マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

エアコンが臭う原因はカビ?エアコンの効率的な掃除方法

エアコンが臭う原因はカビ?エアコンの効率的な掃除方法

「エアコンから気になる臭いが出てくる」、「思ったように温度の調整がいかない」、こんなお悩みはありませんか?エアコンの調子が悪い場合、エアコン内部にカビが生えている可能性があるかもしれません。不衛生な状態でエアコンを使い続けると、思わぬトラブルに見舞われることもあるので注意が必要です。

この記事では、エアコンのカビにまつわるさまざまな疑問にお答えします。 >>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

エアコンの気になる臭い、カビが原因かも?

エアコンの気になる臭いの原因は、エアコン内部に繁殖したカビのせいかもしれません。臭いが気になるエアコンをよく見てみると、吹き出し口にススのような黒い汚れが点々と付着していませんか?こういった汚れがある場合、エアコンの内部はカビだらけになってしまっている可能性もあります。

エアコンの内部というのは湿気が溜まりやすく、熱を持つこともあるので、カビにとっては好ましい環境なのです。酵母カビの一種であるトリコスポロンは、温度が20℃以上、湿度が60%以上の環境で特に繁殖しやすいもの。トリコスポロンの胞子はかなり細かいため、ひとたび繁殖してしまうとエアコンの風に乗ってどんどん飛び散り、人の体内にも入り込みやすくなってしまいます。

エアコンのカビは病気の原因にもなる!

エアコンの内部に繁殖してしまったカビは、思わぬ病気の原因になってしまうこともあるので要注意。カビの一種トリコスポロンは、エアコンの風に乗って体内に入り込み、肺炎などの症状を引き起こします。

エアコンをよく使う季節にノドの痛みや腫れ、咳や発熱といった風邪の症状が出た場合、それはカビによる肺炎かもしれません。単なる風邪だと思って放置していると症状がどんどん悪化し、最悪の事態を招いてしまうケースもあるので、充分な注意が必要です。

エアコンのカビはなぜ発生するのか

でも、エアコンの内部にはなぜカビが発生しやすいのでしょうか?

冷房や除湿運転の場合、エアコンは内部の熱交換器に室内の暖かい風を取り込み、これを冷やして放出しています。この働きで熱交換器に結露が起こり、発生した水は外のホースから排出される仕組みになっています。しかし、エアコンを使い続けると内部は常にジメジメ高温多湿の状態になってしまいます。それに伴い、エアコンの内部でカビ菌はどんどん繁殖していくのです。

エアコンは室内の空気を吸い込んでいくときにホコリや汚れも一緒に吸い込むため、内部にはどんどんホコリが溜まっていきます。このホコリの汚れはカビ菌にとっては嬉しいエサになってしまうため、カビはエアコン内部でさらに繁殖しやすくなってしまうのです。

エアコンのカビ掃除をする方法とは?

エアコンにカビが繁殖してしまうと空気はどんどん悪くなり、放置していても改善されることはありません。

エアコンの臭いや汚れが気になる場合、エアコン清掃業者に依頼してクリーニングをするという方法もあります。でも、必要な道具を準備して、きちんと手順を守れば、個人でも充分エアコン内部をキレイにすることができますよ。

エアコン掃除に必要なアイテムは?

エアコンを自分で掃除する場合、必ず用意すべきなのがエアコン洗浄クリーナー。他に汚れを防ぐためのビニール袋やテープ、雑巾や霧吹きなど、必要な物品を準備してからエアコン掃除を始めましょう。

エアコン掃除アイテムは、だいたい1000円から2000円程度あれば充分に揃えることが可能です。最近は100円ショップでもエアコンクリーナーを手に入れることができますので、安く済ませたいのならこういったものを購入するのも良いでしょう。

エアコンのカビ掃除の手順とは?

エアコンクリーナーを使って掃除をする場合、そのままだと洗剤や汚れた水が室内に垂れてしまいます。エアコンクリーナーを使う前には、ゴミ袋やビニールシートなどを用意し、仮止めテープを使ってエアコン周辺に貼っておきましょう。

エアコンクリーナーの噴射の向きによっては、電源部分に洗剤がかかってしまう恐れがあるため、電源部分もビニールでカバーしておけば安心ですね。

エアコン掃除をするときにはまずコンセントを抜いてからパネルを外します。フィルターにサッと掃除機をかけてホコリを吸い取ってから、フィルターを外しましょう。外したフィルターは外側から掃除機をかけ、水洗いしてから日陰干ししておきます。

次に、エアコンのファン部分を、中性洗剤を染み込ませた雑巾かタオルで拭き上げていきましょう。ムース状の洗剤などでカビを落としたあと、細かい汚れを歯ブラシや綿棒などを使って落としていけばキレイになりますよ。

エアコンの「フィン」を掃除しよう

エアコンの内部にあるフィン(薄い金属が並んでいる部分)は結露が発生しやすいため、カビも繁殖しやすいもの。フィンに軽く掃除機をかけたあと、市販のエアコンクリーナーをフィンにまんべんなく吹き付けて、フィンの掃除をしていきましょう。

このとき、汚れている部分は布やスポンジを使って軽くこすり、キレイにしておきます。

エアコンクリーナーを吹き付けてから10分から30分程度経過したら、スプレーボトルに水を入れてフィンに吹き付け、洗剤を洗い流しましょう。このあとしっかりと乾かし、フィルターを戻してカバーのビニールなどを剥がせば終了です。エアコンに送風モードがあるのなら、1~2時間程度送風しておけば内部が乾きやすくなります。

エアコンのカビ掃除・予防におすすめ商品を紹介

気持ちよくエアコンを使うためには、まずきちんとエアコン内部を掃除することが大切。そして、キレイになったエアコンに再びカビが繁殖してしまうのを防ぐための工夫も必要になってきます。

エアコンのカビ掃除に活用できるアイテムや、エアコンのカビを予防するアイテムを紹介します。

ショーワ くうきれい エアコン内部洗浄剤

ショーワ くうきれい エアコン内部洗浄剤

出典:http://www.showa-ind.co.jp/product/product12b.html

エアコン内部のカビ汚れを落とすのならば、くうきれいを使うのがオススメ。

くうきれいを吹き付けるとムース状の泡が出て、エアコンの奥まで洗剤が到達して汚れを落としてくれます。30分程度おいてから、くうきれいのリンスを使って泡を洗い流していきましょう。洗浄したあとにはエアコンを送風にして、しっかりと乾かせばOKです。

ファン洗浄剤と、エアコン内部全体に使える洗浄剤があるので、用途に合わせて購入しましょう。

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス

出典:http://www.earth-chem.co.jp/top02/airconditioner/eakon/eakon.html

缶をよく振ってから、霧状の洗剤をフィンの向きに沿って全体にスプレーしていきます。しばらくすると洗浄された汚水が排水管から出てくるので、10分程度放置しておけばOKです。

緑茶ポリフェノール配合なので、エアコンの嫌な臭いをおさえて除菌してくれる嬉しい効果もあります。防カビ効果もあるので、一度使えばしばらくはカビの繁殖をおさえられますよ。

無香姓、フレッシュフォレストの香り、エアリーフローラルの香りの3種類があるので好みのものを選んでみましょう。

バイオ エアコンのカビきれい

バイオ エアコンのカビきれい

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA-%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%93%E3%81%8D%E3%82%8C%E3%81%84-%E3%82%AB%E3%83%93%E4%BA%88%E9%98%B2-%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E7%9B%AE%E5%AE%89-%E7%B4%843%E3%82%AB%E6%9C%88/dp/B00CDGN0SI

エアコンの吸気口に貼り付けるだけでエアコン内部のカビを防いでくれるという嬉しいアイテムです。

中に天然の微生物「バイオ」が入っており、これが抗菌性の揮発性物質を発生します。このバイオには、エアコンに生息するさまざまな種類のカビの繁殖を抑制してくれる嬉しい働きがあります。

掃除をしたあとのキレイな状態のエアコンに、ぜひ貼り付けてみましょう。

日本ミラコン産業 エアコンカビ止めスプレー

バイオ エアコンのカビきれい

出典:https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%82%B3%E3%83%B3%E7%94%A3%E6%A5%AD-%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%93%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC-3%E6%9C%AC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-MSS-102-0306al/dp/B006LDC2GA

エアコンのフィルターにスプレーするだけでカビを防止してくれるというアイテムもありますよ。

エアコンの吸入口のカバーを開けてスプレーし、送風かドライ運転をして乾燥させるだけなので使い方もカンタンです。一度スプレーしておけば、しばらくの間エアコンのイヤな臭いをおさえて、カビの繁殖を防ぐことができます。

まとめ

エアコンは使い続けると内部にどんどんカビが増殖し、知らず知らずのうちに室内の空気を汚してしまうものです。そして、エアコンから吐き出されるカビ菌は、人の体に思わぬ悪影響をおよぼすことも多いもの。

エアコン内部がカビだらけになって手がつけられなくなってしまう前に、きちんとエアコン掃除をしておきたいものですね。この記事で紹介したアイテムをぜひ活用して、エアコンの内部のカビを効率的に落とし、清潔な状態をキープしてみてくださいね。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top