マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!中古マンション売買の専門会社Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

家探しは、住宅ローン事前審査から始めよう!

家探しは、住宅ローン事前審査から始めよう!

中古マンション購入は、資金計画を立てることはもちろん、その一環として住宅ローンの「事前審査」を物件探しを開始する前に行うことでその後の家探しは非常にスムーズになります。

中でも、

  • フリーランスの方
  • 転職して2年以内の方
  • 住宅以外の借り入れがある方

といった属性の方は、特に住宅ローンの審査が厳しくなるケースが多いため早めに行う必要があります。

本記事では、中古マンション購入に欠かせない事前審査の概要や、事前審査を早めに実施しておくべきワケについてご説明致します。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

中古マンション購入の流れ

 中古マンション購入は、ぴったりなお部屋を見つけ、売主に2つの書類を提出することで本格的にスタートします。
その2つの書類とは、
  1. 購入申込書
  1. 事前審査通過の証明書

の2つです。

ここでご注意頂きたいのは、
「購入申込書」と「事前審査通過の証明」両方が揃って初めて、本格的な商談が先に進むということです。
購入申込書を提出するだけでは、2つの書類を揃えた他の購入希望者に先に物件を確保されてしまうこともあります。特に人気物件は同じ時期にたくさんのお客様が購入を検討されるため、少しの差で2番手となり、買い逃ししてしまうケースも少なくありません。
不動産が水モノと言われる理由はこのような商慣習にあるのです。
不動産購入申込書
なぜ事前審査通過の証明書を提出する必要があるのかというと、
売主に対して「私は住宅ローンを借りてこのマンションを購入することができますよ」という強い証明になるからです。
住宅ローンを借りるには年収はもちろん、個人信用情報に問題がないかなど、様々な制約をクリアしなければいけません。
そのため、売買契約後に住宅ローン本審査に通らないという事態を避けるためにも、売主は事前審査の通過を売買契約を行う前に求めるのです。

事前審査に通過する理想のタイミングについて

事前審査を、購入申し込み前に行うことが中古マンション購入を成功させる王道です。
実際には購入申し込み書を記入して提出するタイミングで、営業マンからご案内の上事前審査を申し込みされる方が多数派です。
しかし、理想的なのは「事前審査を通過したうえで物件探しや内覧を行い、購入申込書さえ書けばすぐに売買契約を行う権利を得ることができる」という状態を作ることです。
これによって、
  1. 住宅ローンの審査に落ちたことが理由で物件が購入できない
  2. 交渉権をすぐに獲得することができるため、買い逃しを防げる
という安心を得ることができます。

事前審査の面倒な点

ここまでは

  • 中古マンション購入のためには事前審査が必須
  • 事前審査は物件探しの前に行うことができればベスト
  • 人気物件を狙う場合はスピード勝負になるので、購入申込書提出前の事前審査が必勝法

というような内容を述べてきましたが、実際に銀行で事前審査を実施するには「物件が決まっていないといけない」というハードルがありました。

まっさらな状態で事前審査を受けることができれば、非常にスムーズに自身の購入能力を確認することが可能です。

ARUHIのクイック事前審査が非常に便利!

そこでご紹介したい、とても便利なサービスが住宅ローン専門金融機関のARUHIが提供する「家探し前クイック事前審査」です。

 このサービスでは事前に審査する物件を決まっていない段階でも、ARUHIフラット35の事前審査を行うことができるというサービスです。

メリット1:免許証で審査可能!

 最大の特徴は、免許証で審査が可能であること。
通常、事前審査を実施する際には物件チラシや収入関係の証明書類など様々な書類が必要となりますが、この「家探し前クイック事前審査」では免許証画像をweb上にアップロードするだけで本人確認が完了し、審査へと進むことができます。
仕事が忙しい中、書類を揃えるのはとても面倒ですから、簡単に審査へと進めるのは大きなメリットですね。

メリット2:最短当日中に審査結果が出る!

 金融機関によって、事前審査の受付から回答までの日数は異なります。
通常ですと、早くて3日遅くて1週間ほど必要となりますがこの「家探し前クイック事前審査」では最短当日中に審査結果を把握することも可能です。スピード対応してくれることで、審査結果を待つ不安もそこまで感じる必要もございません。

メリット3:ARUHIフラット35が利用できる!

 この「家探し前クイック事前審査」は、ARUHIが提供するフラット35の事前審査となっています。
フラット35は、借り入れ時の固定金利で最大35年お借り入れ可能な住宅ローン商品です。
将来の金利上昇リスクに不安を覚える方や、直近に転職しているなどの関係で審査の厳しいネット銀行等は通過できない方にとっておすすめな住宅ローンとなります。
一般的には、フラット35は変動金利と比較すると当然金利が高くなるため、敬遠されがちです。
しかし、2018年8月現在、日銀が金利上昇を容認する旨を7月31日付けで発表したことから各行は金利を上昇させる方針となっています。
りそな銀行は1日から、10年固定・最優遇の住宅ローン金利を0.05%引き上げて年0.75%にします。
また、みずほ銀行と三井住友銀行、三井住友信託銀行も10年固定の金利は据え置いたものの、15年以上の金利をそれぞれ0.05%引き上げます。引き上げの背景には、住宅ローン金利の指標となる長期金利の上昇があります。

出典:さっそく各行が住宅ローン金利引き上げ 日銀余波(http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000133066.html)

まとめ

中古マンション購入に不安のある方は、ぜひお早めに事前審査をすることをおすすめします。

予算が確実な証拠を元に把握していることで、お金の不安は軽減されます。

中でも、免許証だけで審査を行うことができる家探し前クイック事前審査は手軽でおすすめなので、まずはこの事前審査から中古マンション購入の活動をしてみてはいかがでしょうか。

事前審査をしてから、中古マンションの選び方について考えても遅くはないのです。

編集部おすすめ

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

住宅購入は人生でも複数回あるかないかの、非常に高い買い物です。それ故にどうしても住宅本体の金額だけに目が行ってしまいがちなもの。 不動産取引においては、ついついこの諸経費の存在を忘れて契約まで進んでしまうケースが発生してしまいます。 本記事...

【永久保存】殿堂入り人気記事

知りたいことを検索

Return Top