マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

12月といえば大掃除!”断捨離”でスッキリ新年を迎えよう

12月といえば大掃除!”断捨離”でスッキリ新年を迎えよう

今年ももうすぐ師走。12月は、イベントが多く、やり残したことがあると気持ちよくお正月を迎えることができずに何かと忙しい月。気持ちよく新年を迎えるための、大掃除や片付けも12月ですね。

毎年、年末の大掃除や片付けが大変!と感じていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、今後は毎年そのような気持ちや状況にならないように、今年の片付けは「断捨離」を実践してみましょう。師走前の今の時期に、片付けに苦労しがちで最も身近な存在の「服」から断捨離をしてみることをおすすめします。

今回は、改めて「断捨離」について、そして「服の断捨離」に関しまして、ご紹介いたします。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

断捨離のメリット

シンプルな生活になる

片付けや整理は一時的な行為であり、一旦は綺麗になり、物が減りますが、また物を買ってしまえば同じことの繰り返しとなりがちで、根本的な解決にはなりにくい面があります。さらに、もし捨てるよりも買う方が多ければ、ますます物が溢れていきます。

断捨離は、入ってくる不要な物を断つ、有る物を手放し、整理するだけではなく、物に対する執着も手離すことで、新たに買おうとする行動を極力断つ訳です。ですから、殆どの人が断捨離を行えば、今よりシンプルな生活となるでしょう。

お金が貯まる

断捨離を実行すれば、買う物が減りますので、自然と今までよりも貯金ができるでしょう。

購入する時に、本当に必要かどうか、相応しいかどうかなど自問自答し、衝動買いは確実にしないようになります。加えて、物自体への執着も無くなりますと、結果的にお金が貯まることに直結します。

気分が軽くなる

断捨離は、「もったいない」という固定概念や、心が取り乱される原因である「とらわれ=物」と向き合うことです。また、自身で作り出している重荷からの解放や、不要な「こだわり=物」を潔くあきらめることでもあります。ですので、実践することで、気分が軽くなることでしょう。

すっきりとした気持ちを得られる

断捨離をすると、身も心もすっきりとすることでしょう。なぜなら、部屋の状態と心の状態が連動するからです。すると、前向きに考えられる様になりやすく、進んで様々なことにも取り組めるなど、他の面でも効果が現れてくると思います。

明るい気分で過ごせる

断捨離をすれば、お気に入りの物だけになります。お気に入りの物だけに囲まれていると、気分が上がるものですので、毎日明るく過ごすことができるでしょう。

過ごしやすくなる

断捨離をすると、何も動かさずに掃除機が掛けられる、埃を拭き取れる、作業動線が短くなるなどといった事が現れるでしょう。すると、自然に過ごしやすくなると思います。

好みがはっきりと分かる

必要なものと不要なものを明確にすることにより、本当に必要なものが分かるだけでなく、好みも自覚できます。それにより、判断する時も早くなります。加えて、確信できたことにより、明るくなったり、前向きになったりし、楽しく毎日が過ごせるようにもなると思います。

断捨離のデメリット

ストレスが溜まる可能性がある

断業=入ってくる不要な物を断つことは、欲しいものを我慢することでもあります。また、捨行=今ある不要なものを手放すことは、過去であっても愛着を感じていた物を手放すことです。いずれも、時間が解決してくれるはずです。ですが、それまでの間、ストレスとなってしまう可能性があります。

断捨離の実践には、ストレスが伴う可能性がある事もよく理解した上で、それを乗り越えた時のことを、強く思い描くようにしましょう。その上で、ストレスを最小限に抑えるために、自分が納得できるものから捨てていくなど、ストレスコントロールをはかりながら取り組むと良いでしょう。

服の断捨離の順序

持っている服の量を把握する

出した服を置くスペースに、持っている服を全て出します。全てを出さないと全体量を把握しずらいので、一旦すべて出しましょう。

ベストな服の数を定める

収納スペースの収納量や、理想の収納スペース、収納方法を念頭に、種類ごとに最低限は必要な数を決めましょう。

手放す服の基準を決める

例)

  • コンディションの良くない服
  • 体型に合わない服
  • 似合わない服
  • 着心地の良くない服
  • 1年を通して着なかった服
  • 「痩せたら着る」など、「たら・れば」で有る服
  • 「高かったから捨てられない」と
  • コーディネートを考えられない服
  • 部屋着にしようとしていた服
  • 思い入れがない服
  • 着た姿を想像できない服
  • 無くしても買い直さないであろう服

 収納をする

理想の収納方法に必要なものは揃え、収納をしましょう。

断捨離出典:http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/bedroom/10

不要な服の手放し方法

主な手放し方法として、「譲る」「売る」「寄贈する」「捨てる」などがあると思います。捨てることは最終手段として考え、その他の方法についてフォーカスします。

もし、捨てる形となっても、雑巾として利用出来るものはするなど、無駄の無いように心掛けましょう。

譲る

家族や親戚など知り合いに直接譲るほかに、使って頂ける方に、フリーペーパーやウェブサイト、アプリなどの媒体を介して直接譲る方法があるかと思います。また、媒体に委託して譲渡する方法もあるでしょう。最近、ウェブサイトやアプリで人気なのは、地域の情報や広告、掲示板を運営しているジモティー。

断捨離

出典:https://jmty.

売る

売る方法には、大きく2つあります。直接販売と委託販売です。

直接販売

直接販売には、様々なスタイルがあります。ガレージセールを開催する、フリーマーケットに出店する、フリーペーパーに掲載する、インターネットを介して販売するスタイルなどです。また、もちろんリサイクルショップに持込み、買取の依頼をするスタイルもあります。

リサイクルショップの中には、持ち込み不要の、宅配買取や出張買取に対応しているところもあり、送料や出張料が無料なところも多いので、うまく利用すると良いでしょう。

主なリサイクルショップ、ファッションビル/ショップ、プラットフォームを提供しているウェブやアプリは以下となります。

リサイクルショップ

  • MODE・OFF(HARD・OFFグループ)
  • トレジャーファクトリー
  • セカンドストリート
  • フクロウ
  • ブランディア
  • ZOZO TOWN

ファッションビル/ショップ

  • 丸井
  • H&M

オークション

  • ヤフーオークション
  • モバオク
  • フリル(楽天のオークション)

フリーマーケット

  • メルカリ
  • ラクマ(楽天のフリーマーケット)断捨離

H&M

ショップに、ブランド関係なく古着や不要な服を持参すると、1袋につき500円分の割引クーポン券と交換してくれます。預かった服を、古着として再販するか、別の役割を与えてリユースするか、新しい製品や繊維にリサイクルする取り組みを進めています。

H&M

出典:http://www2.hm.com/ja_jp/ladies/shop-by-feature/8eb-bring-it-on.html

丸井

実店舗に服を持参すると、1点につきマルイ全店で使える200円割引券と交換。期間限定開催ですので、まずはHPをチェック。一人1日数量限定となっています。

預かった服を、被災地の衣料品店主の方々が行うリユース販売による、現地の経済復興の手伝い、また、この取り組みへの利用、そして、収益金の使い道を明確化したリユースマーケットでの販売。

他には、ブラインドサッカーなど障がい者スポーツへの支援、 NPO法人などを通じての、海外途上国への衣料品を寄贈などを行っています。

マルイ

出典:http://www.0101.co.jp/shitadori/index.html

上記の通り、最近では H&Mや丸井などでも、割引クーポンや割引券で買い取る取り組みをしています。これらのショップでは、引き取った服を様々な形で有効的に利用しています。

委託販売

主に、リサイクルショップに持込み、委託をするスタイルとなります。

ショップに持参

世界中の難民や避難民、災害被災者、妊産婦や母子などへの支援として、服の寄贈に取り組んでいる企業があります。または、手入れをして再販するか、別の役割を与えてリユースするか、新しい製品や繊維にリサイクルする企業もあります。

以下に、代表的な企業の取り組みをご紹介します。

UNIQLO・GU

世界中の難民や避難民、災害被災者、妊産婦や母子などへの支援として、自社製品の服の寄贈をし続けています。UNIQLO

出典:http://www.uniqlo.com/jp/sustainability/refugees/recycle/

無印良品

無理や無駄の少ないリサイクルや、先人の知恵を生かした、リユースをする取り組みを、自社製品においてしています。「あなたの服を地球の福に」を合言葉に、繊維製品を地球の資源へとリサイクルするプロジェクト、「BRING」への参加や、回収した繊維製品は、バイオエタノールなどにリサイクル。また、一部は染め直し加工の上、ReMUJIとして再販売しています。

良品計画

出典:http://ryohin-keikaku.jp/csr/list/

組織団体へ送付

収益金は民際協力への利用を目的とした、NGO・NPOなどの組織団体への寄贈。他には、組織団体や団体が明示した場所に、不要となったものを送付することにより、不要なものが「贈り物」として生まれ変わる取り組みへの参加など。

今後の服の選び方

断捨離の捨行、「今ある不要なものを手放すこと」を行いましたので、今後は、まず「断業=入ってくる不要な物を断つこと」の実践となります。

入ってくる不要な物を断つためには、今ある服より魅力的かどうかを考慮したり、着回しできるかどうかを考えるほか、「手放す服の基準」の逆を考えて選ぶようにしてみると良いでしょう。以下のような感じです。

  • 体型に合う服
  • 似合う服
  • 着心地の良い服
  • コーディネートを考えられる服
  • 無くしたら買い直すであろう服

まとめ

主に、服の断捨離についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

精神面も含め、断捨離が上手くいきましたら、他のアイテムや場所でも実践してみましょう。働いてらっしゃる方は、職場のデスクや資料なども断捨離をしてみると良いと思います。仕事の効率や、やりがいに繋がれば、それも断捨離の効果かもしれません。

断捨離を機に、考え方に変化が生まれると、家の中や外にいる時の在り方、そして人との関わり方にも効果が現れてくるでしょう。また、執着から離れ始めると、関係や物事を客観的に見ることができる様にもなってくるのではないかと思います。

今から実践をして、心身共にすっきりとし、新たな心持ちで2018年を迎えてはみませんか。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top