マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!中古マンション売買の専門会社Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

おすすめの電気ケトルをまとめて紹介します!

おすすめの電気ケトルをまとめて紹介します!

電気ケトルは生活をとても便利にしてくれる家電です。

お茶やコーヒーを飲むときはもちろん、パスタなどの料理を作る際に活用することでお湯を沸騰させる時間を短縮することができます。

現在、国産メーカーのケトルから外国のメーカーのものまで、多くの電気ケトルが販売されています。

今回は、その選び方とおすすめの電気ケトルをご案内します!

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

選ぶ基準

容量

一般的に販売されている電気ケトルの容量は0.6L~1.7Lとなっています。それ以上の容量のものが欲しい場合は電気魔法瓶(ポット)になります。

一人暮らしの方やコーヒー・紅茶用であれば0.6Lで十分かもしれませんが、料理に使う場合はもっと容量の大きものを選んだ方がよいかと思います。

ただし、容量の大きいタイプは重く、スペースもとるので注意しましょう。

時間

お湯を沸かすのにかかる時間も大切です。

例えば、ティファールの電気ケトルニューヴィテスプラスは、コップ一杯であればなんと50秒で沸きます!

また、比較する際に、消費電力を見るのも有効です。消費電力が高いほど、沸かすのにかかる時間は短くなります。

 機能

電気ケトルには様々な機能が付いています。

代表的なもので言えば、こぼれ防止機能や、保温、空だき防止機能などがあります。

ご自身にとって必要な機能を見極め、購入するようにしましょう。

デザイン

実用性を考え樹脂を使用した軽量タイプのものや、ステンレス製で高級感のあるものがあります。

形状もケトルらしいものからコーヒーポットのようなものまで多種多様です。

お部屋の雰囲気や利便性を考え、自分の好みのものを選びましょう。

それでは、おすすめの電気ケトルをタイプ別に見ていきましょう!

小容量タイプ

まずは一人暮らしにおすすめ、0.6L以下の小容量タイプから見ていきましょう!

タイガー魔法瓶 電気ケトル600ml 蒸気レス「わく子」

電気ケトルこちらは国内メーカー・タイガーの人気電気ケトル「わく子」シリーズの一つになります。

蒸気が出ないようになっているため、壁などの劣化を軽減できます。

転倒流水防止、保温や空焚き防止機能が付いているあたりはさすが国産メーカーではないでしょうか。

この商品の詳しい情報はこちら

0.8Lタイプ

次に、0.8Lタイプです。こちらは最も種類が豊富です!

ティファール 電気ケトル0.8L アプレシアプラス コンパクトモデル

電気ケトルフランスの人気メーカー・ティファールの電気ケトルでで、アマゾンのベストセラー商品です。

樹脂素材のため、軽くて使いやすいのがポイントです。

沸かすスピードも早く、満水の状態でも約4分10秒で沸わすことができます。

カラーネームはカフェオレです。シンプルな色なのでどんなお部屋にもマッチします!

この商品の詳しい情報はこちら

タイガー魔法瓶 電気ケトル800ml 蒸気レス「わく子」

電気ケトル先ほど紹介した「わく子」の800mLタイプになります。

機能は600mLのものと全て同じです。

万が一倒れても安全なので、小さいお子様のいる家庭でも安心してお使いいただきます。

この商品の詳しい情報はこちら

ラッセルホブス 電気カフェケトル 0.8L

電気ケトルラッセルホブスはイギリスに本社を置く家電メーカーです。

電気ケトルのほか、トースターやコーヒーメーカーなどを販売しています。

ステンレス製で、コーヒポットのような見た目が可愛い電気ケトルです。

普通のケトルじゃつまらないと感じている人におすすめです!

この商品の詳しい情報はこちら

1.0Lタイプ

続いて、3〜4人家族にぴったりな1.0Lをご紹介します

デロンギ kMix 電気ケトル

電気ケトルこちらの電気ケトルは、デザイン賞の受賞経験があるデザイナーがデザインしたものになります。

落ち着いたレッドは、キッチンにアクセントをもたらしてくれるのではないでしょうか。

ゴミなどの異物が入らないようにフィルターが付いているのも嬉しいポイントです。

筆者もこちらのモデルを使用しています!

この商品の詳しい情報はこちら

ドリテック 電気ケトル ステンレス コーヒー ドリップポット 1.0L

電気ケトルステンレス製の電気ケトルです。特徴は何と言ってもデザインで、置いておくだけでお洒落です。

スリムに見えますが、1.0Lと容量も十分ではないでしょうか。

ただし、ティファールなどとは異なり、容器が熱くなるので触らないよう注意が必要です。

シルバーカラーのものが2種類とゴールドのものが用意されています。

この商品の詳しい情報はこちら

大容量タイプ

最後に、料理を作る際にも活用できる1.2L以上のものをご紹介します。

ティファール 電気ケトル 1.2L ジャスティンプラス

電気ケトルこちらは1.2Lのティファールになります。

「ジャスティンプラス」は「ジャスティン」の後継シリーズで、早く沸かす機能に特化したシリーズです。

ティファールと言えばホワイトのイメージが強いですが、ブラックもなかなかかっこいいです。

清潔に保つためのフィルターや空焚き防止機能が付いています。

この商品の詳しい情報はこちら

デロンギ アイコナコレクション 電気ケトル 1.7L

電気ケトルコーヒーメーカーやトースターで有名なイタリアのブランド・デロンギの電気ケトルです。

その容量は1.7Lと電気ケトルの中でも最大級の容量を誇ります。

ブラックとシルバーを組み合わせたステンレス製のデザインは上品で高級感があります。

ただし、海外製品のため変換プラグが必要になることに注意して下さい。

この商品の詳しい情報はこちら

まとめ

寒い冬の季節には何かとお世話になる電気ケトルです!

暖かいコーヒーやカップスープを入れるのにとても便利です。

購入を考えてらっしゃる方は、少しでもご参考にしていただければ幸いです。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの専門会社「ハウスマート」のスタッフが、中古マンションの物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

編集部おすすめ

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

住宅購入は人生でも複数回あるかないかの、非常に高い買い物です。それ故にどうしても住宅本体の金額だけに目が行ってしまいがちなもの。 不動産取引においては、ついついこの諸経費の存在を忘れて契約まで進んでしまうケースが発生してしまいます。 本記事...

【永久保存】殿堂入り人気記事

知りたいことを検索

Return Top