マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!中古マンション売買の専門会社Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

スチームアイロンおすすめ10選! スペックと選び方をご紹介

スチームアイロンおすすめ10選! スペックと選び方をご紹介

巷で人気のスチームアイロンですが、さまざまな便利機能がついていても、何をどう使えばよいかわからないという人も多いようです。また、アイロンの種類の違いや性能で上手に使いこなせている人は意外と少ないようです。

ここで、スチームアイロンに向いている素材や使い方、メリット・デメリット、性能や特長などをご紹介しますので、上手なスチームアイロンの選び方の参考にしてください。また、迷う方はスチームアイロンのおすすめ8選からお選びください!

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

見出し

スチームアイロンとは?

『スチームアイロン』とは、高温で大量の蒸気を衣類に当ててシワを伸ばす方式のアイロンのことです。他に、高熱で衣類のシワを伸ばす方式は『ドライアイロン』といい、ハンガーなどに掛けた状態で衣類に高温の蒸気を当てたり、アイロン面を軽く当てたりしてシワを取る方式は『衣類スチーマー』といいます。一般的に『アイロン』と呼ばれるものは、この3種類です。

スチームアイロンのメリット・デメリット

とても人気の高いスチームアイロンですが、スチームアイロンにもメリットとデメリットがあります。ですが、スチームアイロンの性能やメリット・デメリットを理解して、上手に使えている人は少ないようです。

メリットはそのまま享受して、デメリットはカバーする使い方をするなど、性能を使いこなすことが大事です。その長短を解説しますので、よく理解して選び方の参考にしてください。

メリット

まずは、スチームアイロンのメリットからご紹介します。

  • コンパクトで軽量化された商品が多くアイロンがけがしやすい
  • 通電して使えるまでの時間が短く、時短でアイロンがけができる
  • アイロン台をわざわざ出す必要がない
  • スーツやシャツなどハンガーにかけたまま手軽にシワを伸ばせる
  • 高温でテカリや縮みやすい素材の衣類も蒸気だけ当てることで掛けられる
  • 消臭・殺菌・除菌・防虫効果がある
  • クリーニング代の節約になる
  • スラックス・スカートのプリーツなどの折り目をつけやすい
  • 素材の糸をふっくらさせてセーターやスーツの生地を風合いよく仕上げる

デメリット

次に、スチームアイロンのデメリットについてお話しします。

  • 綿・麻素材などの深いシワをしっかり伸ばせない
  • アイロンが軽量だと生地のシワに重みがかけられず伸ばしにくい
  • スチームの蒸気の量やスチームパワーが商品によってさまざま
  • ハンガーにかけてアイロンがけすると縫い目に戻りシワができることがある
  • 給水し難いものや給水量の少ないものは使いにくい
  • 使い方のコツがわかるまで扱いにくいことがある

スチームアイロンの選び方

スチームアイロンのメリットとデメリットをお分かりいただけたところで、スチームアイロンの上手な選び方へと進みましょう。スチームアイロンの価格の違いもこれから挙げる9つのスペックで変わってきます。

それぞれ一長一短ですので、9つのスペックをおさえてあなたの用途に合う最適なスチームアイロンを選んでください。

アイロン面

アイロン面が大きいと細かいところをかけるのにコツが必要ですが、アイロン面が小さいと広い面積をかけるのに何度も往復してかけなければなりません。

家族の衣類をかけることが多いのか、シーツやテーブルクロスなどの大物が多いのか、よく使う用途を重視してチェックしながら選択します。またWヘッドなどかけやすさに特化した商品もあります。

アイロン面の素材もいろいろあってすべり具合が違い、アイロンのかけ心地を左右する大事なスペックです。フッ素、チタン、セラミックが代表的な素材で、セラミック系はすべりがよくお値段も高くなります。

フッ素系

フッ素加工されたアイロン面は比較的安価で手に入りますが、傷がつきやすくアイロンがけのすべり具合は今一つよくないと言えます。

チタン系

耐久性もアイロン面のすべり具合もよく、価格から考えてもバランスのよい商品が多いのが特長です。なかでもシルバーチタンコートは、耐久性とアイロン面のすべり具合をさらに強化した優れものです。

セラミック系

上位モデルに多く採用されていて耐久性とアイロン面のすべり具合は優秀ですが、価格が高い傾向があります。

その他の素材

その他の素材に、ステンレス地にニッケルコーティングをされたものがありますが、アイロン面のすべり具合はセラミック系を越える秀逸さです。

また、ボロンコートというダイヤモンドに次ぐ硬さのものなど、アイロンのすべりやすさやかけ具合は、各メーカーのこだわりが見えるところです。

コード

コードがあるアイロンは、特に細かい部分をかけるのにコードが邪魔でコツが必要ですが、常時通電して高い温度を維持できるので大量のアイロンがけをする人に向いています。

コードレスはコードを気かけることなく手軽にかけやすいですが、電源コードにつないだ専用の台において蓄熱して余熱でかけるため、長い時間かけられず数分おきに蓄熱しながら使わなければなりません。

すっきりした収納を考えるのでしたら、コードリール式かどうかもチェックしておきたいところです。コードリール式は、コード有りタイプは本体に、コードレスタイプは置台にコードを巻き取り収納します。

スチーム

スチームの出る量でスチームアイロンのお値段も変わってきます。1万円の大台を超えてくるスチームアイロンは、出るスチームが広範囲にわたり多量にでるので、シワを伸ばすパワーがあります。基本的にスチームが出る量の目安は、8~10g/分以上を選ぶと家庭用には十分です。

重量

アイロンは重過ぎると動かすのに大変ですが、軽すぎるとしわを伸ばすために生地を引っ張ったり、重みをかけたりする必要があります。また、アイロン本体の重量は、アイロン面の大きさにも関わってきます。

シーツやシャツなど折り目をきちっとさせたい人は、1~1.5kgくらいの重量を選ぶべきです。ちょこっとがけやハンガーにかけて手に持ったままかけるのであれば、1㎏以下を選ぶことをおすすめします。

消費電力

商品電力が大きいものほどパワーがあって、たくさんの熱量を発します。一般家庭で使う場合は、1000W以上あればよいでしょう。持ち運びできるハンディータイプなどは、600W以下の製品もあります。

スチームタンク

意外と見落としがちなスペックが、スチームタンクの容量です。スチームを発生させるためには水が必要ですが、給水タンクの容量が小さいと直ぐにスチームが出なくなり、何度も給水する羽目に陥ります。

かといって、給水タンクの容量が大きければ大きいほど、本体のサイズも大きくなり重くなります。

一度にアイロンがけをする量によってバランスよく選ぶとよいでしょう。給水タンクは本体に直接ついているものと外せるカセット式のものがあります。カセット式のタンクの方が給水しやすく便利です。

スチーム立ち上がり時間

スチームアイロンのメリットは、なんといっても手軽に素早くシワ伸ばしや臭い取りが時短でできるところです。

そこで、通電してスチームが出てアイロンをかけられるまでの時間、つまり立ち上がり時間が短い方が便利です。朝の忙しい時も、立ち上がりが早ければ、慌てずしっかりシワ伸ばしや消臭ができますね!

スチーム持続時間

タンク容量が同じでもスチームの発生量や威力はそれぞれで、持続時間も異なります。アイロンがけにかかる時間とスチームの持続時間とのバランスを考えて選びます。

安全性

アイロンは、アイロンがけの最中に高温のまま立てて置く時間があり、このときにやけどなどのアクシデントが起こりやすくなります。

立てて置いておく際に安定性があるか、またオートオフ機能など、スイッチを消し忘れても火事などの事故防止になる自動停止機能があるかどうか、安全性についても十分配慮して選ぶ基準にします。

お手入れ方法・注意点

水道水をスチームタンクに入れて使用していると水垢の成分がスチーム孔にたまってふさがったりします。また、給水タンクに残ったお水は毎回必ず捨てないと雑菌やカビ、水垢発生の原因になります。

メーカーによっては、水垢防止機能やスチーム孔の目詰まり防止機能などがついているタイプもあるので、気になる人はそんな機能付きを選択するとよいでしょう。

上手にアイロンをするコツ

上手にアイロンがけをするコツは、用途によってかけ方を変えることです。シワを伸ばすときは、アイロン面をぴったり生地につけてすべらせます。この時、アイロンをすべらせる方向に生地を軽く引っ張りながらかけると、シワが伸びて仕上がりがよりきれいです。

折り目をつけるときは、アイロンにゆっくり重みをかけて押さえます。

また風合いを出すために生地をふんわりさせたいときは、アイロン面を生地からちょっと浮かせて蒸気を当てます。

シャツのアイロンがけのコツ

アイロンは、かけるものによってもコツが必要です。シャツなどをきれいにかけるコツは、襟周りの首元・前立て・カフスをきれいに仕上げるとアイロン上手に見えます。

また、かける順番は、袖→袖口→肩→右前身ごろ→後ろ身ごろ(背中)→左前身ごろ→襟元の順にかけるとよいです。

アイロンをかける生地の素材によってスチーム・ドライ、また、温度設定も低・中・高と使い分け生地を傷めないようにしましょう。

パンツ、スラックスのアイロンがけのコツ

生地からアイロンを浮かせて全体にスチームをかけ、スチームを浸透させて生地が熱を持っているうちに引っ張ってシワを伸ばします。

裾やウエストベルトや胴回りのあたりをピシッとさせたいときや折り目をつけたいときは、アイロンに当て布をしてゆっくり重みをかけて押さえながらシワを伸ばして仕上げます。

スチームアイロンのおすすめ商品8選

まだ、迷っている人のために、人気のスチームアイロンのおすすめから厳選して、8商品ご紹介します!

ライフスタイルや用途によって、スチームの出る量や給水の仕方、給水量などスペックをよく比較検討しましょう。

スチームアイロンのおすすめメーカー紹介

スチームアイロンで人気のメーカーは、下記の四つになります。それぞれの特長と共にご紹介します。

パナソニック(Panasonic)

幅広いモデルのラインナップで人気のパナソニックは、人気TOPの常連メーカーです。上位モデルのWLシリーズなどは全方向に動かしやすいWヘッドスチームを採用したり、衣類スチーマーのモデル展開をしたりするなど進化を遂げています。

ティファール(T-fal)

スチームの強力さが売りのティファールは、プレスがしっかりできると評判です。アイロン面の広さやスチーム機能などアイロンがけの量が多めの人向きのモデルを多数展開しています。衣類スチーマーのラインナップも必見です。

ツインバード(TWINBIRD)

ハンディータイプで人気が高くロングセラー商品も出ているツインバードです。ハンディータイプをお探しときは、スチーム機能搭載のロングセラー商品がおすすめです。価格も安めに設定してあり、ハンガーにかけたまま手軽にシワと臭いを取ることができるのが、人気の秘密です。

東芝(TOSHIBA)

老舗のアイロンメーカーである東芝は、選択肢の多さが魅力です。コードレス・コード付き・ドライアイロン・小型ハンディ・ハンガースチーマーなど取り扱い機種が多く、選ぶのに迷うほどの豊富な種類で、幅広いニーズを網羅します。

安いおすすめスチームアイロン紹介

スチームアイロンを購入する際、「とにかくシワ伸ばす目的を果たせれば、多種多様な機能はいらないよ」という条件なら、かなり安価で手に入れることが可能です。その中から、コストパフォーマンスに優れた人気のおすすめ商品をご紹介します。

ニトリ スチーム・ドライ兼用スチームアイロン

1,000円台という驚きのお値段のニトリのアイロンをご紹介します。口コミを見てみると一人暮らしであれば事足りるという性能のようで、『お値段以上!』なのかどうかはクリアしている模様です。

ただし、スチームだけでシワを伸ばそうとするには無理がありますので、ドライとスチームを上手に切り替えて両用しましょう。スチームアイロン ニトリ

  • 商品名:ニトリ スチーム・ドライ兼用スチームアイロン
  • 価格:1,290円(税込)
  • サイズ:約 幅240×奥行き100×高さ122mm
  • カラー:ターコイズブルー、ローズ、ホワイト
  • アイロン面:フッ素樹脂コート
  • コード形態:コード有りタイプ 長さ1.8m
  • コード収納:なし
  • 重量:640g
  • 消費電力:1000W
  • スチームタンク容量:170ml
  • スチームタンク方式:本体直接注入

パナソニック コード付きスチームアイロン NI-S55

コンパクトで取り回しもよくスチーム孔が29個もあり、口コミでもコスパに優れていると人気の高いパナソニックのスチームアイロンNI-S55です。タンク容量が多いのも魅力です。スチームアイロン panasonic

  • 商品名:パナソニック コード付きスチームアイロン NI-S55
  • 価格:2,012円(税込)
  • サイズ:約幅113×奥行256×高さ135mm
  • カラー:ピンク、ブルー
  • アイロン面:チタン系
  • コード形態:コード有りタイプ 長さ1.9m
  • コード収納:なし
  • 重量:1kg
  • 消費電力:1000W
  • スチーム量:平均9g/分
  • スチームタンク容量:200ml
  • スチームタンク方式:本体直接注入

この商品の詳細はこちら

ティファール 2in1スチームアンドプレス8620

どちらかというと価格設定が高めのティファールの中で、手に入れやすい価格のハンディタイプスチームアイロンです。

ティファールならではのパワフルスチームはそのままで、70秒で立ち上がりハンガーにかけたままスチームできる手軽さや、アイロンに切り替えてしっかりプレスもできるなど、使い勝手がよい1台2役のガーメントスチーマーになっています。スチームアイロン t-fal

  • 商品名:2in1スチームアンドプレス8620
  • 価格:4,200円(税込)
  • サイズ:幅388×長さ95×高さ127mm
  • 立ち上がり時間:70秒
  • アイロン面:フッ素系
  • コード形態:コード有りタイプ 長さ3m
  • コード収納:なし
  • 重量:835g
  • 消費電力:950W
  • スチームタンク容量:70ml
  • スチームタンク方式:カセットタイプ

この商品の詳細はこちら

ジャパネットでも紹介された!おすすめスチームアイロン

面倒だったアイロンがけが変わる!という謳い文句で、スチームの強力さが売りのジャパネットのおすすめスチームアイロンをご紹介します。ジャパネットの特徴でもある付属品として、アタッチメントが3つも付いています。

アイロン スチームQ SE4874

スチームアイロン sq4874

  • 商品名:アイロン スチームQ SE4874
  • 価格:10,778円(税込)
  • カラー:セラミックホワイト、メタリックブルー、ルビーレッド、シャンパンゴールド
  • サイズ:幅350×奥行80×高さ75mm
  • 立ち上がり時間:40秒
  • コード形態:コード有りタイプ 長さ2.5m
  • コード収納:なし
  • 重量:600g
  • 消費電力:800W
  • スチームタンク方式:本体直接注入

この商品の詳細はこちら

コードレスでおすすめスチームアイロン

コードレスでおすすめのスチームアイロンをパナソニックと東芝から競合するふたつの商品をご紹介します。

パナソニック カルル NI-WL704

東芝よりコンパクトで重さもお値段も少し軽いパナソニック。

立ち上がり時間も早く時短でアイロンがけができます。また、給水タンクが透明で見やすく入れやすいのも便利です。

スチームアイロン カルル

  • 商品名:パナソニック カルル NI-WL704
  • 価格:12,654円(税込)
  • サイズ:約 幅110×高さ130×長さ226mm
  • カラー:ピンク、ピンクゴールド、ゴールド
  • 立ち上がり時間:約1分40秒
  • アイロン面:ステンレス地ニッケルコーティング(セラミック系を越える秀逸さ)
  • コード形態:コード有りタイプ コードレスタイプ
  • コード収納:置台コードリール式(長さ1.6m)
  • スチーム量:11~13g/分
  • 重量:1.1㎏
  • 消費電力:1400W
  • スチームタンク容量:160ml
  • スチームタンク方式:カセットタイプ
  • スチーム持続時間:最長約180秒

この商品の詳細はこちら



東芝 美(ミ)ラクルLa・Coo TA-FLW900

パナソニックより少しだけ広いアイロン面で、重みもありますがすべりがよく、ボタン周りなど細かいところにもアイロンの先が入って当てられるようになっています。

スチーム量はパナソニックとほぼ同じですが、東芝の方が集中ショットという威力のあるスチームが出せるようになっていて、蓄熱もよくパナソニックより長く温度を保てます。

スチームアイロン 東芝

  • 商品名:東芝 美(ミ)ラクルLa・Coo TA-FLW900
  • 価格:13,685円(税込)
  • サイズ:長さ230×幅115×高さ124mm
  • カラー:グランレッド、サテンゴールド
  • 立ち上がり時間:約2分15秒
  • アイロン面:ボロンコート(ボロンとはダイヤモンドに次ぐ硬さ)
  • コード形態:コードレスタイプ
  • コード収納:置台コードリール式
  • スチーム量:13g/分
  • 重量:1.2㎏
  • 消費電力:1420W
  • スチームタンク容量:120ml
  • スチームタンク方式:カセットタイプ
  • スチーム持続時間:最長約260秒
  • 備考:オートパワーオフ機能
  • 安全性:置台がアイロンより大きくやけどし難い

この商品の詳細はこちら

ハンディータイプのおすすめスチームアイロン

ハンディータイプのいいところは、ハンガーにかけたまま手軽にかけられるところと臭いを除去してくれるところです。ハンディータイプのおすすめは、ふたつあります。

ひとつは、安価で使い勝手がよくて人気のツインバード ハンディーアイロン&スチーマーで、もうひとつは、口コミでも高評価のティファールのアクセススチームです。

ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084BL

スチームアイロン ツインバード

  • 商品名:ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084BL
  • 価格:2,755円(税込)
  • アイロン面素材:フッ素樹脂塗装
  • サイズ:幅345×奥行76×高さ96mm
  • コード形態:コード有りタイプ 長さ2.5m
  • コード収納:なし
  • スチーム量: 0.2ml/回
  • 重量:930g
  • 消費電力:800W
  • スチームタンク容量:100ml
  • スチームタンク方式:本体直接注入

この商品の詳細はこちら

ティファール アクセススチーム

アクセススチーム

  • 商品名:ティファール アクセススチーム
  • 価格:7,658円(税込)
  • サイズ:110×180×283mm
  • 立ち上がり時間:45秒
  • アイロン面:ステンレス
  • コード形態:コード有りタイプ 長さ3m
  • コード収納:なし
  • スチーム量:23g/分
  • 重量:900g
  • 消費電力:1200W
  • スチームタンク容量:185ml
  • スチームタンク方式:カセットタイプ
  • スチーム持続時間:最長18分

この商品の詳細はこちら

おすすめズボンプレッサー

番外編として男性に人気の高いズボンプレッサーもご紹介します。

ツインバード パンツプレスSA-4625BL

パンツプレス二重シワを防ぐレスシートとセットのときにシワやヨレを確認できる2段ロック機構で仕上がりに差が出ます。

また、上部にポケットの中のものを置ける収納付きなので、財布や携帯を置いておくと、次に履くときに忘れません。

  • 商品名:ツインバード パンツプレスSA-4625BL
  • 価格:8,480円(税込)
  • サイズ:約 430 × 400 × 900 mm
  • カラー:ダークブルー
  • かけ面温度:約70度
  • コード形態:コード有りタイプ 長さ約1.9m
  • コード収納:なし
  • 重量:約6.2㎏
  • 消費電力:300W
  • 安全性:オートオフ機能付き
  • 備考:縦型据え置きタイプ

この商品の詳細はこちら

東芝 ズボンプレッサーHIP-T36

二重線シワを防いで折り目をつけてくれるプレスシート採用。ズボンをプレス中に上着をかけておけるハンガーがついています。

東芝ズボンプレッサー

  • 商品名:東芝 ズボンプレッサーHIP-T36
  • 価格:12,603円(税込)
  • サイズ:約1050x485x405mm
  • カラー:シルバー
  • かけ面温度:約75度
  • コード形態:コード有りタイプ 長さ約1.9m
  • コード収納:なし
  • 重量:約8.5㎏
  • 消費電力:280W
  • 安全性:オートオフ機能付き
  • 備考:縦型据え置きタイプ

この商品の詳細はこちら

まとめ

ここまで読んで下されば、もう、失敗も迷いもなくスチームアイロンを購入できるようになっているはずです! 

おさらいとして、スチームにこだわる派は、ティファールかツインバードから選びましょう。いろんな機能や工夫が欲しい派は、ダブルヘッドが主流のパナソニックから選びましょう。また、アイロンのかけ心地や上位モデルを選びたい派は、東芝から選んでみてください。

後は、用途やあなたのライフスタイルからスペックを選んで機種を選択すれば、ぴったりのアイロンを手に入れることができ、パリッとした衣類で日々気持ちよく過ごせますよ!

編集部おすすめ

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

住宅購入は人生でも複数回あるかないかの、非常に高い買い物です。それ故にどうしても住宅本体の金額だけに目が行ってしまいがちなもの。 不動産取引においては、ついついこの諸経費の存在を忘れて契約まで進んでしまうケースが発生してしまいます。 本記事...

【永久保存】殿堂入り人気記事

知りたいことを検索

Return Top