マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

細々しているキッチンの調味料…ダイソーの収納グッズでスッキリ収納しませんか?

細々しているキッチンの調味料…ダイソーの収納グッズでスッキリ収納しませんか?

主婦の強い味方である調味料。ついつい買い過ぎてしまい、収納スペースに困ってしまいますよね。そんな時にはお近くのダイソーで購入できる商品で、スッキリ収納してしまいましょう。

そもそもの収納に関する普遍的なテクニックをご紹介した後に、調味料別の収納方法を解説いたします。ステンレス調味料入れ、マグネットケース、ミルクポットなど様々な収納アイテムが登場しますよ!

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

賢い収納のコツを4つ紹介!

コンロ周りや冷蔵庫など限られたスペースを有効におしゃれに使おうと考えると意外と難しいもの。上手に調味料を収納するには、ちょっとしたコツが必要です。

様々な場面で使える、知らないと損をする収納のコツをご紹介いたします。

コツ①:収納場所の広さを把握する

収納上手になる一つ目のコツは、置きたい場所の広さをきちんと測ることです!

収納上手になるには、限られたスペースにぴったり合わせて収納を考えることが大事なので、まずは測ってからどんな容器をどう組み合わせるか計画を練ります。

コツ②:モノの定位置を決める

収納上手になる二つ目のコツは、物の位置を決めてしまうことです!

広さが決まれば、置ける容器の大きさや組み合わせが決まってきます。

コンロ周りに置くと便利な調味料は何か、冷蔵庫の扉ポケットには何を入れる取り出しやすいかなどを考えながら、物を置く場所を決めていきます。

コツ③:中身が見えるように収納する

上手に調味料を収納する三つ目のコツは、中身を見やすく収納することです。

整理整頓されてスッキリバッチリ収納されていても、中身がわからなければ使い勝手が悪く、手間取って料理を作るテンポも乱れてしまいます。

美味しい料理は、手早く時短で作ることも大事!

そこでラベリングも、調味料収納の大切なポイントになります。ダイソーには素敵なラベルシールやステンシルがあり、キッチンの雰囲気に合わせて探すのも楽しいですね。

ズボラさんには超簡単でおしゃれな調味料ラベルがハンドメイドできるマスキングテープがオススメです。

例えば、黒のマステに白の油性マジックで調味料の名前を書くだけで、簡単おしゃれなラベルができあがります。

このラベルなら、調味料を入れ替えるとき容器からはがしてきれいに洗え、また貼り直せるから衛生的です。

コツ④:見せる収納を目指す

上手に調味料を収納する四つ目のコツは、『見せ収納』にすることです。引き出しや扉の中にしまうと使い勝手が悪くなる調味料。

どうしても素早く手にとれて、目につくところに置かなければなりません。そうなると、見えている物ではなく見せている物として飾ることが、一番上手な置き方になります。

まるでインテリア雑貨のように飾って見せる調味料の収納方法にすることが、収納上手になる最後のコツです。

収納アイテム、収納diy方法をご紹介!

初級編、中級編、上級編の三段階に分けて、調味料のダイソーの商品を使った収納方法をご紹介いたします。

調味料収納の初級編

調味料収納の初級編は、ダイソーで売っている調味料入れに移し替えるだけです。調味料容器のカラーと材質・形をそろえるだけで統一感が出ておしゃれに見えます。

調味料は繊細なので、湿気に気をつけなければいけないものは、密閉できる容器に入れなければなりませんし、毎日何度も使う調味料は、片手でサッと取りだせる便利な容器でないと面倒です。

たまにしか使わないものなどは、保管に適した容器を考えなければなりません。

主な基本調味料の『さ・し・す・せ・そ』から、スパイス、液体のもの、油ものなどまで、それぞれの特性を考えてぴったりの容器をご紹介します!

砂糖、塩、スープ、だしの素、スパイス

砂糖、塩、スープ、だしの素、スパイス出典:http://basic-abc.com/2016/09/15/shomikigen-shio-sato/

知っている人が少ないですが、砂糖は湿気で固まるのではなく乾燥すると固まる特性があるのです。ですから乾燥しすぎないよう密閉性のある容器の方が固まらずに長く使えます。固まったら、容器にパンやキャベツの切れ端を入れておくと適度な湿気でサラサラに戻ります。

塩はミネラル分が多いので、湿気があると固まる特性です。ですから、固まったら湿気がとれるよう電子レンジで2分ほどチン! で簡単に元通りになります。

砂糖や塩は、「少々」や「ひとつまみ」という使い方をするため、調理中はサジですくう他に、指でつまむことができないと大変不便ですから、広口の容器が便利です。

スープ・だしの素の固形や原形のスパイスの場合は、ホーロー蓋付きキャニスターがオススメです。取りだしやすくインテリア雑貨として見せ収納にぴったりです。

そこで、ホーロー蓋つきキャニスター、キッチンポットワイド、キッチンポットスリム、粉ミルクストッカー、ミルクポット、ガラスキャニスター、ガラスポットなどがオススメです。

ホーロー蓋付キャニスター

ホーロー蓋付キャニスター出典:http://seiyagon.ti-da.net/

こちらは、ホーロー製なので、逆に中身を見せたくない雑多でまとまらない、絵にならない調味料を入れておしゃれに見せるのに便利です。白の他に赤もありますよ。シンプルなのでラベリングも楽しめます!

スパイスポット

ホワイトの他にクールなミントグリーンが登場して、ますます魅力的になってきたダイソーのスパイスポット! 木目のフタとかわいいラベルがオシャレだと人気です。

ガラスキャニスター

ダイソーで人気の高いガラスキャニスターに調味料を入れて収納棚に並べて飾れば、簡単にカフェ風の見せ収納になります。

ガラスポット

フタの色が赤・黄色・青・透明の4種類あるので、入れる中身の色と合わせるのもアイデア次第です。フタにゴムパッキンがついたものを選ぶと湿気がこなくてよいでしょう。

スリムボトル

スリムボトルは、名前の通りクールでスリムな形です。容量が350ml入りますが、ご覧のようなスリムさで細いところや棚のデッドスペースにもぴったり入ります。

ダブルシーズニングケース

2種類入る便利でおしゃれなダブルシーズニングケースは、調味料を入れるだけでまるでモザイクアートのようにキレイと大人気です!

ライターがオリジナルレシピで使う場合は、スパイスだけでなく和風&鶏だしや、中華&コンソメなどスープやだしの素の粉末の組み合わせを入れていますが、とっても使いやすくてGOODです!

酢と醤油

酢と醤油

酢はプラスチックの種類によって溶ける可能性があるので、容器の素材に気をつけないといけません。ダイソーの調味料入れに“酢に使えます”と表示されているプラスチック製かガラス製に入れた方が安全です。

醤油を入れる容器は、とにかく液だれしないものが便利です。いくらオシャレなラベリングをしても液だれで汚れたら何にもなりませんから。

酢や醤油に向いている調味料入れは、液だれしにくくフタのついたものがよいです。酢は気が抜けるし、醤油は酸化するからです。

液ダレしないガラス醤油差し

ダイソーにはオリジナル商品の液ダレしにくいしょう油さしがあります! 本体はガラス製で容量は100mlです。

味噌

味噌出典:http://www.suyakame.com/SHOP/19548/list.html

味噌を収納する場合、わざわざ中身を取り出して、容器に入れる必要はありません。

スパイスポット

塩と砂糖のところでも紹介した広口のフタのスパイスポットなどに、味噌のケースや袋のまま入れるのが便利で取りだしやすいです。ケースから出さずに、そのままお箸やお玉に取れて便利です。

酒、みりん、油

 

酒、みりん、油

今までご紹介した調味料とは異なり、酒とみりんは液体です。よって容器に入れりより、ボトル状のものに入れ替えて見ましょう。

オイルボトル

お酒やみりんなどの流動性のある調味料は、オイルボトルに入れるのが便利です。好きな量だけ振りかけられるし、フタもあるので揮発を防げます。

ダイソーのガラス製オイルボトルは、シンプルなのでラベリングもインテリア映えして、使い勝手もよく優秀だと評判です。

だし類、乾物に向いている調味料入れ

乾物

出典:http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/0909/spe1_04.html

密閉タイプではありませんが、角の小さな口を開いてフタをしたまま振りかけて使えるのがだし類、乾物類に向いています。これなら大きめのスパイスや小さめの乾物だけではなくグラノーラなども入りますね!

シーズニングボトル

こちらはスタッキングできる調味料ケースです。たくさん重ねても安定よく収納できる優れものです。グレーと赤の二色の展開で、115ml、260ml、230ml、530mlと大きさは四種類もあります。

  • オープンキャップ保存容器115ml(2P)
    サイズ:約83×53×45mm
  • オープンキャップ保存容器230ml
    サイズ:約83×53×87mm
  • オープンキャップ保存容器260ml
    サイズ:約107×81×45mm
  • オープンキャップ保存容器530ml
    サイズ:約107×81×87mm

調味料収納の中級編

ダイソーにはさまざまなアイデアや形のスパイス入れがありますが、本当はスパイス入れではないけれど、「スパイス入れに使うとオシャレで便利だよ」という容器もあります。

本来、調味料入れとして売られているわけではないのですが、ダイソーのさまざまな容器類は、あなたのアイデア次第で便利なアイデア調味料入れに早変わりします。そんなアイデアなんて浮かばないという人は、参考にしてみてください。

調味料収納の中級編として、アイデア溢れる調味料入れや収納法をご紹介します。

マグネットケース

マグネットケース出典:https://www.shelterness.com/10-magnetic-spice-storage-solutions/

大きめのスパイスならこんな見せ収納がステキです! ローリエやトウガラシや大きめのシーズ系のハーブや豆類などは、いろいろな色があって見えるように飾るのがトレンド!

中身が見えるマグネットケースなら冷蔵庫などの鉄板素材の壁状態のところでもポンと貼りつけて、使い勝手よく見せ収納が可能です。冷蔵庫横でもご覧の通りのおしゃれ調味料収納スペースに早変わりします。

マグネットケースのサイズは直径90×高さ35mmです。

下の写真のアレンジは、冷蔵庫にダイソーの黒板シートを貼って、チョークでスパイス名を書いた男前DIYの実例です。簡単に作れてシンプルだけど、すごくインスタ映えするオシャレな仕上がりです!

ライフスタイルに合わせて、もっとカラフルでかわいい仕上がりにしたいなら、黒板シートよりダイソーのレインボーシートがオススメ!

粉ミルクストッカー

粉ミルクストッカーは、子育てママのベビー用に粉ミルクだけ入れておくのはもったいない!

モノクロのラベリングをすると大人用のスパイス入れに早変わりします。粉末のよく使うスパイスやよく組み合わせるスパイスを重ねて収納すれば、使いやすくかわいい調味料収納のできあがりです。

持ち運びにも便利なので、屋外のBQパーティーなどでも大活躍しますよ。

ミルクポット

ミルクポット出典:https://ra-kurashi.jp/housework/4934/

パステルカラーのフタがかわいいミルクポットには、塩や砂糖キュービックのコンソメや角砂糖などを入れて飾って収納しましょう。見ていて楽しい調味料収納です。

調味料収納の上級編

今までは、調味料を入れる容器のお話しでしたが、それらをまとめて飾れるラックや棚がないとおしゃれな雑貨屋さん風の調味料収納が実現しません。そこで、ダイソーでそろうもので作る簡単な飾れる調味料ラックや棚を調味料収納の上級編としてご紹介します。

調味料収納の上級編は、ダイソーで売られているグッズを調味料収納用に、ちょっとDIYして手作りします。これだとあなたのキッチンの隙間やスペースにぴったり合った調味料収納が、実現可能です。

上級編とはいっても必要な材料はボンド・ネジ・ドライバーくらいで、これらの工具も、もちろんダイソーでそろえることができます。

ワイヤーラックを利用

ワイヤーラックでスパイスラックを作るとき、サイズは収納場所のスペースに合わせてアレンジします。

サイズは以下のようなラインアップとなっています。
620×330mm、620×295mm、620×190mm、600×295mm、545×400mm、540×190mm、510×400mm、510×330mm、510×260mm、505×265mm、405×260mm、400×400mm、330×330mm 、330×260mm、295×295mm

用意するもの
  • 結束バンド 一束
  • 突っ張り棒 二本
  • ワイヤーネット 一枚
  • ワイヤーラック 必要なだけ
作り方

サイズを合わせた突っ張り棒を両端に立てて支柱にし、ワイヤーネットを結束バンドで止めつければ、ワイヤーラックと突っ張り棒で簡単にコンロ横にスパイス収納ができます。

スパイスの重みで転倒する防止に、テープで貼れるフックをネット上部の左右に貼りつけることを忘れないようにします。

先に貼りつけるタイプのフックとワイヤーネット掛けて設置してから、結束バンドでツッパリ棒とワイヤーネットを留める方が、安定感があるものが作りやすいでしょう。

スノコを利用

ダイソーには、大小サイズのスノコがたくさんあります。これらのスノコを収納場所に合うように組み合わせたり分解したりして、ボンドやネジでくっつけるだけで、オシャレな調味料棚が完成します。

サイズ展開は以下の通りです。
400×230mm、360×180mm、350×250mm、220×290mm、250×300mm、250×350mm

作り方

スノコをサイズに合わせて切って、ボンドやネジで留めるだけです。コンロ周りなど火に近いところに置く場合は、燃えにくいようにホームセンターで手に入る防炎スプレーをするようにしましょう。

強力マグネットを利用

ダイソーには超強力マグネットが2種類あります。鉄板素材じゃない貼れないところにはマグネットシートを貼って使えるようにすれば、どこでも場所を選ばずに収納スペースにすることが可能です。

超強力マグネットは、厚みも2~3mmほどの小ささなので、見せる収納にはとても役立ちます。棚板の下や冷蔵庫などマグネットがつくところやデッドスペースを活用して飾って収納することができます。

用意するもの
  • 4個セット(直径13mm×厚さ2mm×磁力1個2000ガウス)
  • 8個セット(直径6mm×厚さ3mm×1個2800ガウス)
  • 瞬間接着剤orボンド
作り方

調味料入れに超強力マグネットを接着剤で貼りつけるだけです。これぞ見せるための調味料収納の極み!男前のインテリアも簡単に作れます。

まとめ

ダイソーでそろういろいろな調味料入れや容器のご紹介から、ダイソーの調味料収納法のアイデアを初級~上級まで3段階に分けて解説しました。

この記事に触発されてアイデアが次つぎとあふれた人もいるのではないでしょうか? まず、ダイソーで調味料入れや収納グッズを購入する前に、収納上手になるコツを踏まえて計画を練りましょう。

見た目も使い勝手もよい、整理整頓されたあなたの憧れのおしゃれキッチンが叶うかどうかは、事前準備がポイントです。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top