スポットとしても有名な金剛寺があり、四季の移ろいを楽しむことができる場所が身近にあります。

また、西巣鴨駅の近くには大正大学があり、淑徳巣鴨中学・高校もあるため、学生の多い街としても知られています。

>>>中古マンションをお得に購入できるサービスとは?

街の将来性

西巣鴨エリアにおいては、タワーマンションや大型商業施設の建設などの大規模な再開発プロジェクトは予定されていません。

古き良き街並みが見られ、閑静な住宅街が周辺に広がっている西巣鴨駅周辺では、現状でも十二分に利便性の高さは享受することができると言えるのかもしれません。

ただし、板橋駅においてはバリアフリー化を含めた駅舎改良工事が現在進行形で進められており、工事完了は平成31年を予定しています。

工事完了後は、ますます「使いやすい駅」として、住人にとっての住みやすさを向上させてくれることでしょう。

さらにバリアフリー化工事が完了すれば、板橋口周辺にタワーマンションや商業施設が建設しようという議論もあるため、引き続き関連の情報にはアンテナを高くして注視していく必要があります。

実現されれば、周辺住人や訪れる人にとっての利便性やエリアの資産価値も向上することが期待できます。

マンションのブランド力

パークタワー滝野川は、三井不動産レジデンシャルによって分譲された中古タワーマンションです。

三井不動産レジデンシャルと言えば、国内のデベロッパーの中でもトップに君臨する、不動産業界のリーディングカンパニーとしてあまりにも有名です。

三井不動産レジデンシャルが分譲しているのは、「パークホームズ」「パークマンション」「パークコート」など様々なブランドがありますが、「パークタワー」ブランドでは、「空に暮らし、街のシンボルと共に育っていく住環境を眺め、生きる」をコンセプトにしています。

三井のマンションの魅力は、何といっても「経年優化」の思想にこそあります。

マンションや家など、人の手によってつくられたものは必ず年月の経過とともに劣化していきます。

しかしながら、マンションや家づくりに積極的に緑を取り入れることによって、年月の経過とともにより輝きを増し、魅力的な住まいになっていきます。

また、人の手によって資産価値を守り、住人の「くらしごこち」を守るサポートも積極的に行っています。

三井グループの一員である三井不動産レジデンシャルサービスとの連携によって、24時間365日態勢で緊急時の対応や日々の住まいに関する相談ごとに対応しています。

パークタワー滝野川の施工を担当したのは、ゼネコンの東急建設です。

三井不動産レジデンシャルが分譲するマンションはもちろん、三菱地所レジデンスや野村不動産など、いわゆる「高級ブランドマンション」と呼ばれるカテゴリに属するマンションの施工に豊富な実績と経験を保有しています。

マンションの立地条件

  • 都営三田線「西巣鴨」駅下車 徒歩5分
  • 都電荒川線「新庚申塚」駅下車 徒歩8分
  • JR埼京線「板橋」駅下車 徒歩10分
  • 都電荒川線「西ヶ原四丁目」駅下車 徒歩10分
  • 都営三田線「新板橋」駅下車 徒歩10分

特筆すべきなのは、徒歩10分圏内に3路線の5駅が集中しているという点です。

「西巣鴨」駅を使えば、都内中心部の「渋谷」駅や「新宿」駅などへも30分前後でアクセスすることができ、大変便利です。

最もマンションに近い場所にある「表参道」駅までは徒歩8分で到着することができます。

「表参道」駅では東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線の3路線が利用可能のため、都内各方面への移動が大変便利です。

また、マンションの前が中山道なのも、車を使った移動を検討されている方にとっては魅力と言えるでしょう。

首都高速環状線の「王子南」インターも近く、車で遠方への旅行や移動をする人にとっては、理想的な環境と言えます。

ただし、マンションの目の前が交通量の多い中山道や首都高速環状線のため、騒音について気になる人はいるかもしれません。

パークタワー滝野川のようなタワーマンションの場合、低層階に住んでいる方にとってはこうした騒音などの影響を受けやすいと言えますので、注意が必要です。

管理規約上、ベランダに洗濯物を干すことができる環境であれば、洗濯物に排気ガスが付着するなどの影響も懸念されます。

一方、高層階に住んでいればこうした騒音などの影響からは物理的に遠ざかることができますが、道路から発生する粉塵や排気ガスの影響を受けないとも限りません。

通常であればこうした騒音の激しいエリアにマンションを建築する場合、デベロッパーが窓サッシを厚くしたり複層ガラスにするなどの対策を講じる場合が多いですが、いくらこうした対策を講じたとしても、部屋内に侵入する排気ガスや騒音の影響を100%シャットアウトすることはできません。

幸いなことにパークタワー滝野川は中古マンションであり、すでに現地に建っているため、内覧で実際に現地を見学する時は、こうした条件を確認しておいた方がいいでしょう。

>>>中古マンションをお得に購入できるサービスとは?

パークタワー滝野川の共用施設・設備グレード

共用施設

パークタワー滝野川

  • ラウンジ
  • ライブラリー
  • ゲストルーム
  • キッズルーム
  • 集会所
  • 防災備蓄倉庫
  • 内廊下仕様

パークタワー滝野川では、ゲストルームやキッズルームなどの共用施設が完備されています。

ゲストルームは2部屋あり、うち1部屋にはキッチンがあります。住人の親族や来客に使用してもらうことができます。

また、キッズルームにおいてはすべり台や各種遊具も完備されており、9時~16時まで開放されているため、子育て世代にとっても使い勝手がいいと評判です。

パークタワー滝野川の大きな特徴として、防災備蓄倉庫が完備されているということです。

防災備蓄倉庫とは、震災などの災害が発生した場合に、住人の一時的な食糧や簡易トイレなどの生活必需品を備蓄している倉庫です。

災害時への備えに対する意識も「さすが三井」といったところでしょうか。

ただし、防災備蓄倉庫やその中に格納されている防災品については、デベロッパーが手配して引き渡してくれるものですが、以後の管理については管理組合の責任において行わなければなりません。

特に食料品などは賞味期限の問題もあるため、定期的な入れ替えや在庫確認などが必須です。

購入を検討する場合は、こうした防災備蓄品の整備状況や、緊急時のルールが明確になっているかどうかなどもしっかりと確認しておくといいでしょう。

「実際の災害発生時に使用期限が切れていて防災品として機能しなかった」などという状況になってしまっては、意味がないのです。

この部分については忘れずに、仲介業者を通じて管理会社に確認してもらうのがおすすめです。

設備

共用部

  • 駐車場(地下駐車場)
  • 各階ゴミ置き場(24時間ゴミ捨て可能)
  • ペット足洗い場
  • モニター付きエレベーター(3基)
  • 宅配ボックス
  • 駐輪場
  • バイク置き場

パークタワー滝野川の駐車場は地下にあります。

地下駐車場のメリットは、雨の日でも濡れずに部屋から駐車場まで行くことができる点にあります。

屋外と比べても駐車車両が直射日光や雨などに当たる時間が少ないため、車の寿命も延ばすことができるという点も魅力です。

エレベーターに関しては注意が必要です。

パークタワー滝野川のエレベーターは全部で3基しかありません。

総戸数245戸に対してこの数ですので、1基あたり約82戸のエレベーター附置率ということになります。

一般的には1基あたり50戸程度の附置率であれば快適にエレベーターを使用できると言われているため、現状のエレベーターの数では、朝夕の混雑時にはなかなかエレベーターに乗れないというケースも十二分に考えられます。

パークタワー滝野川は主にファミリー層をメインターゲットにしている中古タワーマンションのため、サラリーマン世帯が多いものと思われます。

したがって朝の通勤時間帯にはエレベーターの稼働も増加することが予想され、混雑する可能性が高いと言えます。

こうした感覚については、マンションの口コミ掲示板を確認してみてもいいですし、住人にインタビューできる機会があれば、ぜひ押さえておいていただきたい部分です。

エレベーターが少々混雑する可能性が高い以外は、エレベーター外に取り付けられたモニターにより籠内にどんな人が乗っているのか、事前に確認できるようになっているなど、先端の設備が導入されており、このあたりについて不便さや「誰が乗っているのかわからない」という不安を感じることは少ないでしょう。

ちなみに、24時間ゴミ出し可能なゴミ置き場が各階に完備されているため、わざわざゴミ出しのためだけにマンション1階に降りたりする必要がないという点は、便利さを感じるポイントです。

専有部

  • BS、CS
  • CATV
  • システムキッチン
  • 浴室乾燥機
  • 温水洗浄便座
  • TVモニター付きインターホン
  • フローリング
  • IHクッキングヒーター
  • 床暖房
  • ディスポーザー
  • 浄水器
  • 24時間換気システム
  • 二重床
  • 二重天井

専有部分も共用部分に負けず劣らず、充実していると言えます。

システムキッチンはもちろん、浄水器付きの水栓、浴室乾燥機など、生活を便利にしてくれる設備が充実している点も、三井のタワーマンションの特長の一つと言えます。

さらに、ディスポーザーが各住戸に完備されているのも魅力です。

生ごみや残飯などは、部屋内にためておくと異臭や害虫発生の原因ともなり、扱いに困ってしまいますが、ディスポーザーを活用することによってわざわざゴミとしてまとめずとも、シンクに流してしまえばゴミ処理が完了するという、大変便利なものになっています。

実際、中古マンションを選ぶ際に部屋内にディスポーザーが付いているかどうか、という部分はかなりの人にとっての注目ポイントであり、ディスポーザーの付いている中古マンションは、それだけ点数が高いと言えます。

耐震性

パークタワー滝野川は2014年に建築されています。

他の同規模のタワーマンションなどでは「免震」や「制震」と言ったキャッチフレーズが付いているケースが多いですが、こちらの中古マンションでは「免震」や「制震」の構造になっていないのが玉に瑕です。

しかしながら、三井のマンションの最大の売りは、三井不動産レジデンシャルが自社ブランドのマンション建設において設けている基準が非常に厳しいという点です。

この基準は「TQPM(Total Quality Project Management)」と呼ばれ、品質マネジメントシステムの国際標準規格であるISO9001を取得しているほど、客観的な評価の高いものです。

杭打ち施工に関しても三井不動産レジデンシャル自ら施工に立ち会うことで、より厳格な品質管理を実践しています。

したがって、「免震」や「制震」と言ったキーワードがなくとも、地震に耐えうる構造は当然のことながら確保されており、最新の建築基準法(2006年)に適合した工事を行っています。

2006年に改訂された建築基準法における新耐震基準では、従来の基準である「震度6強から7の地震で倒壊しない」「震度5強程度の地震で損傷しない」という2点に加え、「建築確認および検査の厳格化」「マンションに対する構造計算書審査」の項目が追加されており、より厳格な建築基準法の遵守が担保されています。

>>>中古マンションをお得に購入できるサービスとは?

パークタワー滝野川の利便性

交通利便性

「西巣鴨」駅まで徒歩5分という、大変便利な立地にあります。

「最寄り駅が近い」というだけではなく、都営三田線、都電荒川線、JR埼京線の3路線の駅が全て徒歩10分圏内にあります。

これにより、各方面へのお出かけや通勤にストレスなく臨むことができます。

さらに、中山道がマンションの目の前にあるため、バスや自家用車での移動にも最適です。

実際、西巣鴨駅に併設されているバス停では、池袋駅行のバスが通勤時間帯に約5分置きで停まる時刻表になっていることにより、バス停でほとんど待つことなく他エリアに移動することができます。

生活利便性

スーパー

徒歩圏内にスーパーが充実しています。

「スーパーみらべる西巣鴨店」に関してはパークタワー滝野川から徒歩4分の位置にあるため、買い物にわざわざ車を使ったりすることなく、気軽に通える距離にあると言えます。

営業時間も朝8時~深夜1時までと大変長く、仕事が遅くまでかかるというサラリーマンの方や、深夜や早朝に急遽食材や日用品を準備しなければならなくなった場合などにも重宝することでしょう。

  • 「スーパーみらべる西巣鴨店」徒歩4分(250m)
  • 「コモディイイダ滝野川店」徒歩7分(500m)

大型商業施設

西巣鴨エリア自体には、家族で楽しめるような大型ショッピングモールや大規模な商業施設等はありません。

しかしながら、マンションと同じ区画内には薬局やドラッグストアが入居する施設があり、マンション住人や周辺住民にとっては便利に利用することができます。

病院

パークタワー滝野川周辺には、病院や歯科医院が多数存在します。

しかもそれらの施設はマンションから徒歩で容易に通える距離にあるため、急な体調不良や、定期的に病院に通う場合などでもストレスを感じることはありません。

  • 「ねもと小児科医院」徒歩2分(130m)
  • 「西巣鴨こどもクリニック」徒歩4分(270m)
  • 「健診会 東京メディカルクリニック」徒歩4分(280m)
  • 「横山歯科医院」徒歩5分(350m)

コンビニ

パークタワー滝野川周辺に存在するコンビニは以下の通りです。

  • 「ファミリーマート西巣鴨店」徒歩3分(240m)
  • 「セブンイレブン北区滝野川6丁目店」徒歩8分(550m)

金融機関・ATM

パークタワー滝野川周辺にある主な金融機関やATMは以下の通りです。

  • 「みずほ銀行 西巣鴨駅前出張所」徒歩4分(280m)
  • 「朝日信用金庫 西巣鴨支店」徒歩5分(400m)
  • 「東日本銀行 板橋駅前支店」徒歩10分(750m)
  • 「きらぼし銀行 板橋支店」徒歩10分(750m)

郵便局

「西巣鴨四郵便局」が徒歩5分(400m)の場所にあります。

パークタワー滝野川の住環境

マンション周辺の自然環境

徒歩2分(110m)の距離に「滝野川菊谷児童遊園」があり、すべり台やちょっとした遊具、ベンチなどがあります。

小さな子供がいる家庭などにとっては、「広すぎず狭すぎず」でちょうどいい広さの公園です。

また、マンション敷地内においても多数の植栽が植えられ、首都高速沿いで交通量の多いエリアにありながらも、緑を身近に感じる生活を送ることが可能です。

教育環境

保育園

パークタワー滝野川周辺の保育園・幼稚園は以下の通りです。

  • 「はとぽっぽ保育園」徒歩1分(88m)
  • 「木内鳩の家幼稚園」徒歩3分(240m)
  • 「滝野川西保育園」徒歩8分(600m)
  • 「ベネッセ板橋保育園」徒歩9分(700m)

周辺には比較的多くの保育園・幼稚園が多数あります。

中でも、マンションの敷地内にある「はとぽっぽ保育園」は徒歩で1分以内でアクセスできるなど、入園できれば非常に利便性も高い環境にあります。

東京都北区の待機児童に関しては2017年4月時点で82名となっており、世田谷区などのエリアと比較すれば低い数値ではあるものの、ゼロではないという現状です。

待機児童解消に向けて、北区では保育所等の新設や定員の拡大など、具体的な施策を行っています。

2017年度では1057名、2018年度では619名の定員拡大を目指すとしています。

(参考:https://www.city.kita.tokyo.jp/kuse/zaise/documents/06_29_kosodate.pdf

北区は東京都内で見れば比較的「保育園に入りやすい」「子育てのしやすい」と言われている環境です。

しかしながらこうした評判を受けて、今後子育て世代がこのエリアでの保活や移住を進めることが想定されるため、小さな子供のいる家庭では、保活については早めに始めるなどの対策を取っておきましょう。

>>>中古マンションをお得に購入できるサービスとは?

小中学校

  • 北区立滝野川第二小学校 徒歩1分(80m)
  • 北区立滝野川紅葉中学校 徒歩8分(640m)

パークタワー滝野川は、滝野川第二小学校と滝野川紅葉中学校の学区です。

滝野川小学校はマンション敷地のすぐ横にあるため、通学にも大変便利です。

住戸によっては、朝や夕方に子供が登下校している様子をバルコニーなどから見守ることもできます。

滝野川第二小学校に比べればマンションからの距離は離れているものの、それでも滝野川紅葉中学校へは徒歩8分で通うことができます。

登下校時に首都高速環状線のある道路を横切らなければならないため、事故に遭遇しないように注意が必要です。

特に中山道は夜間も交通量が減らない道路のため、部活動後の下校などにも細心の注意が必要です。

治安

パークタワー滝野川の周辺エリアは、中山道より南側は閑静な住宅街であり、人ゴミができるような場所は基本的にはありません。

ただし、板橋駅の周辺まで足を延ばせば、深夜まで営業しているような飲食店や居酒屋が複数あるため、子供のいる家庭などでは注意が必要です。

基本的には治安のいいエリアとして認識されているため、過度な用心は不要です。

マンション自体にもオートロックが完備されており、日中は管理人が常駐しているため、セキュリティの面ではそこまで心配することはなさそうです。

警視庁が公表している「犯罪情報マップ」においても、滝野川6丁目エリアは他のエリアと比較しても犯罪の発生件数は少なく、「治安がいい」と呼ばれることの裏付けになっています。

ただし、居酒屋や商店などが集中している板橋駅周辺や、少し遠いですが繁華街のある池袋駅周辺などでは犯罪発生件数が他エリアに比べて増加しているため、この周辺エリアに行く用事がある場合には注意が必要です。

(参考:http://www2.wagmap.jp/jouhomap/Map

交通事故件数

警視庁が作成している「交通事故発生マップ」によれば、パークタワー滝野川が立つ滝野川6丁目周辺の2017年度における事故発生件数(死亡事故・負傷事故)は、1㎢あたりで10~20件程度となっており、交通量の非常に多い道路に面するエリアにしては比較的低い数値になっています。

しかしながら、マンション前面道路において負傷事故が複数回発生しているなど、決して油断してはいけないエリアです。

(参考:https://www2.wagmap.jp/jikomap/Map

マンションから前面道路に出る際は、歩道をまたいで出庫することとなります。

歩行者の数も多く、全面道路の車の交通量も多いため、入念な左右確認は必須と言えます。

ハザードマップ

東京都北区において策定されている洪水ハザードマップにおいては、荒川流域で72時間総雨量632mmの大規模な豪雨が発生し、荒川の氾濫や隅田川等の流域が氾濫した場合に想定される浸水の深さなどが示されています。

これによれば、滝野川6丁目においては一部で50cm程度の浸水や、ところにより1mの浸水が想定されている箇所もあるため、注意が必要です。

パークタワー滝野川は駐車場が地下にある中古マンションです。

例え50cmの床下浸水で住戸内に特段影響はなくとも、地下に雨水が侵入し、駐車車両がダメージを負ってしまうリスクもあります。

そうならないためにも、大雨が想定される際には車両を地上の別の場所に避難させるなどの対策が望まれます。

(参考:https://www.city.kita.tokyo.jp/d-douro/bosai-bohan/bosai/suigai/map/documents/hazardmap-sumidagawahoka.pdf

まとめ

パークタワー滝野川は、治安が良く閑静な住宅街に囲まれながらも、中山道や首都高速環状線などを利用すれば車での移動が大変便利な立地にあり、徒歩10分圏内に3路線の5駅が集中しています。

地下鉄や電車を利用した移動にも便利な環境にある中古タワーマンションです。

近隣にはパークタワー滝野川を除いては背の高い建物などはあまりなく、都会の眺望を独り占めできる優越感を手に入れることができるのも魅力の一つです。

住戸によりますが、天気のいい日にはバルコニーから富士山や日本アルプスなども見えることがあり、通常の生活からは考えられないような眺望を味わうこともできます。

こうした条件に加え、国内不動産業界最大手の三井不動産レジデンシャルの分譲する「パークタワー」ブランドであるという点もポイントです。

「三井に住んでいます」という同社CMのキャッチフレーズにも表現されている様に「三井のマンションに住んでいる」という事実だけで、大きなステータスを手にしているということができます。

魅力的な立地に、三井ブランドのステータス。

これらすべてを他に入れたいと考えているなら、パークタワー滝野川を中古マンション購入の候補に加えてみてはいかがでしょうか。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの専門会社「ハウスマート」のスタッフが、中古マンションの物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top