マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

キッチンの断捨離で運気アップ!綺麗に保つ収納方法は?

キッチンの断捨離で運気アップ!綺麗に保つ収納方法は?

断捨離をするのがとても難しいとされるキッチン。
多めに買っておこう…いつか使うかも…という考えから食品や雑貨が増えていきがちですが、ごちゃごちゃしたキッチンは効率も悪く作業に時間がかかってしまいます。

今回の記事では断捨離の具体的なやり方から、捨てるべきものや残ったものの収納方法までを解説いたします。

また、その後どのようにしたら綺麗なキッチンを保つことができるのかまで踏み込んでいきます。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

キッチン収納の見直しは、なぜ難しいのか?

キッチンの収納はすでにものの定位置が決まっている場合が多く、新たに置き換えると慣れるまで時間がかかるので見直しをする機会が少ないため、キッチンでの収納はテクニックを要します。

また、キッチンの広さも大きく関係しており、収納スペースが少ないと入れるものも限られます。入りきらないものはつい外に出して置くようになりますが、見た目にもごちゃごちゃした印象になってしまいますよね。

キッチンにはどんなモノがあるのか?

断捨離をする際には今あるものを把握することが重要です。アイテム別にどこに保管すると便利か、使い勝手のいいものの定位置や基本の収納方法を紹介します。

①キッチンツール

キッチンツール出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/air-r/4f-wall-tool-hook.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsr_img#ItemInfo

おたまやフライ返しなどのキッチンツールは形が複雑なものが多いので、引き出しに収めるには場所をとってしまいます。コンロ周りの壁はデッドスペースになりがちですが、キッチンツールをすっきり収めるのに最適です。

吸盤式のキッチンツールフックやレンジフードに掛けて使うタイプなど、デザイン性の高い商品を使えば、人が来たときにもインテリアの一部のように収納できます。

キッチンツール出典:https://www.homedit.com/kitchen-organization-tips/

箸やカトラリーは専用の仕切りケースを使って引き出しに入れるのが一般的ですが、既存のものは仕切りが少なくて持ち物と合わない場合も。自分でものに合わせて仕切りを作ると、余計なスペースも空かずに仕分けられます。

毎日使う決まったものは可愛いカゴに入れてまとめて食卓に持っていけるようにするのも便利です。100均に売っている透明のビンに立てて収納すれば見た目もおしゃれで、カウンターに出してもカフェのような雰囲気が出るのでナチュラルインテリアにもぴったりです。

②調理器具、調理家電

調理器具、調理家電

フライパンなどの毎日使う調理器具は、すぐに出し入れができる場所にあると便利です。レンジフードの溝にS字フックを取り付ければフライパンを掛けて収納することが可能になり、収納棚を使わずに保管ができます。

コンロ下の収納スペースに入れる場合は重ねて収納するのではなく、立てて収納するとフライパン同士も傷つかずにすみます。100均に売っているファイルボックスを利用するとフライパンを立てて収納できて便利です。

調理家電の収納場所がない場合には可愛いラックを置くとまとめて保管ができます。調理器具や家電が見えると生活感が出てしまうときには、おしゃれな布やボックスを利用して隠すと見た目にもすっきりします。

デザイン性の高いものはカウンター上に置いて見せる収納にするのがおすすめです。

③シンク周りのグッズ

シンク周りのグッズ出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/roomy/YMZ5506-07557-0.html

シンク周りは人目にもつきやすいので常に綺麗にしておきたい場所です。毎日使うハンドソープはメーカー名が見えると生活感が出てしまうので、おしゃれなボトルに移し替えて使うと見た目がよくなります。食器用洗剤も同じ種類のボトルに合わせると統一感が出ます。

シンク周りのグッズ出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/roomy/YMZ5505-07113-0.html

タオルやペーパー類は吊り戸棚下にフックを掛けるとデッドスペースを有効活用できて使い勝手もよくなります。

④食器

食器

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/air-r/4f-dish-storage.html

食器には「お客様用食器」「いつも使う食器」「子供用食器」など最低限用意しておきたい枚数がありますが、家族が増えるほど量も多くなるので場所をとってしまいます。何枚も重ねると取り出しにくくなり、食器同士が傷つく場合も。そんなときはディッシュスタンドを使うと便利です。食器棚の上部を利用でき、収納に段差をつけることでスムーズな出し入れが可能になります。裏返して収納棚に掛けても使えます。

⑤食材

食材

忘れがちかもしれませんが、キッチンでは食材がスペースを取っていることも多いです。引き出しが全てお菓子やカップラーメンで埋められていることもありますよね。。

保存食品編

保存食品は賞味期限も長くていざというときに便利に使える主婦の味方ですが、ストックを多めに保存すると意外とかさばるものです。

考えずにごちゃごちゃしまうと、どこに何があったのか分からなくなるので余計に買ってしまったり賞味期限が切れてしまうことも。

シンク下の引き出しや収納棚に入れるときは100均のケースに入れて立てる収納にすると一目で何があるのか分かり便利です。

冷蔵庫の中身

冷蔵庫の中身は奥にあるものほど取り出しにくくて放置してしまいがちです。詰め込みすぎると探すのに時間がかかって余計な電気代がかかることも。冷蔵庫は開けたらすぐに何があるかわかるように仕分けして保管するのが重要です。

引き出し式の冷凍庫は食品を縦に入れることが基本で、ケースや仕切り板を使って取り出したときにもの同士が倒れないような工夫をするとスムーズに行動できます。

⑥キッチンマット

キッチンマット

キッチンマットは敷く派と敷かない派で分かれがちです。冬場はキッチンの水回りは冷えるので、ホカホカのマットがあると足元を温めてくれるのに役立ちます。

キッチン下は汚れやすいので、毎回掃除をする手間がありますが、マットを敷くことでまとめて洗濯すれば済みます。ただストックは場所をとる悩みも。

キッチン用品はキッチンに収納するのが基本ですが、マットは毎日変えるものでもないので、洗面所やリビングにバスマットや玄関マットと一緒に収納するとまとまります。

かさばらないものは丸めて、シンク下収納の扉裏にワイヤーネットなどを取り付けたものに入れると取り出しやすくて便利です。

断捨離のやり方

断捨離のやり方

断捨離とは「入ってくる要らないモノを断ち、家にはびこるガラクタを捨て、モノへの執着から離れ、ゆとりある“自在”の空間にいる私になる」という意味を持つ、やましたひでこさんが商標登録をしている言葉です。

断捨離という言葉は最近では当たり前のように使われていますが、単なる片付け術とは違って自分自身の考え方を改め、いい人生へと導く仏教的な要素を含んでいます。基本のやり方を見ていきましょう。

①ものを出して把握する

断捨離をする際には今あるものを全て出して、何がどれほどあるのかを把握するのが重要です。一度におおがかりな断捨離をすると大変なので、まずはキッチンの引き出し一つやカウンター上など身近で小さな範囲から作業するのがおすすめです。

ストックがどれほどあるか、何年も使っていないキッチンツールはないか、ものを処分したときのすっきりした状態をイメージしながら作業するとはかどります。

②仕分けをする

ものを把握したら「とっておくもの」「捨てるもの」「どちらか迷うもの」の3種類に仕分けをしていきます。

このときにどちらか迷うものは別にしてまとめておき、1ヶ月ほど経ったところで再仕分けをします。

迷っていたものも時間が経つと必要性が見えてきます。この繰り返しで少しづつ処分しておくと、あとから後悔することもなく無理のない程度に断捨離ができます。

③収納する

「とっておくもの」に分別したら収納方法も重要です。収納場所から全てのものを出すという大仕事を始めているので、戻すときに整理整頓をして入れることによって綺麗な状態を保てるように。

ものが減っているので、以前よりも片付けもしやすくなります。

迷ったときには

捨てようか迷うものはどうしても出てきます。思い出のものや高額なもの、いつか使うかもしれないもの…。迷ったときには、それを今後自分が使いたいかどうかを考えます。

捨てることで部屋が綺麗になり、時短につながる…自分にとって要らないものを処分するとプラスになる!と考えましょう。

最近ではお手軽な有料倉庫が流行っています。保管する場所を確保するにはお金がかかると考えると、ものを減らして節約をしている感覚になり、処分がしやすくなります。

例えば何を捨てるの?

何を捨てるのか?

収納方法がわかっても、ものが多いと片付けるのが大変で、収まらなくなってしまいます。

身の周りの生活を思い返してもお気に入りのものは自然と決まってくるものです。1つで何役もこなす便利なアイテムを残し、めったに使わないものは思い切って処分をすると片付けもしやすくなります。

各アイテムの捨てるときの考え方や、何と代用できるのかを紹介します。

①キッチンツール

キッチンツール

箸置き

箸置きは可愛い形やカラーでつい買い足してしまいますが、キッチンで収納する際には案外かさばってしまいます。箸置きは中途半端な数のものは処分し、セットになっているものだけを残しましょう。箱に入った状態はいざというときにすぐに使えないので、いつでも使えるようにして余分な箱を捨てるとすっきりします。

お箸

お箸は長く使っていると模様が剥げたり先が欠けたりしますが、使えなくなることはないので捨てるタイミングがなかなかありません。お箸を収納場所に多く入れれば入れるほどセットにするのに時間がかかります。

家族の人数×2組ほどにすると、探すのにかかっていた時間が短縮できます。キャラクター箸や、古いものは思い切って処分しましょう。

使っていないカトラリー

スプーンやフォーク、ナイフなどは中途半端な数は処分をして、デザインが揃ったものだけ残すと見た目もよくなります。古びているけど使えるものは捨てづらいですが、人に出しても恥ずかしくないかどうかを考えて、どれも使いたくなるものだけを残しましょう。

カトラリーケースは決まった仕切りができている備え付けのものが引き出しに入っている場合が多いですが、持っているアイテムに合わせて自分で仕切っていく方が使いやすくなります。100均や無印のケースをサイズに合わせて入れていくと分類できてスペースを有効活用できます。

水筒

最近では小学校や幼稚園でも水筒を持参するところが増えました。ペットボトルの代わりに職場にマイボトルを持っていく人も多いので、100均や雑貨店でもおしゃれなボトルがたくさん揃っています。水筒は意外とかさばるので置き場所に困っている人も多いのではないでしょうか。

デザインが気に入っていたり多機能なものを優先して使っている場合は、キャラクターものや機能の劣るものは処分をしていきましょう。

残った水筒は突っ張り棒やディッシュラックを使うと収納棚のデッドスペースである上部に寝かせて保管ができます。

コースター

夏場に大活躍のコースターですが、見た目が可愛いと季節を問わずに使えます。コースターは記念品でもらったり、100均にもおしゃれなものがたくさん売っていて比較的安く手に入ることからつい増えていきがちですが、実際に使うものは限られてくるのではないでしょうか。

キッチンの中に眠っているだけでは場所を占領するだけです。お気に入りで、使いたい!と思うもの以外は処分するのがおすすめです。

ラップ

ラップはおにぎりを作ったり残り物を保存するときに必須のアイテムですが、箱が意外と場所をとってかさばります。サイズもさまざまなものが出ているので、何種類も家にある人は数を見直してみてはいかがでしょうか。

毎日使うラップはなくなると困るのでストックが必要です。ただストックが多すぎるのは問題なので、1種類につき1つなど数を制限していきましょう。キャラクター柄のラップやアルミホイルも使う種類をしぼって断捨離していくのがおすすめです。

ジップロック

100均やIKEAなどでもさまざまなサイズの保存袋が販売されています。食品を保存するだけでなく、料理の下ごしらえや小物、衣類を入れておくのにも使える便利アイテムなので、サイズ別に持っている人も多いのはないでしょうか。

一般的には箱に入って売っています。これが意外とかさばり、残った1枚のために場所をとるのは無駄です。サイズが箱に書いてありますが、間違えて取り出してまた詰めるのも手間になります。

箱から出してまとめてケースに立てて入れるとサイズも量も一目瞭然で、無駄買いをしないで必要な分だけ買い足せます。

ビニール袋

スーパーでもらうビニールやレジ袋はとっておく人が多いですが、量が多いとかさばります。引き出しにしまっていると袋だけでいっぱいになってしまうことも。

最近では100均でもおしゃれなレジ袋ストッカーを売っているので、コンパクトにまとめて収納できます。決まった場所に入りきらないものは処分していくように心がけると計画的に使えます。

②調理器具、調理家電

調理器具、調理家電

サラダボウル

サラダボウルは大きいものだと当然場所をとります。小さなサラダボウルや普通の平皿に個別に盛り付ければ必要ない場合も。

パーティー用や人が来たときにしか使わない場合は大皿で代用もできます。サラダボウルは深さもあるので使用頻度を考えて断捨離しましょう。

鍋・フライパン

セットで購入した鍋やフライパンのセットは使わないサイズが入っている場合も。いつも使う鍋は自然と決まってきます。

大きめのものがあれば困ることはありません。鍋やフライパンは大きくて場所もとるので、無くしたあとにどれだけキッチンが片付くかを考えると処分しやすくなります。

包丁

包丁は新しいものを購入しても、古いものもまだ使えるから…と、とっておいていることはないですか。断捨離はものを買ったら古いものを捨てるのが基本です。

何本あっても主に使うものは一緒で、同じ用途で使用するものはいくつも必要ありません。キッチンに包丁ケースが備え付けてある場合には、その本数以上は持たない!と、決めておくと余計に増えていくのを防ぎます。

③シンク周りのグッズ

シンク周りのグッズ

まな板立て

立てかけておけるまな板立ては、底が見にくいタイプだと汚れが目立たないので、掃除をする頻度が減ってヌメリや黒カビが発生しやすくなることも。

常に見えるところに立てておくとキッチンでも存在感が出てしまいます。

まな板を使ったら食器の水切りカゴに立てて入れて、乾いたらしまうようにすると見た目にもすっきりして収納場所の掃除もしやすくなります。

キッチンツールスタンド

キッチンツールスタンドは省スペースにキッチンツールを立ててコンパクトに収納できるので実用的です。

ただキッチンは水や油がはねやすいので汚れやすくなります。

濡れたままスタンドに入れると中でヌメリやカビが出て衛生的にもよくありません。透明のものにすると汚れたらすぐに見えるので清潔に保てます。

キッチンツールを断捨離すると、引き出しのカトラリーケースに収まるようになり、収まらないものやよく使うものはレンジフード下にフックで掛ければスタンドを使わなくてすみます。

三角コーナー

三角コーナーは野菜の皮や使い終わったティーバッグなどのゴミを手軽に捨てられますが、シンクの中でも意外と場所をとり、ゴミの日まで出したままだと匂いや衛生面が気になります。

三角コーナーの代わりに毎回スーパーの袋などを使って料理が終わったら結んで捨てると衛生的に。水分が気になる場合は入れる前に軽く水をきって、紙ごみなどと一緒に捨てると漏れません。

排水溝の生ゴミも一緒にビニール袋に入れればマメに捨てられて、シンクも掃除がしやすくなるので見た目も使い勝手もよくなります。

シンク洗い専用のブラシ

シンク洗い専用のブラシがすぐ届くところにあると汚れが気になったときに気軽に掃除ができますが、衛生面に気をつけてきちんと洗って干すなどの手間があります。

おしゃれなブラシでも食品やキッチンツールとは別にしておきたいので置き場所に困ることも。メラミンスポンジや、小さく切ったシートを毎回使い捨てで使っていけば衛生的で場所をとりません。

スポンジ・スポンジラック

スポンジは食器洗い用とシンク洗い用と分けるとシンク周りがスポンジだらけになってしまいます。シンク洗い用のスポンジは、使い捨てのメラミンスポンジやシートで代用すると不要になり、食器洗い用だけを置いておけます。

スポンジが少なくなるとスポンジラックも大きいものはいらなくなります。ラックがあるとシンクの掃除がしにくくなり、置く場所があることで不要なものをつい置いてしまうことに。

スポンジはどこでも穴が開けられるので結束バンドやひもなどを通して隅に掛ければ場所をとりません。掛けることで水はけもよく、掃除も楽になります。

排水口バスケット

排水溝バスケットはヌメリや菌が溜まりやすく、掃除をするのが大変です。最近では「バスケットいらず」という、カゴを使わなくても水切りができて結んでゴミを捨てられる便利な商品が出ています。

バスケットの面積が少なければ少ないほど掃除も楽にできて、衛生的なのでバスケットの断捨離もおすすめです。

排水口バスケット出典:http://amzn.asia/4XjDLdX

  • 商品名:排水口生ゴミ水切り用 バスケットいらず
  • サイズ:幅16.2cm、高さ26cm、厚さ1cm
  • 価格:398円(税込)この価格はamazonで2017年11月15日現在のものです。価格が変動する可能性があるので注意してください。
  • 商品URL:http://amzn.asia/4XjDLdX

食器の水切りかご

食器の水切りかご出典:https://hokuohkurashi.com/?pid=200000058

食器の水切りカゴはキッチンに置いたままなので場所をとります。水垢も出るので複雑な形をしていると掃除もひと手間に。水切りカゴの代わりにふきんを置いて使えば洗濯するだけですむので掃除が楽で見た目もすっきりします。

食器の水切りかご出典:http://amzn.asia/3dkBbmd

バスマットでおなじみの珪藻土のボードは吸水性抜群でおしゃれなデザインなのでインテリアの一部に。

  • 商品名:珪藻土ドライボード
  • サイズ:幅25cm、厚み1.3cm、奥行10cm
  • 価格:1,480円(税込)
  • 商品URL:http://amzn.asia/3dkBbmd

食器の水切りかご出典:http://www.receno.com/kgstorage2/tw-wr.php

水切りはしっかりしたい!という人は、カゴ無しの折りたたみ式ラックを置くのがおすすめです。使わないときは小さく折りたたんで引き出しにしまっておくこともできます。

  • 商品名: タワーシリーズ 折り畳み水切りラックSサイズ
  • サイズ:幅26cm、高さ0.8cm、奥行42cm
  • 価格:2,700円(税込)
  • 商品URL:http://www.receno.com/kgstorage2/tw-wr.php

④食器

食器

おみやげでもらった食器

おみやげや記念でもらった食器は少ないセットやバラでもらうことが多く、ほかの食器類と雰囲気やデザインが合わないことも。

懸賞で当たったりポイントを集めてもらう食器も同じです。サイズ、形、色などが合わなくて、使い勝手が悪いものは処分しましょう。

箱に入った状態だと余計にかさばるので、奥に眠った使わない食器を出すと食器棚もすっきりします。

子供の食器

赤ちゃん用やキャラクターのついた食器は大人のものと合わせづらく、期間も限られます。

赤ちゃん期を卒業しても、もしかして兄弟が生まれたときのために…と、とっておきたくなりますが、まだ予定もない場合は数年間使わない食器として場所だけとってしまいます。

今は100均でも便利な食器がたくさん売っているので、当分使う必要のないものは思い切って処分するのがおすすめです。

キャラクター食器も、大人の食器をみんなおそろいで使うというすすめ方をすれば子供は喜びます。

漬物用容器

漬物用の専用容器は用途が限られて、使っていないときには場所をとるだけになってしまいます。

専用の容器の代わりにビニールの保存袋を利用すると使い捨てができて余計なスペースをとりません。漬物を入れる食器は普段使う食器で代用すると食器を増やさずにすみます。

タッパー

タッパーはあると便利で、100均などで気軽に手に入るので増えていきがちです。

長く使っているとくすみが出たり匂いが移ることもあるので、古いものから処分していきましょう。

いざというときには保存袋でも代用ができるので、数を最小限にして大きいタッパーに重ねて収納すると場所をとりません。

⑤食材

食材出典:http://www.nkym.co.jp/category/cupboard/cup_slide.html

食材の断捨離は、在庫の管理をするのが重要です。何があるのか把握していないと買いすぎてしまい、賞味期限が切れることも。冷蔵庫の中や食品を保管している収納スペースをマメにチェックすることが大事です。

いただいたけど好みに合わない食品は、いつまで経っても使わずに場所だけとってしまいます。期限が切れて捨てる結果になる場合はしまいこむ前に調理をして使ってしまうか、好物の人に譲るなど、溜めておかないようにするのがおすすめです。

食べたいものだけに囲まれた生活になると気持ちも上がって、ものを整理した分スムーズに取り出せるようになるので時短にもつながります。

⑥キッチンマット

キッチンマット

キッチンマットを使っていると、洗い替え用を保管する場所が必要になります。少なくとも2枚は必要に。

キッチン用なので幅もある程度長く、丸めてもかさばってしまいます。毎日洗うものでもないので綺麗に保つのはなかなか難しいものです。

キッチンマットをなくして、汚れたらその度に拭くようにすると必要なくなります。

防寒対策で置いている場合にはキッチンに立つときに暖かいスリッパを履けば足元の冷えが解消します。

どうしても必要な場合は100均のジョイントマットがおすすめです。好きなサイズにつなぎ合わせて、汚れもサッと拭きとれます。

しっかり水洗いをした場合でもすぐに乾くので洗い替えを用意する必要がありません。100円なので汚れたら捨てる感覚で使えば洗濯の手間がなくお手軽に使えます。

食器棚のうまい収納のやり方

食器棚のうまい収納のやり方

①使用頻度に合わせて配置

食器棚の収納は使いやすい位置と使用頻度を照らし合わせて食器を入れる必要があります。

  • 踏み台を使用する:あまり使わない大きくて軽いもの
  • つま先立ちをして取る:軽くて中型のもの
  • 目線から腰まで:よく使って楽に手が届くもの
  • しゃがむ姿勢で取り出す:普段あまり使わない大きくて重いもの

②ラックでスペースを有効活用

食器棚は段差を変えられるものが多いですが、もう少し細かい仕切りがあると便利に出し入れができることも。

100均に売っているラックを使えば段差を作れてデッドスペースをなくせます。

③カラーと高さを揃えて美しく

食器棚は透明や半透明のものが多いので、案外人目につきやすいものです。食器の雰囲気を合わせ、カラーや高さを揃えると統一感が出てすっきりと見えます。

④奥の食器はかごを利用

奥にある食器は出すときに前のものが邪魔になり、取り出しにくくなります。奥行きのあるかごを使えば引き出せるので奥のものも取り出しやすくなります。

⑤立てる収納で取り出しやすく

平皿は重ねて入れると下のものが取り出しにくくなります。100均や無印良品のファイルボックスを利用すれば本のように立てて収納することができるようになり、食器ごとに分別ができてスムーズに取り出せます。

⑥上段は取っ手付きケースで楽々出し入れ

食器棚の上段にあるものは取り出しにくいのが難点ですが、取っ手付きのケースに入れると背が低い人でも安全に取り出すことができます。水筒やタッパーなどを分別して収納できるので出し入れがしやすくなります。

冷蔵庫のうまい収納のやり方

冷蔵庫のうまい収納のやり方

キッチンで食器棚の次に大きいアイテムといえば、冷蔵庫です。この冷蔵庫のスマートな使い方もマスターしてしまいましょう。

カラーや形の揃ったケースで見た目も綺麗に

冷蔵庫は生活感が出るのが当然ですが、白いケースや形の揃った保存容器を使って分別すると見た目が綺麗ですっきりした印象になります。

ケースに入れることでパッケージのごちゃごちゃ感がなくなり、生活感のない素敵な冷蔵庫に。

ケースにラベルを貼ればどこに何が入っているのか分かるので、探す手間も省けます。

ケースに入れて消費期限順に使う

冷蔵庫は奥にあるものは出しづらく、長い時間扉を空けていると電気代がかかるので手前のものばかり使ってしまうことも。

知らないうちに食品が奥に入って期限が切れることもあります。

奥行きのあるケースに入れて、古いものを手前にして入れていくと何から消費したらいいのかがすぐに分かり無駄がありません。

冷凍庫は立てる収納

冷凍食品は立てる収納にすると奥から探す手間がなくなり、スムーズな出し入れができます。

100均や無印のファイルケースを使うと仕切れるので、取り出したときに隣同士が倒れてくる心配もありません。

保冷剤もケースに入れてまとめ、入りきらなくなったら処分していくと増えすぎを防止できます。

不要なモノは買い取ってもらえる!

不要なモノは買い取ってもらえる!

断捨離はものを断つという観点から、思い切って捨てることが基本です。ものを売る行為は手放しても得をした気分になり、また新しいものを気軽に買ってしまうという行為につながるのであまりおすすめではありません。ただ使えるものを捨てるのはもったいないものです。誰かがまた使ってくれればゴミにならずにエコにもつながります。

気軽な気持ちで断捨離をしたい人は、まず家にあるものを手放す!というのを実践する意味でも買い取ってもらうとすすめやすくなります。

HARD・OFF

HARD・OFF出典:https://www.hardoff.co.jp/shop/kanto/tochigi/hardoff/201050/

「HARD・OFF」は全国に300店舗以上ある有名リサイクルショップです。製造から5年以内のものに限りますが、店頭に持ち運ぶ以外に無料の出張買取や出張買取を実施しているので、キッチン家電が多くても気軽にたのめます。

食器や雑貨は同系列の「BOOK・OFFグループ」で買取してもらえます。

公式ページ:https://www.hardoff.co.jp

買取専門店アシスト

買取専門店アシスト出典:http://assist002.com

キッチン用品の買い取ってくれる「買取専門店アシスト」は、東京と神奈川県全域を中心にした出張買取をしてくれて、宅配は全国に対応しているので離れていても査定をしてもらえます。

ものの状態を見ての買取なので使用年数を気にしないでたのめます。

粗大ゴミで出すとお金がかかりますが、お店で買取できなくても無料引き取りできる品があるのでお得になる場合もあります。

参考URL:https://www.assist001.co.jp

トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリー出典:https://www.treasure-f.com/shop/50/

関東圏、関西圏を中心に90店舗以上を運営している「トレジャーファクトリー」は家電や雑貨の買取を行っている総合リサイクルショップです。

家電は製造後10年以内のもので3点以上から買取対象になります。持ち込み・宅配・出張買取に対応していて査定料やキャンセル料は一切かからないので手軽にたのめます。

参考URL:https://www.treasure-f.com

断捨離した後の綺麗なキッチンの雰囲気が知りたい

断捨離をすると見た目も美しく、ものがすっきりと片付いているので取り出しやすくなるのが最大の利点です。効率的な理想のキッチンの雰囲気や、断捨離前と後の写真を見ていきましょう。

断捨離した後の綺麗なキッチンの雰囲気が知りたい出典:http://amberinteriordesign.com/before-after-client-z-to-the-e-to-the-n/

断捨離をすると収納スペースに余裕が出るので余計なものがなくなり見た目もすっきりします。ごちゃごちゃしたキッチンから作業のしやすいキッチンになり、散らかっているから人が呼べない!という悩みも解決されます。

片付いていると植物を置いたり絵を飾ったりと、インテリアも楽しめます。

断捨離した後の綺麗なキッチンの雰囲気が知りたい出典:https://www.homedit.com/kitchen-organization-tips/

断捨離をして余計なものをなくすと、掛ける収納で必要なものがすべて収まります。掛けることで作業スペースが空くので作業が自然とはかどり時短につながります。

断捨離した後の綺麗なキッチンの雰囲気が知りたい出典:https://www.bloglovin.com/blogs/hooked-on-houses-475129/before-after-making-an-inherited-house-feel-4343463888

必要以上の食器を置かずにものの定位置を決めると片付けもスムーズです。ものが多すぎると何がどこにあるのか見つけられない場合も、整理整頓がされているキッチンは収納場所を見れば置き場所が分かるので、普段使わない人が使っても作業がしやすくなります。

断捨離した後の綺麗なキッチンの雰囲気が知りたい出典:https://www.etsy.com/jp/listing/536313928/chrome-pot-and-pan-rail-pan-organiser?ref=sold_out-50

綺麗なキッチンはインテリアとして美しく、無理やり詰め込んで収納することがなくなるので心にも余裕ができます。

壁面収納も必要以上にものを掛けると落下や器具が傷つく原因にもつながるのでゆとりある状態をキープしましょう。

断捨離した後の綺麗なキッチンの雰囲気が知りたい

出典:http://www.doityourselfrv.com/diy-rv-kitchen-drawer-organizers/

キッチンツールをまとめて引き出しに入れておくときに仕切りがあると分別ができるので、どこに何があるのかがすぐに分かります。

探す手間が省けて見た目もよくなります。

断捨離した後の綺麗なキッチンの雰囲気が知りたい出典:http://www.iheartorganizing.com/2015/08/four-days-four-drawers-mini-organizing_28.html

ケースを入れて細かく仕切るのもいいのですが、厚みのあるケースだとその分場所をとってしまいます。

仕切りだけにすればケースを隣り合わせたときほどの厚みがないので余裕ができてゆったりと置くことができます。

断捨離した後の綺麗なキッチンの雰囲気が知りたい出典: https://www.home-storage-solutions-101.com/organize-kitchen-cabinets.html

サイズを揃えるとごちゃごちゃした印象がなくなり、アイテムをまとめることですっきりします。断捨離をして数を制限すると、食器の上部に空間ができて取り出しもスムーズにできるようになります。

綺麗な状態を保つ方法が知りたい

①取り出しやすく、使いやすい収納を心がける

取り出しやすく、使いやすい収納を心がける

食器は取り出しさ、使いやすさが重要です。奥に詰め込んだり、たくさん重ねた一番下の食器は出しづらいので自然と使用頻度が減ってしまいます。毎日使うものは一番取り出しやすい場所に収納し、食器の上は適度な空間を開けて取り出しやすさを考えて保管しましょう。

「詰め込まない」「重ねない」「6割収納まで」を心がけるとスムーズで使いやすい状態になります。

②自分に合ったキッチンの収納を見つける

自分に合ったキッチンの収納を見つける

収納方法にもさまざまな方法があります。場所やアイテムによって使い分けると使いやすい快適なキッチン作りにつながります。

収納場所がなくてもアイデア次第でデッドスペースに作ることも可能です。100均でも道具が揃う手軽なアイデアを紹介します。

掛ける収納

掛ける収納出典:http://ibylippold-haushaltstipps.blogspot.jp/2013/09/blog-post_25.html

S字フックや突っ張り棒を使って空間を有効利用する「掛ける収納」や「壁面収納」をすると作業台が空くので片付いた印象になります。まとめて収納してしまうよりも取り出すのが簡単なので時短にもつながります。

扉裏収納

扉裏収納出典:https://izilook.com/16646

扉裏はアイデア次第でちょっとしたものを掛けておける便利なスペースになります。フックを掛ければキッチンツールや掃除用具、ふきんなどをすっきり保管でき、表から見えないのでインテリアの邪魔にもなりません。

出典:https://www.homedit.com/kitchen-organization-tips/

100均でも売っているアイアンバーは、シンプルなデザインでどこにでも取り付けられることで人気です。

扉裏のちょっとしたスペースは置き場所に困りがちな鍋蓋をすっきりと収めることができます。2本縦に使うとタオル掛けにもなり、フックを掛ければキッチンツールも収納できます。

立てる収納

立てる収納出典:https://www.homedit.com/15-kitchen-drawer-organizers-for-a-clean-and-clutter-free-decor/

シンク下などの深い引き出し収納は立ててものを入れると取り出しやすくて便利です。100均のファイルケースやフライパンスタンドを使えば細かく仕切れて、鍋や大皿、まな板やトレーなどを分別して収納できます。

仕切る収納

仕切る収納出典:https://mykukun.com/keep-kitchen-organized-stylish-drawer-shelf-solutions/

引き出しを仕切ればもの同士を分けられて何がいくつあるのかもすぐに把握できます。一般的なカラトリーケースだと仕切りが少ない場合があるので、自由自在に位置を動かせるものや、自分で仕切りを作って入れると、アイテムに合わせて分けられるので混ざることなく便利に使えます。

仕切る収納出典:https://mykukun.com/keep-kitchen-organized-stylish-drawer-shelf-solutions/

調理器具を重ねて収納すると、もの同士が傷つく原因になります。必要以上にものを詰め込まないで、場所を仕切って定位置を決めてあげると片付けるときにも迷わずに入れられます。

見た目もすっきりと綺麗な印象になるので使うときにストレスなく気持ち良く使えるのもポイントです。

ボックス収納

ボックス収納出典:https://www.homedit.com/kitchen-organization-tips/

キッチンは断捨離をしても細々したものが多い場所です。お菓子類やコーヒー紅茶などを同じカゴやおしゃれなボックスに入れて収納すると、中身が見えずに分別ができるので便利です。生活感の出にくいものやおしゃれなパッケージのものなどは見せる収納をしてもインテリアの一部になります。

あとでも追加購入できるスタンダード容器を選ぶ

あとでも追加購入できるスタンダード容器を選ぶ出典:https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315901586?searchno=1

同じシリーズだと重ねたときにもぴったりで、余計なスペースをとりません。100均や無印良品などデザインが大きく変わらない店で揃えるとあとから買い足すときにも便利です。同じ食器でも厚みや色が店によって微妙に違ってきます。

同じ白でも形が揃っていると食器棚の中も整理整頓された印象になるのでおすすめです。

③アイテム別に収納

アイテム別に収納出典:http://www.mrsmeyers.com/get-making/pantry-organization-for-a-healthy-new-year/?utm_source=pinterest&utm_medium=social%20&utm_content=image_pro_maxwellpantry012516&utm_campaign=brand

アイテム別に収納すると、まとまっているので探しやすくて見た目も綺麗になります。ケースやビンなどに入れて並べて置くときに3個以上同じものを並べるとインテリアとして目を引くオブジェのような役割をしてくれます。

見せる収納の感覚でアイテムを考えると余計なものを断捨離しやすくなります。

④モノを増やさない

断捨離後はすっきりとして収納場所が空きます。スペースがあるからと言って買い足さないことが重要です。1つ買ったら1つ減らすのを心がけ、買い物をするときに自分にとって必要なものかどうかを判断できるようになるのが断捨離です。

安いから…可愛いから…と余計なものを買わなくなるとお金が貯まっていくので経済的にも豊かになります。

まとめ

キッチンの断捨離をすることで以前よりものが片付きます。必要以上に置かなくなるので見た目にも美しくなり、掃除もしやすい状態に。料理や片付けの効率も上がって時短作業ができるようになると自分の時間も多くとれるようになります。

誰でも綺麗なキッチンだと気持ち良く使えて美味しいものを作りたくなるものです。家族みんなが幸せになる断捨離で、無理なく自分のペースで好きなものだけに囲まれた生活を送ってみてはいかがでしょうか。

出典:http://www.toclas.co.jp/kitchen/bb/feature.html#h301

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top