マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!中古マンション売買の専門会社Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【2018年度版】主婦の味方!フードプロセッサーのおすすめ商品と選び方を紹介

【2018年度版】主婦の味方!フードプロセッサーのおすすめ商品と選び方を紹介

刻む、潰す、混ぜるなどの作業が手早くできるフードプロセッサーは主婦の強い味方。家庭に1台あるだけで料理幅がぐんと増えて時短にも繋がる便利なアイテムです。最近では、おろしや千切り、離乳食やスープ作りができるものなど、高機能なものも見られるようになりました。

今回は、そんな進化し続けるフードプロセッサーの選び方やおすすめの商品を紹介します。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

フードプロセッサーとは?

フードプロセッサーとは、料理の下ごしらえに使うキッチンアイテムのことです。フードプロセッサーを使えば、肉をミンチにしたり、野菜をみじん切りやペーストにしたり、食材を混ぜ合わせたり、といったことが簡単にできるようになるため、料理の時短に繋がり、料理幅が一気に広がります。包丁を使わずとも食材の加工が簡単にできるため、料理が苦手な人にもおすすめのキッチンアイテムといえるでしょう。

フードプロセッサーの機能は製品によりけりで、刻んだり潰したりできるものから、おろしができるものや千切りやスライスができるもの、こねてパンや麺類の生地が作れるものまで様々です。また、形状やサイズ、一度に作れる量もそれぞれ異なるので、自分に合った使いやすいものを見極める必要があります。

フードプロセッサーにはどんな種類がある?

据え置きタイプ

容器に材料を入れて蓋をし、スイッチを押すだけで食材の加工ができるタイプです。パワーがあり、食材を一度に処理できるので、家族分の下ごしらえをするのに適しています。野菜を切り刻んだり、挽き肉やつみれを作ったりするのは得意ですが、水分の多いドレッシングやスープ作りは苦手なものが多いです。

据え置きタイプのフードプロセッサーは場所を取るので置き場の確保が難しい人は、スティックタイプのフードプロセッサーがおすすめです。

ハンディタイプ

スティック状のブレンダーで、パーツは泡だて器やチョッパーと付け替えて調理できるものが多いです。手でハンドルを持ってボウルや鍋に直接ブレンダーをあてて食材の加工ができます。もちろん、チョッパーに付け替えて肉や魚の加工をしたり、泡だて器に付け替えてホイップクリームやメレンゲを作ったりもできます。コンパクトに収納できるものもあり、据え置きタイプに比べて場所を取らないことや、スープ・離乳食作りに適しているのが特徴です。

 

フードプロセッサーの賢い選び方

調理量からサイズを考える

フードプロセッサーは、種類によって容器の最大量がそれぞれ異なります。一緒に暮らす家族の人数によって料理の量や食材の加工量は変わってくるため、それぞれの家庭に適したサイズを選ぶ必要があります。

例えば、ひとり暮らし用であれば、容器の最大量が150g~300gほどのコンパクトサイズのフードプロセッサーがおすすめです。また、赤ちゃんのいる家庭であれば、離乳食作りもできるハンディタイプを購入するのがいいでしょう。大家族であれば、一度に多く食材の加工ができる据え置きタイプのフードプロセッサーがあると便利ですね。

ただし、容量やサイズが大きいものほど収納スペースを必要とします。使い勝手と同じく、自宅の収納スペースや保管場所を考えた上で購入するのが望ましいでしょう。

 

レシピや用途から機能を考える

フードプロセッサーは、商品によって搭載されている機能がそれぞれ異なります。刻む、潰す、おろす、といったことから、こねる、泡立てる、千切り、スライスができるものまで様々です。そのため、どんな料理に活用したいのか、用途に合った機能が搭載されているかどうかをよく考えてから購入する必要があります。

また、フードプロセッサーは据え置きタイプとハンディタイプでそれぞれ得意とする料理が異なります。一度にたくさん食材の加工ができる据え置きタイプは、家族用の料理の下ごしらえを得意とし、ハンバーグのたねや餃子の飴作り、サラダ、コロッケ作りなどに最適です。

その一方で、据え置きタイプに比べて一度にできる量が少ないハンディタイプは、離乳食やドレッシング、スープ作りなどを得意とし、水分の多いメニューにも対応できるようになっています。

 

洗いやすさを考える

フードプロセッサーも他のキッチンアイテム同様、使い終わった後は洗剤でこまめに洗う必要があります。ハンディタイプのフードプロセッサーは、ハンドル本体からブレンダーやチョッパーをを簡単に取り外せるものが多いので、据え置きタイプのものと比べて洗いやすいと感じる人も多いでしょう。専用のカップにお湯と洗剤を入れてブレンダーを回すだけで手入れが簡単にできるものもあります。

据え置きタイプのフードプロセッサーであれば、容器やカッター、蓋が本体の装置から取り外せて分解できるものが洗いやすく便利です。また、容器はフードプロセッサーによって傷に強いガラス製や熱に強いステンレス製などそれぞれ異なるので、購入前にぜひチェックしてみましょう。

 

安全性を考える

フードプロセッサーは容器の中のカッターを高速回転させることで食材を加工しています。そのため、カッターが容器の底にきちんと装着されていなかったり、蓋がしっかりと閉まっていない状況での使用は大変危険です。

フードプロセッサーの中には、カッターや蓋、容器が本体に的確に装着されていないと作動しないものや、チャイルドロック機能が付いたもの、材料の入れすぎでカッターに負担がかかった場合は動かなくなるものなど、安全機能が充実しているものがあります。調理を安全に行うためにも、できるだけ安全機能付きのフードプロセッサーを選ぶようにしましょう。

 

性能がよく安い! おすすめフードプロセッサー

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W
販売価格 ¥5,340
(2018年1月31日22時54分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/0tKWae5

  • サイズ:幅15.5㎝、奥行22.5㎝、高さ19.0㎝
  • 容量:最大約500g(ハンバーグの場合)

価格は5,000円台ながら、野菜を刻んだり穀物を擦ったり食材を混ぜたりできる「ナイフカッター」と根菜類がおろせる「おろし・とろろカッター」の2つが付いた食材の加工に便利なフードプロセッサーです。

容器に材料を入れすぎると作動しなくなる保護装置も付いています。数秒でみじん切りやペーストができたり、静音で調理できたり、とユーザーからの評価も高い商品です。

テスコム PureNatura フードプロセッサー ホワイト TK440-W

TESCOM PureNatura フードプロセッサー ホワイト TK440-W
販売価格 ¥5,000
(2018年1月31日22時55分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/2b6WBLC

  • サイズ:幅26.0㎝、奥行17.0㎝、高さ21.5㎝
  • 容量:最大約500g(ハンバーグの場合)

5000円にしてみじん切りや鬼おろし、細かなおろしやとろろ、ホイップクリーム、メレンゲなどが作れる多機能なフードプロセッサーです。これひとつでハンバーグの生地や自家製ドレッシング、ケーキ作りなどが楽しめます。

蓋には、シリコンパッキンが付いているため、水分を含む食材の液漏れを防ぐことができます。また、連続使用でモーターが熱くなったり、材料の入れすぎでカッターに負担がかかったりした場合には動かなくなる安全機能も付いています。

千切りをしてくれるおすすめフードプロセッサー

テスコム フードプロセッサー ホワイト TK450-W

TESCOM フードプロセッサー ホワイト TK450-W
販売価格 ¥6,100
(2018年1月31日22時56分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/1cCuOpN

  • サイズ:幅26.5㎝、奥行17.0㎝、高さ24.5㎝
  • 容量:最大約500g(ハンバーグの場合)

千切りのできるフードプロセッサーなら、テスコムの「フードプロセッサー ホワイト TK450-W」がリーズナブル価格でおすすめです。

付属のカッターには、冷凍果実や繊維の多い食材もおろせる「おろしカッター」と野菜のスライス・千切りが綺麗にできる「スライス・千切りカッター」、そして、お菓子作りにも役立つホイップクリームが作れる「ホイップカッター」の3つが付いています。容器はステンレス製なので軽く清潔で、食洗器でも洗えるので手入れも楽に行えます。

ティファール フードプロセッサー フードカッター ミニプロ ルビーレッド プラス MB601GJP

出典:http://amzn.asia/baPhljQ

  • サイズ:幅27.0㎝、奥行15.0㎝、高さ25.5㎝
  • 容量:最大約0.6L

千切りなら、ティファールの「ミニプロ ルビーレッド プラス MB601GJP」もおすすめです。強度の強いブラックチタンコーティングが施された「カッター」に、根菜が綺麗におろせる「おろしディスク」、食材のスライス・千切りが楽にできる「スライス・千切りディスク」、お菓子作りに役立つ「泡立てディスク」の3つのディスクが付いた使い勝手のよいフードプロセッサーです。

カッターは全て一度に容器に収納できるので、収納スペースやカッターの紛失に困ることもありません。また、容器に蓋がきちんとセットされていないと動かない誤作動防止機能も付いています。使い終わった後は食洗器で容器を洗えるので手入れも楽です。

 

離乳食が作れるおすすめフードプロセッサー

アイリスオーヤマ ハンドブレンダーセット IHB-602-W

アイリスオーヤマ ハンドブレンダーセット 1台3役 つぶす まぜる きざむ IHB-602-W
販売価格 ¥4,580
(2018年1月31日22時58分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/iI44ebc

  • サイズ:幅5.9㎝、奥行5.9㎝、高さ36.2㎝(ブレンダー装着時)
  • 容量:最大約600ml

離乳食作りに使うなら、ハンディタイプのフードプロセッサーがおすすめです。アイリスオーヤマの「ハンドブレンダーセット IHB-602-W」は、リーズナブル価格で離乳食作りに欠かせない「潰す」「刻む」「混ぜる」の3つの作業が手早くできる便利アイテムです。

鍋やボウルにブレンダーを入れて料理の仕上げに食材を潰すもよし、付属のカップに食材を入れて潰すもよし。ハンドルの先をチョッパーに付け替えて肉や魚の加工をするもよし。カッターの回転速度が低速と高速の2段階に調節できるところや、収納に困らないコンパクト収納ができるところも魅力です。

パナソニック ハンドブレンダー ブラック MX-S300-K

パナソニック ハンドブレンダー ブラック MX-S300-K
販売価格 ¥6,552
(2018年1月31日22時59分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/bD3eGZr

  • サイズ:幅6.4㎝、奥行7.0㎝、高さ39.7㎝(ブレンダー装着時)
  • 容量:最大約700ml

パナソニックの「ハンドブレンダー ブラック MX-S300-K」は筆者も愛用しているキッチンアイテムのひとつ。これひとつで離乳食作りからハンバーグや野菜スープ、ドレッシング作りまで幅広く使えるので重宝しています。

鍋やボウルに入れた具材をブレンダーで混ぜてペーストやスープにしたり、チョッパーに付け替えてミンチ肉やつみれを作ったりできます。また、専用カップに冷凍フルーツを入れてブレンダーで混ぜればスムージーも作れます。

カッターの回転速度がダイヤルで低速から高速まで自由に切り替えらるところや、チャイルドロック付きで安全に使用できるところもポイントです。

スープやスムージーが作れるおすすめフードプロセッサー

タイガー マイコンフードプロセッサー ブラウン SKF-G100-T

タイガー マイコンフードプロセッサー ブラウン SKF-G100-T
販売価格 ¥7,039
(2018年1月31日23時0分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/6nZuT76

  • サイズ:幅27.6㎝、奥行24.3㎝、高さ27.1㎝
  • 容量:最大約650g(ハンバーグの場合)

フードプロセッサーでスープを作りたいなら、タイガーの「マイコンフードプロセッサー ブラウン SKF-G100-T」がおすすめです。コースの切り替えはサイドのレバー操作で簡単にできて、おろしスープやジュースなどの液体から、みじん切りやミンチ作り、ホイップクリーム、パンの生地作りまで幅広く調理が可能です。

容器に蓋がきちんとセットされていないと起動しない「ふたロック」機能と、本体に容器が的確にセットされていないと起動しない安全機能付きなので安心して調理が行えます。また、容器はステンレス製で軽く手入れがしやすいことや、それぞれのカッターを一度に収納できるところもポイントです。

ブラウン マルチクイック ハンドブレンダーMQ775

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ775
販売価格 ¥14,480
(2018年1月31日23時1分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/gSXU4de

  • サイズ:幅7.0㎝、奥行7.0㎝、高さ40.0㎝(ブレンダー装着時)
  • 容量:最大約1.5L

スープ作りとスムージー作りを一度に楽しみたいなら、ブラウンの「マルチクイック ハンドブレンダーMQ775」がおすすめです。ワット数は400Wとパワーがあるため、水分の多いオレンジやキウイ、りんごなどを冷凍してスムージーにすることができます。

また、ブレンダーを直接鍋やボウルに入れてポタージュや野菜スープを作ることもできます。アタッチメントにはブレンダーの他に、フードプロセッサー、こねベラ、泡だて器の3種類があり、これひとつで「刻む」「潰す」「混ぜる」といった基本的なことから「スライス」「千切り」「こねる」「泡立てる」といったことまでできます。

ブレンダーの手入れは洗剤とぬるま湯を入れた専用カップにブレンダーの先を入れてスイッチを入れるだけで簡単に行えるのも嬉しいところ。


おすすめの小型フードプロセッサー

テスコム Conomi コンパクトフードプロセッサー TK210-W ホワイト

TESCOM Conomi コンパクトフードプロセッサー TK210-W ホワイト
販売価格 ¥7,968
(2018年1月31日23時2分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/61wvoZu

  • サイズ:幅18.4㎝、奥行15.9㎝、高さ21.9㎝
  • 容量:最大約300g(ハンバーグの場合)

小型のフードプロセッサーでまずおすすめしたいのが、テスコムのConomi シリーズです。全体的にコンパクトサイズなので、キッチンでも場所を取らず、持ち運びも楽々。

カッターには、「みじん切りカッター」とリバーシブルで使える「おろし刃カッター」の2つが付いており、野菜のみじん切りからハンバーグのたね作り、粗めの鬼おろし、とろろ作りまで幅広く活用できます。その上、カッターは容器に入れて収納できるので、収納に困ることもありません。容器は傷や油汚れに強いガラス製で手入れも楽に行えます。

SUN コンパクトフードプロセッサー SFP-350

SUN コンパクトフードプロセッサー(180ml) SFP-350
販売価格 ¥2,780
(2018年1月31日23時2分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/3yJsAvV

  • サイズ:幅18.3㎝、奥行10.6㎝、高さ24.0㎝
  • 容量:最大約150g(ハンバーグの場合)

ひとり用のフードプロセッサーでおすすめなのがSUNの「コンパクトフードプロセッサー SFP-350」です。容量はハンバーグの場合で150gと少量な上に、サイズもコンパクトで場所を取らないのが特徴です。また、
軽量なので持ち運びも楽に行えます。

機能にはみじん切りとおろしの両方が付いているため、ハンバーグや餃子作り、大根おろしもお手の物。容器と蓋が正しくセットされていないと動かない安全機能付きだから安心して調理が行えます。



真空技術で鮮度を保つおすすめフードプロセッサー

テスコム gokusen 極鮮 TMV2000 真空ミキサー

テスコム真空ミキサー極鮮 CD:069037
販売価格 ¥75,500
(2018年1月31日23時4分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/i8s0aLg

  • サイズ:幅26.3㎝、奥行19.5㎝、高さ45.9㎝
  • 容量:最大約1500ml

最後に紹介するのは、テスコムの「極鮮 TMV2000 真空ミキサー」です。こちらは、正確にはフードプロセッサーではなくミキサーに分類されますが、フードプロセッサー同様、葉物野菜や繊維質のある野菜を細かく刻み、滑らかなスムージーやスープを作ることができます。

「極鮮 TMV2000 真空ミキサー」の優れた点は、食材の加工と保存が真空状態で行えるため、食材の鮮度を保ちながら栄養価の高いスムージーやスープが作れるところです。容器は耐久性に優れた樹脂トライタン仕様で割れにくく扱いやすい点や、6枚刃の波刃カッターで食材をパワフルに粉砕できる点も注目すべきポイントです。

 

まとめ

最近ではフードプロセッサーも進化し、「刻む」「混ぜる」「潰す」といった機能だけでなく、千切りやスライスができるものや、こねたりおろしたり泡立てたりできる高機能なものが多く見られるようになりました。また、スープや離乳食、スムージー作りに長けたフードプロセッサーも簡単にネットで入手できるようになりました。

種類があればあるほど選定にも迷いがでますが、今回のフードプロセッサーの選び方やおすすめの商品紹介を参考に、ぜひ自分にあったフードプロセッサーを選んでみてくださいね。

編集部おすすめ

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

住宅購入は人生でも複数回あるかないかの、非常に高い買い物です。それ故にどうしても住宅本体の金額だけに目が行ってしまいがちなもの。 不動産取引においては、ついついこの諸経費の存在を忘れて契約まで進んでしまうケースが発生してしまいます。 本記事...

【永久保存】殿堂入り人気記事

知りたいことを検索

Return Top