マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!中古マンション売買の専門会社Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【おすすめ工具箱】diy用・バイク用・自転車用?『工具箱の選ぶポイント』をメーカー別に比較!

【おすすめ工具箱】diy用・バイク用・自転車用?『工具箱の選ぶポイント』をメーカー別に比較!

diyやバイク・自転車のメンテナンスに欠かせない工具箱。様々な種類があるのをご存知でしょうか。こちらの記事では工具箱の選び方から、おススメメーカー、お手入れ方法までご紹介いたします。また、安い、持ち運びしやすい、バイクグッズ用、自転車グッズ用などの切り口からもおすすめな工具箱をご紹介いたします。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

工具箱の選び方

サイズ

工具箱をつかうシチュエーションによって、サイズは大きく変わります。生活のための最低限の日常使いならば、コンパクト軽量なものがおすすめ。本格的なdiyやお仕事でつかわれるかたは、大物工具も収納できる大型サイズの工具箱を選びましょう。

工具箱の形

何をいれるか、どんな状況で使うかによって、工具箱の形も大きく変わります。
以下に、それぞれの形の工具箱のメリットデメリットを紹介していくので、参考にしてくださいね。

ボックスタイプ

もっともオーソドックスなタイプです。ステンレスやアルミなどの軽量で硬質な素材で作られていることが多く、一般家庭の工具箱としては人気の高いタイプ。ごつごつとした工具をたくさん収納するために、耐久性の高いボックスタイプの工具箱はベターと言えます。

規格サイズなボックスタイプの工具箱であれば、棚や車のトランクへの収納時にも、場所をとることなくコンパクトにすき間に入るので便利です。

デメリットは、持ち運びの際にガタガタとうるさいこと。そしてよほどメーカーのこだわりがない限り、『ダサい』『野暮ったい』というイメージ。デザイン性はのぞめないでしょう。

中に工具を詰めすぎると、耐久性が勝てずにあっという間に壊れてしまうこともあります。中身とのバランスを見て、ベストのサイズを選ぶことが重要ですが、工具はあとからあとから増えるものなので、最初の選択が難しいかもしれませんね。

キャビネットタイプ

職人さんや、仕事で工具をたくさん使われる方には、キャビネットタイプの大容量入る工具箱がおすすめです。工具そのものを入れる大きな箱以外にも、小さなねじやパーツを収納できるケースが附属しているキャビネットタイプは、夢のような工具箱。

diyから火がついて、キャビネットタイプの工具箱に行きつく人も珍しくありません。
キャビネットタイプのデメリットは効果であるという事。『便利』と『金額』は常に比例しているということでしょうか。

日曜大工のスキルアップをしたいと願う方は、思い切ってキャビネットタイプを選んでみてください。

バッグタイプ

工具箱をもって外出することの多い方は、バッグタイプがおすすめです。持ち運びする前提で作られているバッグタイプの工具箱ならば、重い工具の移動も多少楽になるでしょう。革などの軽量素材で作られていることが多いため、スチール製などに比べると軽いことがおすすめポイント。

革製品なので、見た目のデザイン性も高いものが多いでしょう。
デメリットは製品そのものが少ないため、選び幅がせまいこと。そして効果であること。また、革製の場合はスチールなどに比べると、耐久性も劣ると考えられます。

工具箱の材質

では次に材質別のメリットデメリットも見ていきましょう。

アルミニウム製

耐久性の高さと軽さの2つのメリットを合わせ持つアルミニウム。おまけに安価なので、工具箱の素材としては選ばれやすいです。

加工しやすい材質なので、オリジナルの変形ボックスタイプもあります。しかし変形しやすい特性は、中に入れる工具の重さや硬さに負けてしまうこともあります。

スチール製

アルミニウムと同等の、特性の中でも、耐久性の高さはアルミニウムに優ります。その分加工幅が少なく、真四角の遊びのないデザインになる可能性も。

永遠にさびないわけではないけれども、かなり過酷な環境もさびにくく耐えてくれますよ。

樹脂製

工場のラインに乗って生産しやすく耐久性の高い樹脂製品は、工具箱としては最も一般的と言えるのではないでしょうか。プロから日曜大工まで、幅広いユーザーに選ばれています。

使う樹脂の種類によって耐久性も価格も幅があります。耐久性や密封度を追求したものから、プチプラの壊れやすいものもあるため、買う時に価格とのかねあいを考えましょう。

布製

工具という固くごつごつしたものを収納する工具箱だけに、耐久性の弱いと思われる布製品はあまりありません。と思いきや、小型のベルト装着タイプの工具収納ケースなどは充実しているため、工具箱と複合的に使う人も多そうです。

プラスチック製

安価で加工しやすいという点で、プラスチック製の工具箱は多数商品化されています。デザイン性もカラーも幅が広くおしゃれです。中に細かい仕切りを付けるなどの工夫もしやすいのは、プラスチックという素材の持つ特性ですね。耐久面では他の素材よりも劣る面がありますが、ハードな工具を入れなければ問題ありません。

おすすめ商品(サイズ、素材、価格、重量、形を箇条書きで)

工具箱のおススメメーカー紹介

TRUSCO

「がんばれ日本のものづくり!」とコンセプトに、製造業の現場をささえるツールを多数開発生産している、縁の下の力持ちの会社です!

リングスター

大阪に本社をかまえ、奈良に多数の営業所や工場をもつリングスター。永年続く人の営みの中で、時代とともにかわっていくものを柔軟に捉えながらも、変わってはいけないものをしっかりと軸に据えたものづくりを実践。工具箱よりも、釣り具商品を多く生産している会社として知られています。

TOYO

正式名称は『東洋スチール株式会社』です。会社名からもお分かりの通り、スチール加工技術にたけた工具箱メーカー。
ハードな使用に耐えうる金属製と、継ぎ目のないデザイン性の高い加工を旨に、おしゃれで丈夫な工具箱をいくつも商品化しています。

アイリスオーヤマ

工具箱、と言えばアイリスオーヤマをイメージする人も多いのではないでしょうか。安価で耐久性の高いアイデア商品を多数出しているので、ホームセンターやネットショップで目にすることも多いメーカーです。

ボッシュ

プロフェッショナル向けの工具から、DIY向けの工具まで幅広く商品を出しているボッシュ。ドイツ発祥の工具メーカーとして、国内でも人気があります。

明邦化学工業

大阪に本社を置く日本のツールメーカーです。昭和58年に創業して以来、こつこつと実績を積み上げてユーザーの支持を得てきた堅実な経営スタイルです。使い手のニーズに合わせた工具箱作りに精通。プラスチック製品が主体の会社です。

Astage

金物卸売業から始まったツール会社。現代の商品ラインナップを見ると、おもにプラスチック製品が主体ですが、スチール製や布製など幅広い素材を加工しての道具作りを展開。

お値段控えめのおすすめ工具箱

出典:http://amzn.to/2DRkuny

家庭で使うような簡単な工具だけならばこれで十分!HPではお裁縫箱としての実例も紹介されていました。小分けの棚が便利ですね。



自転車の道具をしまうおすすめ工具箱

出典:www.ringstar.co.jp/products/superbox/index.html

自転車修理のための工具。下駄箱の中などにバラバラしていると邪魔ですよね。そんな時におすすめなのはこちら、リングスターのSR‐530です。耐久性の高い樹脂製品。同梱されている小分けケースが、細かい自転車パーツの収納にぴったりです。

バイクの道具をしまうおすすめ工具箱

&NUT×東洋スチール STEEL TOOL TRUNK 日本製 [ T-410 ] ツールボックス 収納
販売価格 ¥5,184
(2018年1月31日21時19分時点の価格)

出典:www.toyosteel.jp/trunk-box.html

バイクの工具はスパナやレンチといった、いかにも工具箱を破壊しそうな強者が多数!なので耐久性の高そうなこちらにしました。中に荒々しい工具が入っているなんて想像だにさせない、スマートな外観がウリです。継ぎ目のないスチール加工品なので、よくみると角のカーブなどに東洋スチールという会社の底力を感じるほどの美しさが見られます。

工具箱には何をしまうのか?

コンベックス・メジャー

タジマ Gロック-25 10m 25mm幅 メートル目盛 GL25100BL
販売価格 ¥2,644
(2018年1月31日21時21分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/f4Xriyv

一般的に耳にしない名前ですよね。メジャーならばわかるけど、コンベックスってどういう意味なのでしょうか。コンベックスメージャーは、メジャーの中でも引き出した測定するテープ部分が凹型に加工されて、先端に爪がついているものです。

工事現場などで使用され、テープを引き出すと真っ直ぐに自立してくれるのがポイント。工具を使うシチュエーションでは重宝しますね。

テープ部分を衝撃から守るために、樹脂加工で耐久性をあげた写真のような商品もあれば、100均でも購入可能です。

ドライバー

ネジなどを着脱するためのツール。工具としてのドライバーなので、サイズや長さ、先端のタイプなどにこだわるたびに、本数が増えそうですね。

ノコギリ

DIYにはかかせないノコギリです。日曜大工には大きすぎるというものから、女性でも安心して使える糸鋸タイプまで幅広いタイプがあります。用途によって買い分けましょう。

金ヅチ・ハンマー

仕事などで使う人以外は、一つあれば十分の金ヅチ・ハンマーです。くぎを打ち込む作業には必要不可欠ですね。

モンキーレンチ

KENOH モンキーレンチ 200mm
販売価格 ¥464
(2018年1月31日21時24分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/2TtvgtS

大きなボルトやネジを回すのに便利なモンキーレンチ。ネジのサイズに合わせて、幅を調整できるレンチが一本あるだけで、作業がスムーズに進みます。

クランプ

SUN UP 工作台用クランプ 大 CS-15
販売価格 ¥362
(2018年1月31日21時29分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/dYOkij6

写真を見てもなお、「これなに?」とわからない人もいるかもしれません。クランプは、台とものをはさんで固定する道具です。力作業をしつつも、ずれは許されない。そんなときにクランプは大活躍です。台にしっかりと固定して作業することができます。

タッカーホチキス(ガンタッカー)

高儀 GISUKE パワーハンディータッカー PWHT-100
販売価格 ¥1,225
(2018年1月31日21時31分時点の価格)

出典:http://amzn.asia/022ohgW

こちらは手動のタッカーホチキスです。よく使う方は電動のタッカーホチキスをおすすめします。工具箱の中のジャイアン…といったところでしょうか。とにかく大きくて硬くて他の工具を押しのけてしまいますが、これがあれば硬いもの同士の接着もスムーズに進みます。

工具箱のお手入れ方法・注意点

工具箱は定期的にお手入れすることをおすすめします。

特に「日当たりに置きっぱなし」「高温に置きっぱなし」という工具箱は、定期的に中身をチェックして、樹脂などが溶けていないかを確認しましょう。

DIYなどで使う方は、年に1~3回は中身を全部取り出して掃除。その際に、中の工具でサビがないかをかならずチェックしてくださいね。一つでもサビがあると、他の工具も劣化する可能性があります。

工具箱をDIYする方法

DIY大好きな方は、まれに工具箱そのものを作ることもあります。自分で作成する場合は、素材は主に『木』か『布』ですね。どちらも耐久面ではスチール製や樹脂製に劣ります。

工具箱をDIYするメリットは、自分の持っている工具にぴったりのサイズの工具箱を作ることができることですね。

  1. 自分の持っている工具をすべて並べて、すべてが収まるサイズを計算する。
  2. うえで計算した「たて・よこ・たかさ」のサイズに合わせた木か布を用意する。布の場合は別途ミシンや針・糸。木の場合はくぎ・木工用ボンド・蝶番パーツ・錠・取っ手・ニスなどを用意する。
  3. 布はミシンで、木はくぎで素材をつなぎ合わせて成型する。

かけあしで紹介いたしましたが、自分だけのオリジナル工具箱を作るほど、工具を愛している方ならば製作可能でしょう。作る際に、既製品の利便性を参考にすると、完成品も充実した作品になります。

まとめ

工具箱の種類を、メーカーや素材別に紹介してきましたが、参考になりましたか?何のための工具なのかという、用途別に工具箱を選び分けることが大切です。大切な工具を長く使い続けるためにも、工具箱の選択とお手入れは重要ですね。うえの記事を参考に、自分だけのお気に入り工具箱を、是非とも探し当ててください。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの専門会社「ハウスマート」のスタッフが、中古マンションの物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top