マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

睡眠の友「マットレス」を徹底解剖してみた

睡眠の友「マットレス」を徹底解剖してみた

人間は人生の3分の1を睡眠時間に費やしているといいます。それほど長い時間を眠って過ごすのですから、使うマットレスも自分に最適なものを選ぶべきです。しかし、マットレスにはいろいろな種類があって、どれが自分に合っているのかよく分からないですよね。

今回は、マットレスの選ぶポイントと種類に、おすすめのメーカーを紹介します。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マットレスを選ぶポイント

1.寝返りがしやすいか

「寝返り」は身体の健康のために必要不可欠な行動です。人間は同じ姿勢で寝続けると、リンパの流れや血行が悪くなり疲労が溜まりやすくなります。結果、疲れが取れなかったり、腰痛を起こすなどの症状を起こす危険があります。健康を維持するためにも、マットレス選びは重要です。

2.通気性が良いか

マットレスは通気性が悪いと、ダニやカビなどが発生しやすくなります。これらは身体に悪いのはもちろん、アレルギーを持っている方は症状が悪化してしまう危険があります。

生産国がどこなのか、マット生地の素材に何が使われているかなどを確認して安全品質のマットを選ぶようにしましょう。

マットレスの内部構造

マットレスは製品によって内部構造が異なります。使われている素材によって、固さや寝心地が違い、それぞれに特徴があります。今回は、基本的なマットレス4種類を紹介します。

コイル系

ボンネルコイルマットレス

出典: http://www.bed-selection.com/matt_select/pocket_vs_bonnel.html

小売店などで多く販売されているコイル系マットレスです。コイルスプリングが1つずつ独立して、袋に入った構造になっています。日本ではビジネスホテルなどで多く採用されています。

メリット

コイルの品質にもよりますが、復元力を活かした素材なので耐久性に優れています。ノンコイルマットよりもへたりにくいので、ベッド初心者にもおすすめのマットレスです。

デメリット

硬鋼線のコイルを使用するので、マットレス自体が重たくなります。ちなみに、価格が高いマットレスほど耐久性向上のため加工されるので、さらに重たくなる傾向があります。

ポケットコイルマットレス

出典: http://www.sterior.com/mattressbed/pmbed.php

ポケットコイルはボンネルコイルよりランクが上位の優れた素材になります。ボンネルコイルよりも高品質で、耐久性が高い二重圧縮加工が施されています。

マットの構造は「ボンネルコイルマットレス」と同じで、コイルが1つずつ、独立した状態で袋に入っています。

メリット

独立したコイルで体を支えるマットレスなので、頭や腰など、体の比重に合わせて沈み込みます。そのため、寝る人の体型や姿勢に合わせた分散効果があり、身体に負担がかかりません。

また、コイルが一つずつ独立した構造なので振動が伝わりづらいのも特徴です。2人で使用する人やダブルサイズを検討している人におすすめです。

デメリット

同じコイルでもボンネルコイルよりも高品質な素材になるので、価格も高くなる傾向があります。

ノンコイル系

その名のとおりコイルを使用していないマットレスのことで、ウレタン素材を使用したマットレスが主流です。

高反発ウレタン

出典: https://www.achilles.jp/product/manufacturing-facility/airlon/high-repulsion/

ウレタン(スポンジ)を加工して作られたマットレスです。寝心地は固く、反発力に優れています。寝返りを打ちやすい素材でもあるので腰への負担が少ないのが特徴です。腰痛持ちの人に特におすすめです。

メリット

高反発ウレタンは通気性に優れた素材です。蒸れにくいマットレスは寝汗などの不快感を軽減させるので、夏シーズンでも快適に寝ることできます。

デメリット

高反発マットレスは多くのメーカーが販売しているので、その分種類も多くなります。メーカーによっては何も加工が施されていない、只のスポンジが使われたマットなどもあるそうです。しっかりメーカー保障がされているウレタンマットレスを選ぶようにしましょう。

低反発ウレタン

出典: http://www.敷布団.com/shingu/futon03.html

ウレタン(スポンジ)を加工して作られたマットレスです。寝心地は柔らかく、身体がゆっくりと沈み込むので、包まれるような感覚が特徴です。

メリット

低反発ウレタンは身体が沈み込むほど柔らかく、体温を逃しにくい保温性に優れた素材です。冬シーズンは、特に暖かく快適に寝ることができます。

デメリット

身体が沈み込んでしまうので体圧が分散されず、寝返りがうちづらくなります。人によっては、ほぼ同じ姿勢で寝てしまう場合もあるので、腰への負担が大きくなります。腰痛に悩まされている人には、あまりおすすめはできません。

腰痛持ちの方はこんなマットレスを選ぶべき

腰痛持ちの人は「固め」のマットレスを選ぶようにしましょう。固めのマットレスは体圧分散率に優れているので、無理なく寝返りがうてます。自然な寝姿勢を維持しながら睡眠が取れるので、腰への負担軽減に繋がります。

逆に避けるべきなのは、低反発系などの「柔らかい」マットレスです。

低反発マットレスは身体が沈み込み、包み込むような寝心地が魅力ですが、寝返りが打ちづらくなるため、腰痛持ちの人には逆効果になります。

手入れ方法

マットレスを清潔かつ、長く使うためには日々の手入れが重要です。健康のためにも、正しい手入れをするようにしましょう。

布団掃除機を使う

洗濯機などで洗えないマットレスは、布団掃除機を使って掃除をするようにしましょう。布団掃除機をかけた後、できれば日陰干しをして湿気を取り除くのをおすすめします。

マットの前後、裏表を入れ替える

マットレスを同じ向きで使い続けると、同じ部分に負荷が掛かってしまうためへたりが早く、マットレスの寿命を縮めてしまいます。定期的に前後、裏表のローテーションをするようにしましょう。そうすることでマットレスの寿命が延び、長く使うことができます。


おすすめのベッドメーカー

日本でも購入できる、おすすめのベッドメーカーとマットレスを紹介します。

1.テンピュールシーリー

出典: http://jp.tempur.com/mattress/cloud/supreme-21-TJP1076M.html

主に低反発マットレスを販売しているベッドメーカーです。テンピュールシーリーのマットレスに使われている低反発材は、宇宙機構「NASA」でも採用されている高品質のウレタン材になります。世界レベルの品質と寝心地を重視したマットレスを求めている人におすすめです。

クラウドスプリーム21

出典:http://jp.tempur.com/mattress/cloud/supreme-21-TJP1076M.html

  • Sサイズ:205,200円(税込)幅970mm、高さ210mm、奥行1950mm
  •  SDサイズ:226,800円(税込) 幅1200mm、高さ210mm、奥行1950mm
  • Dサイズ:259,200円(税込) 幅1400mm、高さ210mm、奥行1950mm
  • Q1サイズ:302,400円(税込)幅1600mm、高さ210mm、奥行1950mm
  • 商品URL:http://jp.tempur.com/mattress/cloud/supreme-21-TJP1076M.html

2.ドリームベッド

出典: http://www.serta-japan.jp/mattress/pos_list/pos_normal/

主にポケットコイルマットレスを販売しているベッドメーカーです。

ドリームベッドが扱っているブランド「サータ」のマットレスは、6年連続全米売上No. 1を誇り、世界の高級ホテルにも採用されています。比較的「固め」の作りで、高品質のポケットコイルを使用しているので、腰痛にお悩みの人は1度試してみてください。

サータ 「ポスチャーノーマル」

出典:http://www.serta-japan.jp/mattress/pos_list/pos_normal/

  • Sサイズ124,200円(税込) 幅970mm、高さ260mm、奥行1960mm
  • SDサイズ:145,800円(税込) 幅1220mm、高さ260mm、奥行1960mm
  • Dサイズ:162,000円(税込) 幅1220mm、高さ260mm、奥行1960mm
  • Q1サイズ:178,200円(税込) 幅1500mm、高さ260mm、奥行1960mm
  • 商品URL:http://www.serta-japan.jp/mattress/pos_list/pos_normal/

3.フランスベッド

出典: http://interior.francebed.co.jp/products/model.php?k=2&b=0002&t=none&m=020548

日本の老舗ベッドメーカーで、主にスプリングマットレスを販売しています。比較的「固め」の寝心地で、通気性にも優れた構造が特徴です。国産でありながらロープライスが魅力で、日本人が使用することに特化したマットレスになります。

DTー200

出典:http://interior.francebed.co.jp/products/model.php?k=2&b=0002&t=none&m=020548

  • Sサイズ56,160円(税込) 幅970mm、高さ230mm、奥行1950mm
  • Mサイズ:66,960円(税込) 幅1220mm、高さ230mm、奥行1950mm
  • Dサイズ:77,760円(税込) 幅1400mm、高さ230mm、奥行1950mm
  • WDサイズ:88,560円(税込) 幅1540mm、高さ230mm、奥行1950mm
  • 商品URL:http://interior.francebed.co.jp/products/model.php?k=2&b=0002&t=none&m=020548

まとめ

マットレスの選ぶポイントと種類に、おすすめのメーカーを紹介しました。人の身体は個人差があるので、どのマットレスが合うかは本人でないと分かりません。ネットで情報だけを見て買うのではなく、実際に店舗に行って寝比べてみるのが一番です。是非、購入時の参考にしてください。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top