マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

クリスマスだけじゃない、季節のドアリースを飾っておもてなし

クリスマスだけじゃない、季節のドアリースを飾っておもてなし

リースといえば、クリスマスにリースを飾っているというイメージでしたが、最近では日本でも季節を問わず、ドアリースを飾っている家を見かけるようになりました。リースは海外、特にヨーロッパで古くから親しまれていて、その起源は古代ギリシャ時代まで遡ります。

海外ではなぜドアリースを飾るのでしょうか?また、オリジナルのリースを作って楽しむ方法もご紹介します。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

リースを飾る意味

もともとリースの起源は、古代ギリシャの「名誉と勝利の冠」といわれています。その後、リースの丸い形が、森羅万象の神である太陽を象徴するものとして、「幸運を呼ぶ」や「永遠に命をつなぐ」という意味合いを持つようになりました。

リースをドアに飾るのは、「訪れる人に幸せな気持ちになってもらいたい」「ドアから出かけて行く大切な人が無事に帰ってくるように」といった祈りのように様々な思いが込められています。

日本ではリースといって思い浮かべるのは、クリスマスリースですが、次のような意味合いがあることをご存知ですか?

  • 魔除け
  • 豊作祈願
  • 新年の幸福祈願

魔除けとは、リースに使われている緑葉樹が強い生命力の象徴とされ、葉にも殺菌作用があることから「災いから家族を守る」とされています。

また、リースについているりんご、栗、ぶどう等の果物、松ぼっくり、麦の穂などは次の収穫期の豊作の祈願、そして、キリスト教圏では年が明けてからもクリスマスシーズンが続くので、新しい年の幸せを祈るという意味合いが込められています。

このようにリースにはただ単に綺麗だから飾るというだけでなく、深い思いがこもったものなのです。

そして「訪れる人の幸せを願いたい」「心をこめたリースを贈って、相手を思う気持ちを伝えたい」などの思いを込めて、リースを飾ったり、贈ったりする人が増えてきています。

季節の想いが込められたリース

ドアリースには季節ごとに様々なデザインがあります。お正月にはしめ縄を飾りますが最近では、しめ縄をモチーフにしたドアリースをよく見かけるようになりました。日本の古き良き伝統を受け継ぎながらも、モダンなデザインが人気のようです。

バレンタインのようなイベントのときには、可愛らしい色の花をあしらったハート型のドアリースを飾るのもいいですね。

夏は爽やかなグリーンやハーブを基調とした涼しげなドアリースを飾ったり、秋には収穫祭やハロウィンをイメージして、小さいカボチャや木の実を使ったドアリースを飾るのもいいですね。

そして冬は特大のクリスマスリースを飾って、華やかに飾ってクリスマスを迎えましょう。

ドアリースが飾られている家は、とても華やかな感じがします。季節を感じられるお気に入りのものを、飾ってみたいと思いませんか?

秋色のドアリース

ドアリース

出典:https://www.atpress.ne.jp/news/72221

紅葉や木の実を使って赤色でまとめたドアリースです。落ち着いた色合いが秋らしいですね。

緑と白い花に癒やされる、春らしいドアリース

ドアリース

出典:https://doorwreath.jp/

ガーベラとミニバラを散りばめたドアリースです。春を思わせる優しい雰囲気が、訪れる人を和ませますね。

華やかな夏のドアリース

ドアリース

出典:https://doorwreath.jp/

オレンジや黄色い花を盛り込んだ、元気カラーのドアリースです。色鮮やかな花は見ているだけでもワクワクした気持ちになります。黄色やオレンジ色はビタミンカラーといって、元気をもらえる色です。こんなドアリースを見ると気持ちも高まりますね。

エアープランツのドアリース

ドアリース

出典:https://doorwreath.jp/

エアープランツと多肉植物を使用した、少し変わったドアリースです。緑のみの色合いですが、濃淡いろいろな緑色が混じっているので、奥行きを感じる素敵な作品です。エアープランツは空気中から酸素と水分を吸収して生きているので、枯れることはありません。ドアリースにピッタリな植物ですね。

お正月を祝うドアリース

ドアリース

出典:https://www.waandstyle.com/%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88/

お正月のしめ縄飾りも、こんなお洒落なリースなら飾ってみたくなりますよね。新しい年を祝うのにふさわしいドアリースです。

深い色合いのゴージャスなドアリース

ドアリース

出典:https://www.waandstyle.com/%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88/

真紅のバラがメインのとてもゴージャスなドアリースです。ところどころに配置された薄い色の花と、木の実がとても良くマッチして、リース自体の深みを醸し出しています。

木の実を使ったドアリース

ドアリース

出典:http://www.tenki.jp/suppl/e_kuraya/2017/08/08/24881.html

松ぼっくりや木の実を使ったリースといえば、クリスマスをイメージしますが、このドアリースのように秋を感じさせるリースもいいですね。周りにまかれたグリーンとのコントラストが素敵です。

ミモザのドアリース

ドアリース

出典:https://hokuohkurashi.com/note/116558

ミモザといえば、お菓子作りに使うミモザの砂糖漬けがよく知られていますが、生の花を使ってリースにすることもできます。黄色い小さな花がとても可愛いですね。春の訪れと共に咲く花なので、ドアリースにして飾ると、玄関先も華やぎます

春の花を散りばめた優しい雰囲気のドアリース

ドアリース

出典:https://www.hanadonya.com/product/980-00001.html

ピンクのバラが可愛らしい、春を散りばめたようなドアリースです。全体が優しい雰囲気で、訪れる人の心を和ませてくれます。

ドアを彩る花束のようなドアリース

ドアリース

出典:http://www.s-kain.jp/course/doorwreath/%E6%98%A5%E3%81%AE%E8%8A%B1%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9

流れるように花をあしらったリースです。全体を春の花でまとめてあって、若草色のリボンがアクセントになっています。春に飾りたいドアリースですね。

多肉植物好きにはたまらないドアリース

ドアリース

出典:https://www.hanadonya.com/magazine/hanarecipe/ukiuki/2604.html

こちらは造花(アーティフィシャル)の多肉植物を使ったドアリースです。生花を使うことが多いリースですが、このように造花でも可愛く作ることができます。ぱっと見た感じでは、造花とは思えませんよね。緑の中に赤い差し色がとても引き立ちます。

プリザーブド紫陽花を使った夏にピッタリのドアリース

ドアリース

出典:https://www.hanadonya.com/magazine/hanarecipe/ukiuki/2610.html

ボリューム満点の夏らしい色合いのドアリースです。プリザーブド紫陽花を何色もふんだんに使って、見た目にも涼しげ。暑い夏を吹き飛ばしてくれそうなくらい、元気が出るドアリースですね。

秋の装いのドアリース

ドアリース

出典:http://www.flowergallery-moegi.com/

とても秋らしい落ち着いた雰囲気のリースです。小さなアーティフィシャルフラワー(造花)を集めて作りました。ドアリースとしても、お部屋のインテリアとしても楽しむことができます。色合いが素敵ですね。

クリスマスにピッタリなリース

ドアリース

出典:https://www.hanadonya.com/magazine/hanarecipe/ukiuki/2385.html

針葉樹と赤い実を使ったドアリースです。緑に赤といえばクリスマスですね。シンプルだけど、温かみを感じます。大きな松かさが良いアクセントになっています。

ユーカリのドアリース

ドアリース

出典:https://www.hanadonya.com/magazine/hanarecipe/ukiuki/2453.html

ユーカリの葉だけで作ったとてもシンプルなドアリースです。単色ならではの深い色合いが素敵です。

ドアリースを手作りしよう

たくさんのドアリースを見てきましたが、ここではミモザのドアリースの作り方を紹介したいと思います。

このドアリースは生の花でつくりますが、ミモザ自体はドライフラワーにすることができます。リースの形に仕上げてから、乾燥させる事によって、また違った雰囲気になります。一度作ると長く飾れるので、是非挑戦してみてください。

材料

  • ミモザ(5~8本。リースの大きさによって調節してください)
  • 直径20センチほどのリースの土台(100円ショップ、雑貨屋さん、花屋さんで手にはいります)
  • 花ばさみ
  • 麻ひも(リースを壁に掛けるためのものと、ミモザを巻きつけていくためのもの。リースの直径の4倍ほどの長さのものを用意)

作り方

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=Lnd72yc4zg8

こちらの動画で作り方が詳しくわかります。

  1. 最初にリースの土台に麻ひもで壁に掛けるための輪を作ります。
  2. ミモザは15センチ位の長さにカットしておきます。
  3. リース土台にミモザをしばる麻ひも(緑の紐)の端を、10センチほど残して結びます。
  4. ミモザを3~4本束ねて、土台が見えないように埋めてから、根本と土台を合わせて麻ひもで巻いていきます。ポイントは麻ひもをギュッとしっかりと力を入れながら、土台に巻きつけていくことです。ミモザの花の部分は後から重ねていくので、このときはあまり見栄えを気にしないでも大丈夫です。

 

そのまま同じことを繰り返しながら、グルっと一周して最初に残しておいた麻ひもと結べば出来上がりです。

出来上がったリースは土台よりも3倍ほどの大きさになっています。

ドライフラワーになっていくときに、縮んでいくのでたっぷりと花を使って、ボリュームあるリースに仕上げると、丁度良い大きさになります。

ドアリースを作るための費用

ミモザは春先に生花店で購入できます。1本約300円~(生花なので、そのときによって値段は変わります)

リース台、麻ひもは100均で手に入ります。

ミモザリースを作るのにかかる費用は約2,600円~4,000円です。(生花の値段によって変わってくるので、幅を持たしてあります。)

まとめ

日本ではまだまだ馴染が浅いですが、ドアリースに込められた深い思いを知ると、飾ってみたくなります。また、訪ねた先の家に飾ってあると、歓迎されているような気持ちになり、嬉しくなります。

上でも紹介したように、ドアリースには生花で作ったものと、造花で作ったものがあります。どちらもそれぞれに趣があって素敵ですね。

ただ、生花は毎日霧吹きで水を掛けなければならないなど、造花に比べると多少手間がかかるようです。

是非お気に入りのひとつを見つけて、ドアリースを飾ってみてください。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top