マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!中古マンション売買の専門会社Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【ネットショップ比較】バスマットを買うならコレがおすすめ!

【ネットショップ比較】バスマットを買うならコレがおすすめ!

お風呂を出た後のバスマットはお部屋を濡らさないために必須のアイテムですよね。今回はバスマットの選び方や素材の種類、おすすめ商品をご紹介したいと思います。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

見出し

バスマットの選び方

バスマット、水分吸収されればいいやと思っていませんか?たたんだバスタオルで代用できちゃう、なんて考えていませんか?現代のバスマットは、メーカーの頑張りで科学的にとても進化して、使い勝手・さわり心地もよく、手入れも簡単。

なのにプチプラという素晴らしい商品がたくさん出ています。下に紹介するのはその、ほんの一端。まずは「正しいバスマットの選び方」から見ていきましょう。バスマットを選ぶ際には、

  • 使う場所にぴったりなサイズであるか
  • 速乾性と吸水性はどうであるか
  • 肌触りはどうか
  • 耐久性はどうか

といったポイントに注意する必要があります。

使う場所にぴったりなサイズであるか

ご家庭の浴槽前のスペースを確認し、大きすぎず小さすぎないバスマットを選ぶようにしてください。サイズは妥協できる点であると思われることが多いのですが、サイズが合わないものは次第に使わなくなるものです。

速乾性と吸水性を確認

バスタオルやタオルとは違います。バスマットは体からしたたり落ちる水滴を全てキャッチする役目があります。高い吸水性は必須の条件です。そして家族の人数が多いほどに、前の人の水分が残らないよう『速乾性』という機能も欠かせませんよね。

昔は我慢して濡れたタオルの上を踏んでいたでしょうが、現代には速乾性に優れて、いつでも乾いた状態で使える快適バスマットがたくさんあります。これを選ばない手はありませんよ!

肌触りが良いか

どうせバスマットを使うなら、ごわごわの触感よりもふわふわでやわらかい触感のバスマットがいいですよね。「肌触りなんて…」と思ってもバスマットの素材にはコットンやリネン、マイクロファイバーなどいろいろなタイプがあり、肌触りはそれぞれ異なります。

自分にぴったりのバスマットを見つけるために、まずはバスマットの素材を知ることから始めましょう。一度体感したらやめられないほど、おすすめの肌触りのバスマットも、以下に順次紹介していきますね。

耐久性

一般的に、モノは水分を含むことで劣化します。バスマットはまさに劣化前提の生活必需品と言えるでしょう。

とはいえ使い捨て商品のペースで毎度劣化されてはたまったものではありません。しっかりとした耐久性を備えていながらもなお、長持ちする素材のものを選ぶべきです。バスマットのおすすめ素材に関しては、以下を参考にしてください。

バスマットの素材の特徴を解説

コットン素材

コットンは吸水性に優れ、特に衣服では汗を吸収しやすくいい素材と考えられています。コットン素材のバスマットも多く販売されているのですが、バスマットは汗に比べると大量の水分を吸収するので、少し物足りないと思われる方もいるでしょう

家族のあとに使用すると、濡れたコットンの上に足をおくことになりかねません。速乾性という面で見ても、バスマットにはあまり向かないかもしれません。

そうはいっても、肌触りのよさ手入れのしやすさコットン素材の魅力なので、この点を第一に考える方はコットン素材のバスマットを使われてもいいのかもしれませんね。

リネン素材

肌触りや高級感にこだわるシチュエーション、例えばホテルなどで多く選ばれているのはリネンです。吸水性にも速乾性にも優れているため、濡れたと思った後に足をおいてもサラッとした質感快適に使用できます。

しかし、リネンのバスマットを使用したことのある方ならお分かりでしょうが、リネンはとにかく洗濯のケアが大変です。すぐにくしゃくしゃになってしまい、下手をすると1度の洗濯で見た目の高級感は台無しになります。

リネン素材のバスマットを選ぶ方は、手入れ方法をしっかりと調べた上で購入するといいでしょう。

珪藻土(けいそうど)

バスマットに限らず、水場のインテリア商品の素材として、たまに耳にする「珪藻土(けいそうど」。「珪藻土」って何?と思う人や知らないいるでしょう。

珪藻土は、昔からある天然素材で、土を原料としてできています。無数の小さな穴をも、形状のしっかりとしたスポンジのような性質をもっています。吸水性と速乾性に優れ、手入れが楽で雑菌なども繁殖しにくいといったメリットがあります。

しかし、実際の使用感口コミを拾うと、「水分の吸収が不十分である」という声もあるとおり、珪藻土のバスマットは長く使うと吸水性が損なわれていきます。そのため、珪藻土のバスマットはメンテナンスを必要とします。メンテナンスの方法は、のちの『洗濯不要!?「珪藻土」のバスマットとは?』の項目で詳しく述べます。

ポリエステル、アクリル、マイクロファイバー、ナイロン

最近大人気の「乾度良好」や「速乾吸水」などのバスマット商品は、こらの化学繊維で作られています。天然素材でないという点で選ばない人もいる中、機能性の高さに驚く人もいて、販売数は確実に伸びています。

「吸水性」「速乾性」「手入れの手間」「豊富なデザイン」などの点で、素材としては群を抜いていると言えるでしょう。

バスマットの加工にも特徴が!

バスマットに使われる素材について紹介してきましたが、バスマットの加工方法によっても質感などが大きく変わります。ループパイル加工など、バスマットに施される加工について紹介します。

ループパイル加工

ループパイルとは、パイル生地をループ状に織って加工したものです。「パイル」とは編み方のひとつで、パイル生地は緻密なタオル地のような質感をしています。ループパイル生地のバスマットは吸水性がいいのが特徴です。

ループパイルのバスマットには、ループが長いもの・短いもの、ループが柔らかいもの・固いものなどがあります。

カットパイル加工

カットパイルとは、ループの先をカットしたパイル生地のことを言います。カットパイルには、毛足が短く長さが均等なシャーリング加工のものと、毛足が長く長さが不均等なシャギー加工のものの2種類があります。シャーリング加工のものは肌触りが滑らかで、シャギー加工のものは肌触りがふわふわしているのが特徴です。吸水性はループパイルに劣りますが、傷みにくいといったメリットがあります。

ジャガード織り加工

ジャガード織りとは、フランスの発明家ジャガードが編み出した「ジャガード機」で織った織物のことを言います。タテ糸とヨコ糸を組み合わせてパイル生地を作る製法で、パイルの高さに変化を付けて模様を作ることができます。

洗濯不要!?「珪藻土」のバスマットとは

珪藻土とは

バスマットの素材の項目でも述べたとおり、珪藻土の正体は「土」です。詳しくは、魚などがエサとして食べている珪藻が殻になって化石化したのち、それらが堆積してできた堆積岩のことを言います。

土が原料なので、珪藻土のバスマットは洗濯機で丸洗いしたり畳んだりすることはできませんが、抜群の速乾性・吸水性・放湿性を誇ることは確かです。

珪藻土バスマットのメリット・デメリット

珪藻土のバスマットにもメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
  • 速乾性が高い
  • 吸水性が高い
  • 放湿性が高い
  • 洗濯する必要がない
  • 手入れが簡単
  • カビやダニがつきにくい
  • 他のバスマットよりも重い
  • 他のバスマットよりも価格が高い
  • メンテナンスを必要とする
  • 欠けたり割れたりすることがある
  • 長年使うと吸水性が落ちる
  • 速乾性・吸水性・放湿性が劣るものもある

珪藻土バスマットは、速乾性・吸水性・放湿性に優れているのでいつでも快適に使えることや、使い終わった後は立てておくだけでよく、洗濯の手間が省けるのがメリットです。

デメリットとしては、雑に扱うと欠けたり割れたりすることや、モノによっては本来の珪藻土の役割を果たさないモノもあるということが挙げられます。安いものほど速乾性・吸水性・放湿性に劣るので、商品の見極めには注意が必要でしょう。

珪藻土バスマットのメンテナンス方法

先に述べたとおり、珪藻土バスマットは使用するにつれ吸湿性や放湿性が落ちてきます。その理由は、使用回数が増えると汚れが付いてマットの表面の穴が詰まってしまうから。
「最近バスマットの吸水力が悪いな」と感じたら、次の方法を試してみましょう。

用意するもの

  • 珪藻土バスマット
  • 300~400番の紙やすり
  • 乾いた布

メンテナンス方法

  1. 目詰まりを起こした珪藻土バスマットの表面を紙やすりで3~4回削る。
  2. 珪藻土バスマットの表面についた粉を乾いた布で拭き取る。

メンテナンスはこれだけで完了です。紙やすりで磨くことで表面の汚れが落ち、吸水力や放湿力が戻ります。毎度洗濯機で洗って干すより簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

ネットストアで購入できる、おすすめバスマットを紹介

オカ、乾度良好、Dナチュレバスマット:¥3,240

オカ 乾度良好 Dナチュレ バスマット 約50×80cm (ベージュ)
販売価格 ¥3,240
(2018年2月1日0時45分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/7sUrCK0

裏側にすべらない加工が施された安全性の高いバスマットです。吸水力が高いので、家族が使った後に乗ってもサラッとした質感で快適に使用できます。使った後、お風呂前に置きっぱなしだとカビてしまうので、使用後は大き目のタオル掛けやバスマットハンガーに掛けておくことをおすすめします。

  • 素材:アクリル100%
  • サイズ:70×100㎝
  • カラー:ピンク・ベージュ・ホワイト・ブラウン・グリーン・グレー

ブルーム今治タオル、レオンバスマット2枚セット:¥3,360

ブルーム 今治タオル レオン バスマット 2枚セット (ホワイト) leon_bm2_wh
販売価格 ¥3,360
(2018年2月1日0時46分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/eV72jUo

愛媛県今治市の「今治タオル」は日本を代表するタオルメーカーです。そんな今治タオルが出している「レオンバスマット」は、今治タオルの創業時から現在にかけて生産されている老舗タオルのひとつです。

それゆえ、メーカーのブランドマークも付いています。コットンバスマットなので、吸水性に関しては、他の素材のバスマットよりは劣りますが、踏み心地に関しては最高と言っても過言ではありません。

使用後は掛けて乾燥させる手間を取ってでも、何度でも使いたくなるほど肌触りがよい商品です。耐久性にも優れているため、度重なる洗濯にも負けず、長く生活を支えてくれるでしょう。

コットンの吸水性に関しては、上の「素材紹介」にも書いた通り、力不足は否めません。しかしこちらのレオンバスマットは、最初に踏んだ時の肌触りが最高の一品。

使った後はかけて乾燥させる手間をはたいても、何度でも使いたくなる肌触りです。耐久性にも優れているため、度重なる洗濯にも負けず、長く生活を支えてくれるでしょう。

  • 素材:コットン100%
  • サイズ:42×67㎝
  • カラー:ホワイト

レックサラサラ瞬間吸水バスマット:¥980

レック サラサラ 瞬間吸水 バスマット ( M ・60×40cm ) グリーン
販売価格 ¥980
(2018年2月1日0時47分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/5y9aaG6

ホームセンターやスーパーなどでよく見かけるようになったこちらのバスマット。マイクロファイバー仕様で吸水性。放湿性がいい点や、裏面にノンスリップ加工が施されている点など、機能面ではとにかく優秀な商品だと言えます。

優れた機能性をもちながらも安く手に入るのは、化学素材を使用しているためだと言えるでしょう。

  • 素材:ポリエステル
  • サイズ:60×40㎝
  • カラー:グリーン・ピンク・ブラウン・ブルー

TRANPARAN今治産ECO:¥2,300

TRANPARAN 今治産 ECOストライプ バスマット 2枚セット
販売価格 ¥2,300
(2018年2月1日0時48分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/4tjZFa3

上でも紹介した「今治タオル」のバスマットです。タオル製造時に出る余った繊維で作られたバスマットなので、ブランド品であるにも関わらず、安く手に入ります。

ポイントは吸水力の高さとデザイン性とほどよい厚みです。「さすが!」と言わざるを得ないブランドの力を体感できる優れたバスマットと言えます。

  • 素材:コットン100%
  • サイズ:43×63㎝
  • カラー:ECOストライプ

Dreameggバスマットふかふか洗える低反発マット滑り止め付き:¥1,380

Dreamegg バスマット ふかふか 洗える 低反発 マット 滑り止め付き マイクロファイバー 足ふきマット 吸水 キッチン 玄関 マット 53×43×1cm
販売価格 ¥1,380
(2018年2月1日0時49分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/dmYpsKw

こちらのバスマットは、素材に低反発ウレタンを使用しているため、ふかふかでサラサラの踏み心地が味わえるようです。しかも厚みがあるので吸水性もGOOD。耐久性があるので、洗濯機で丸洗いもできます。水分が床につかないよう、裏面にはゴム加工が施されているのもポイントです。

ただ、バスマットの中に湿気がこもりやすいのが難点なので、使った後は乾燥させるよう注意しましょう。

  • 素材:表→サンゴフリース繊維、中→低反発ウレタン、裏→SBRゴム
  • サイズ:53×43㎝×厚さ1㎝

EVELTEK水洗い防滑バスマット中敷カーペット吸水速乾低反発足拭きマット&ラグ:¥1,490

出典:http://amzn.asia/iCtuYyD

こちらも低反発仕様のバスマットです。低反発のバスマットの魅力は、ふかふかの踏み心地と暖かさにあるでしょう。これらは特に冬に感じることができます。お風呂上がりのヒヤッとする瞬間を暖かく包み込んでくれる心地よさがこのバスマットでは味わえます

  • 素材:コーラルベルベット、中→ウレタンフォーム
  • サイズ:40×60㎝
  • カラー:ダークレッド・パープル・ブラウン・ブルー

Manggouバスマット足ふきマットお風呂浴室マット滑り止め超吸水速乾50×80m:¥1,299

出典:http://amzn.asia/64RZBI9

やはりバスマットはこの形状が一番と思えるほどの吸水性、速乾性を備えたバスマットです。表面に大粒のパイル加工が施されているのが特徴で、超極細のマイクロファイバーが水分をしっかりと吸収してくれます。洗濯機で丸洗いできるのもうれしいポイントですね。

  • 素材:ポリエステル100%
  • サイズ:50×80㎝
  • カラー:グレー、ホワイト


SUSUバスマット速乾抗菌ブラウン45×60㎝:¥800

SUSU バスマット 速乾 抗菌 ブラウン 45x60cm
販売価格 ¥800
(2018年2月1日0時52分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/a7Qgkbk

上の製品と似たような形状のバスマットで区別が難しいですが、こちらのバスマットは、抗菌加工が施されているため、菌やカビに強いといった特徴があります。パイルの長さは約25mmと長めで、ふわふわとしたふみ心地を味わえるのもポイントです。速乾性と抗菌効果のあるマイクロファイバーバスマットならこれで決まりでしょう。

  • 素材:ポリエステル100%
  • サイズ:45×60㎝

バスマットふかふか快適、瞬間吸水、速乾40×60㎝(足ふきマット):¥1,098

出典:http://amzn.asia/8grCZCm

こちらもマイクロファイバータイプのバスマットです吸水力・速乾性の高さと肌触りが特徴で、バスルームだけでなく、リビングやキッチン、玄関などにも使用できます。カラーバリエーションが豊富なところもポイントです。

  • 素材:ポリエステル
  • サイズ:40×60㎝
  • カラー:ベージュ、パープル、ピンク、レッド、グリーン、ブルー

バスマット、ソフワ(36×50cm)ベージュ:¥457

バスマット ソフワ 〔36×50cm〕ベージュ
販売価格 ¥457
(2018年2月1日0時53分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/8w7Drar

「ソフワ」という名の通り、踏み心地を重視したバスマットです。柔らかく、吸水速乾性に優れているため、いつでも快適に使えます。滑り止め加工も施されているので安心して使えます。ユーザーの口コミからも、「安いのに吸水性が高い」と好評さが伺える商品です

  • 素材:ポリエステル100%
  • サイズ:50×36㎝
  • カラー:ベージュ、ブルー、ブラウン、ピンク

アイメディアマイクロファイバー吸水速乾特大バスマット:¥1,645

出典:http://amzn.asia/gwhTWAO

こちらは吸水性と放湿性の高さを売りにしたマイクロファイバーバスマットです。口コミを見ると、「大きくていい」「吸水性がいい」「すぐに乾く」など総合的に高評価を得ていることが分かります。もちろん滑り止め加工付きなので、安心して使えます。

  • 素材:ポリエステル100%
  • サイズ:60×100
  • カラー:チョコブラウン

soilバスマットライト珪藻土日本製:¥8,100

soil 珪藻土 バスマット ライト
販売価格 ¥8,100
(2018年2月1日0時54分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/0EghK9k

ソイルの「珪藻土バスマット・ライト」です。ソイルの珪藻土バスマットは日本製で、いわずもがな吸水性・速乾性に優れており、珪藻土本来の色味を製品に取り込んでいるという特徴があります。口コミからも「サイズがいい」「安定性がある」「吸水性が高い」と製品の質の高さが伺えるバスマットです。

  • 素材:珪藻土
  • サイズ:42.5×57.5㎝
  • カラー:ナチュラル

AngLink珪藻土バスマット:¥3,099

AngLink 珪藻土バスマット
販売価格 ¥3,099
(2018年2月1日0時55分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/2sapY0Q

最後に紹介するのは、AngLinkの「珪藻土バスマット」です。こちらの珪藻土バスマット漂白処理をせずに珪藻土本来の色合いと、天然素材本来のよさをそのままバスマットに使用しています抜群の吸水力と速乾性はもちろん、脱臭性や湿度調整効果も備えたおすすめのバスマットと言えます。

  • 素材:珪藻土
  • サイズ:60×40cm

まとめ

様々なメーカーがバスマットを生産していますが、こうして商品を並べてみる、メーカー別にバスマットを選ぶより「素材別」でバスマットを選ぶ方がいいことに気づきます。

バスマットの素材は、「コットン」「リネン」「珪藻土」「マイクロファイバー」の4種類が一般的です。まずはこの中からお気に入りの素材を決めましょう。

素材が決まったら、価格帯やメーカー別に、お気に入りのデザインのものなどを選びます。

長く使うとはいえ、水に触れるバスマットは手入れを怠ると劣化します。いくつか試して、自分にとってのベストバスマットを見つけていってくださいね。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの専門会社「ハウスマート」のスタッフが、中古マンションの物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top