マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ダイソンにも負けていない!「マキタ」の掃除機特集!

ダイソンにも負けていない!「マキタ」の掃除機特集!

コードがついた掃除機からは卒業して、夢のコードレス掃除機で家をスイスイ掃除したい!けど高そうだな。。。。と感じているそこのアナタ!マキタのコードレス掃除機をご存知でしょうか?

高品質、低価格を実現したマキタの掃除機を知らないのは損です!今回はそんなマキタの掃除機を6種類ご紹介いたします。

比較する項目は、価格・重さ・バッテリー・スイッチ・ゴミ捨て方法など機種別に詳しく、分かりやすく解説しています。

また、充電式クリーナーの購入リストの上位に名が挙がる常連であるダイソンとの比較まで網羅しています。

この記事で、あなたの理想のコードレス掃除機を探す参考にしてくださいね!

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マキタの掃除機とは?

マキタは、プロが建築現場などで使う工具メーカーで有名です。シンプルで頑丈で使い勝手のよい商品が多い、プロ仕様のメーカーです。

新幹線の清掃などにも使われていることで有名なマキタの掃除機は、シンプルで頑丈で使い勝手がよいことは言うまでもありません。

またパーツが壊れても、安価で買い直せるところも魅力です。

マキタのコードレス掃除機を徹底分析

充電式クリーナーを選ぶときの大切なポイントはバッテリーとゴミ捨て方法とスイッチ方式をどうするかではないでしょうか?

今回、主なマキタのコードレスクリーナーとしてCL141FDRFW、CL181FDRFW、CL100DW、CL102Dの四種類について比較してみます。

下記の8個の比較項目により、総合的な評価をしていきます。

  1. バッテリータイプ
  2. ゴミ捨て方法
  3. スイッチ
  4. 重量
  5. 充電方法
  6. 使用可能時間
  7. 吸込み仕事率
  8. 標準付属品

①バッテリータイプ

電池タイプは、リチウムイオン電池バッテリータイプとニカド電池内蔵バッテリータイプの二種類があります。

この二つのうち、基本的にオススメなのはメリットの多いリチウム電池です。リチウム電池をオススメする理由は、値段はニカド電池より高いですが、急速充電、継ぎ足し充電ができ、放電が少ないからです。そのため最近の充電式家電の多くに使用され、マキタでは他の電動工具とも供用できます。

マキタの掃除機に搭載されているバッテリーは、おもに10.8V、14.4V、18Vの三種類です。

②ゴミ捨て方法

ゴミ捨て方法は、二種類あります。一つは紙パック式で、もう一つはカプセル式です。

紙パック式

紙パック式は、ワンタッチで開くフロントカバーを開きゴミに触れずに捨てられるので、手を汚さず衛生的に簡単に捨てられることがメリットです。

繰り返し使える不識布のダストバッグを使えば、交換は年1回ほどになりランニングコストを安く抑えられます。

また、購入時に抗菌仕様紙パック10枚と繰り返し使えるダストバッグ1枚が標準付属品として付いているので、とても便利です。

別売品ですが、ゴミの捕集効率がさらに向上する高機能ダストバッグ1,000円(税別)もあります。

カプセル式

カプセル式は、カプセル部分をひねって捨てるだけです。フィルターの上にプレフィルターを被せてゴミをカプセルの中に集めます。

上位機種なら標準付属品で付いてるゴミの捕集効率がさらに向上する高機能フィルター800円(税別)もあります。

③スイッチ

スイッチは、トリガ式、ワンタッチ式の二種類あります。

使いたい時に握るとスイッチが入るトリガ式は、無駄な電気を使わずバッテリーの消耗が抑えられるのが利点です。ただ握るのには握力が必要なので、スイッチは固くありませんが疲れる可能性はあります。

ワンタッチ式は、簡単にオンオフがボタンで切替えられますが、こまめにスイッチを切らないとバッテリーが消耗して電気を無駄にすることになります。掃除中に物を除けたり動かしたりするときは、電源を切り替えて掃除しましょう。

④重量

重さは搭載するバッテリーによって変わってきますが、他のコードレスクリーナーに比べると、マキタの充電式クリーナーは1㎏前後と圧倒的に軽いものが多いです。

⑤充電方法

マキタの掃除機の充電は、本体ではなくバッテリーがスライドで取り外しできて、充電器に差し込んで充電するタイプが多く、リチウムイオン電池の特性である継ぎ足し充電や急速充電が可能です。

他の家電メーカーの充電時間は2~3時間かかるのに比べると、約22分というマキタの掃除機は他に類をみない速さで、その分電気代の節約にもなります。この充電時間の短さが、マキタコードレスクリーナーの最大の魅力になるでしょう。

⑥使用時間

連続使用時間については、コードレスの掃除機の中では最長に近い約40分です。

広めの一軒家では足りないかもしれませんが、フローリングのマンションでは問題なく綺麗に掃除できる使用時間ではないでしょうか。

⑦吸込み仕事率

吸込み仕事率とはW(ワット)の単位で表されますが、数値ではよくわなからないと思います。14Wの場合は、フローリングのお部屋の床掃除には十分足りて、ふとん圧縮袋の吸引も余裕でできるくらいのパワーです。

これを目安として、吸い込み仕事率のパワーを判断してください。

毛足の長いじゅうたんやカーペットにからまった、髪の毛やペットの長い毛を吸い込むのは、ダイソンのダイレクトドライブクリーナーヘッドのような回転ブラシでかき出さないと吸えないので、一概に吸い込み仕事率だけで吸引力を比較するのは難しいでしょう。

⑧標準付属品

マキタの掃除機の標準付属品は、ノズル・ストレートパイプ・サッシ(すきま)用ノズルになります。

マキタのコードレス掃除機徹底比較表

マキタのコードレス掃除機の主な機種4種の徹底比較を表にしました。価格に関しては、マキタ公式HPの標準小売価格(税別)を参照し、重さはバッテリーを含みますが、ノズル・パイプは除いた重さを記載しております。

機種 CL141FDRFW CL181FDRFW CL100DW CL102D
写真  CL141FDRFW  CL181FDRFW  CL100DW  CL102D
参考価格

(税別)

35,400円 37,000円 17,800円 19,500円
重量 1.3kg 1.4kg 0.88kg 1.0kg
長さ 981mm 999mm 966mm 984mm
電源 14.4V3.0Ah 18V3.0Ah 10.8V1.3Ah 10.8V1.3Ah
充電時間 約22分 約22分 約50分 約50分
連続使用時間 強:約20分

標準:約40分

強:約20分

標準:約40分

約12分 強:約13分

標準:約21分

スイッチ ワンタッチ ワンタッチ トリガ式 ワンタッチ
ゴミ捨て方法 カプセル式 カプセル式 カプセル式 紙パック式
集じん容量 650ml 650ml 600ml 300ml~500ml
吸込み仕事率 強:29W

標準:10W

強:30W

標準:11W

14W 強:14W

標準:5W

ライト 高輝度LED

ライト付き

高輝度LED

ライト付き

なし バッテリー切れお知らせ機能付き

LEDライト

photo by makita 

マキタの個性的な掃除機を徹底分析

マキタには他にも、ターボ機能があるものやロボットクリーナなど、多彩な機種の掃除機があります。

RC200DZロボプロ

オフィス、店舗、倉庫のお掃除用にシャープと共同開発したロボットクリーナRC200DZ「ロボプロ」は、俗称マキタルンバとも呼ばれています。

かなり広い豪邸のフローリング掃除にはオススメです!セキュリティシステムが作動しているところでは、侵入者と間違われるほどの存在感!ということで、家庭用というよりは業務用ですね。

センサウォール機能付きなので、走行エリアを制限することができます。また、ダストボックスのごみ捨ては簡単で、ダストボックスはブラシ・フィルタと共に水洗い可能です。

RC200DZロボプロ

photo by makita

  • 商品名:RC200DZロボプロ
  • 価格:115,000円(税別)
  • サイズ:直径460mm×奥行460mm×高さ180mm
  • 重量:7.8kg(ルンバ3.9kgの2倍)
  • 集じん容量:2.5L(ルンバ0.6Lの約4倍)
  • バッテリー:18V5.0Ahを2本使用(18V3.0Ahを2本使用も可能)
  • 連続使用時間:約200分(5.0Ahの2本使用時)、約120分(3.0Ahの2本使用時)
  • 充電時間:約45分(5.0Ah)、約22分(3.0Ah)
  • 清掃可能面積:最大500㎡=約274畳(テニスコート約2.5面分)

マキタのターボ機能付きCL103DW

CMでも話題のターボ機能が付いたCL103DWは、通販生活でオリジナル販売されています。

通販生活でしか手に入らないターボ機能付き特別強力タイプのマキタの掃除機の吸じんパワーは、ワンタッチのボタンでターボ、強、標準と切り替えられます。

オススメに値する特徴であり大きなメリットは、ターボ機能ももちろんですが、5年間の無料修理と修理部品が10年間保有されているところでしょう。

デザインより機能性重視のマキタには通常ないアイボリー、ブラック、オレンジの3色カラーの展開も魅力です。

CL103DW

photo by cataloghouse 

  • 商品名:マキタのターボCL103DW
  • 価格:12,250円(税別)/送料別途
  • サイズ:983mm
  • 重量:1.3kg(バッテリー含む)
  • カラー:アイボリー、オレンジ、ブラック
  • ゴミ捨て方法:紙パック式
  • バッテリー:10.8Vバッテリー内蔵(充電アダプターで充電)
  • 吸込み仕事率(W):ターボ32W、強20W、標準5W
  • スイッチ:ワンタッチスイッチ
  • 連続使用時間:ターボ約12分、強約15分、標準約30分
  • 充電時間:4時間
  • 付属品:すき間ノズル、集塵袋(紙製10枚・不織布製1枚)、充電アダプター

業務用の充電式クリーナー CL107FDSHW

業務用に使われるCL107FDSHWのタイプの一番の特徴は、充電時間より長く使えるところでしょう。

充電時間約22分で標準吸込みモード約25分も可動します。また、吸込みモードも三種類あり、掃除する場所や想定されるごみの種類によって使いわけることができます。

軽量でパワーのある機種ですので、一人暮らしのフローリングの掃除に最もオススメの機種です!

CL107FDSHW

photo by makita 

  • 商品名:充電式クリーナーCL107FDSHW
  • 標準小売価格:20,000円(税別)
  • 重さ:1.1kg
  • 長さ:960mm
  • 電源:リチウムイオン電池10.8V1.5Ah
  • 充電時間:約22分
  • 連続使用時間:パワフル:約10分、強:約12分、標準:約25分
  • スイッチ:ワンタッチスイッチ
  • ゴミ捨て方法:紙パック式
  • 集じん容量:ダストバッグ500ml、紙パック330ml
  • 吸込み仕事率:パワフル:32W、強:20W、標準:5W
  • ライト:バッテリー切れお知らせ機能付きLEDライト

ダイソンとマキタの掃除機を比べてみました

あなたにとって、マキタは充電式クリーナーをネットやクチコミで探してみて、初めて名前を耳にしたばかりかもしれません。でも、そんな通好みのマキタと「吸引力が変わらない」CMで有名なダイソンコードレス掃除機を比べて購入する人が増えています。

それでは、人気を二分する充電式クリーナーの購入リストの常連であるマキタとダイソンのどちらがあなたに合ったクリーナーなのか、六つの点で比較してみましょう!

ダイソンvs.マキタ重いのはどっち?

スティックタイプやハンディタイプのクリーナーは手に持ったまま掃除をするので、疲れずに作業するには軽いものを購入したいはずです。そこで、マキタとダイソンの重さを比べてみます。

ダイソンの場合は、ヘッドのタイプによって重さが多少変わってきますが、2.0~2.6kgとなります。

マキタの場合は、バッテリーのタイプによって重さが多少変わり、0.81~1.5㎏というところです。圧倒的にマキタが軽いですね。

ダイソンvs.マキタの重さ対決! は、「マキタの勝利」です。

ダイソンvs.マキタ吸引力は?

ハンディクリーナなどの充電式掃除機のネックになりやすいのは吸引力ですが、掃除機の一番大事な仕事はゴミを吸うことですので、吸引力を比べてみましょう。

ハンディクリーナや充電式クリーナーの中では、マキタもダイソンも吸引力があることで人気が高いです。

マキタにはヘッドにブラシ付きの機種はありませんが、ダイソンにはヘッドのブラシが回転するタイプなど、カーペットやじゅうたんに絡みついた髪の毛やペットの毛の掃除に強い機種がありますので、ダイソンに軍配が上がります。

ダイソンvs.マキタ吸引力対決! は、「ダイソンがリード」です。

ダイソンvs.マキタバッテリー性能の違いは?

充電式クリーナーで困ることのひとつに、使いたい時にバッテリーが空だったり、使っている途中で電源が切れたりすることです。

ゴミが目についた時や思いたった時、必要な場面でサッとかけるために購入したハンディのコードレス掃除機なのに、使いたい時に使えないという残念な結果になってしまいます。そこで大事なのは、バッテリーの性能になります。

バッテリーの性能を充電時間と連続使用時間という2つの観点から分析しようと思います。

バッテリー比較①:充電時間

ダイソンの充電時間は約3.5~5時間で、マキタ充電時間は約22~180分です。マキタで充電に最長時間がかかる機種でも、ダイソンより短かいのが面白いですね。

マキタの22分の充電機種なら、たとえ使いたいときにバッテリーが空だったとしても、満充電まで待てるのではないでしょうか。どちらもリチウムイオン電池なので継ぎ足し充電できるのは、うれしいところです。

ダイソンvs.マキタバッテリー性能・充電時間対決! は、「マキタが圧倒的有利」となります。

バッテリー比較②:連続使用時間

モードによって連続使用時間は変わってきますので、標準モードの時間を比較してみます。

ダイソンの標準モードの連続使用時間は、約13~40分で、マキタの標準モードの連続使用時間は、約8~40分です。

上位モデルではどちらも約40分ですが、充電時間の長さも踏まえるとマキタのバッテリーの方が効率がよいですね。

ダイソンvs.マキタバッテリー性能・連続使用時間対決! は、「マキタが上」でしょう。

ダイソンvs.マキタ扱いやすいのはどっち?

ダイソンの掃除機は重みと掃除面の密着性で、男性でもかけるのに手こずることがあります。マキタは業務用なので、シンプルな作りで軽い割に頑丈で、女性や子供でも面倒がなくサッと手軽にかけられます。

ダイソンvs.マキタ扱いやすさ対決! は、「マキタが手軽でよい」です。

ダイソンvs.マキタお値ごろ感は?

満足度の高いものはお値段も高いと思いますが、購入するときには予算があります。なるべくよい性能のものを安く買いたいのは、みんな同じ思いではないでしょうか。

ダイソンは、4万円台~10万円近くまでと結構なお値段です。

それに比べてマキタは2万円弱からあり、上位機種でも3万円台で購入できます。

ダイソンvs.マキタお値段対決! は、「マキタの方がとてもお財布にやさしい」のです。

まとめ

マキタのコードレス掃除機との初対面で感じることは、「これって大丈夫なの~」という感想です。

その理由は、軽さとコンパクトさに驚くからです。受け取った梱包の箱の細さや軽さからは想像できない機能やパワーは、この記事でご理解いただけたのではないでしょうか。

掃除機がメイン使用なのか2台目なのかなど、購入する目的やあなたのライフスタイルに合わせてメリットやデメリットを比較して、賢く失敗のないコードレス掃除機選びをしましょう!

eyecatch by sojiki

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top