マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【保存版】実は奥が深い照明の役割!場所別の選び方を紹介

【保存版】実は奥が深い照明の役割!場所別の選び方を紹介

普段何気なく使用している部屋の照明。実は照らし方一つで、部屋を明るく爽やかな印象にも、落ち着いて大人びた印象にもガラッと変化させることができます。照明の種類や光の照らし方の手法を学び、自分が最もリラックスできる部屋の照らし方を研究することで、今住んでいる部屋をよりイメージ通りの快適な空間にコーディネートしましょう。

今回は、部屋をより快適な環境にするための立役者である、照明の種類と配光パターン、照明プランについて紹介します。  >>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

主照明と補助照明について

部屋の雰囲気を良くする照明プランを学ぶための第一歩として、まずは基礎となる照明器具の種類について紹介します。

私たちが普段の生活を送る中で何気なく使用している照明器具ですが、「主照明」と「補助照明」の2つに分けることができます。この2種類の照明を組み合わせ、効果的な位置に設置して部屋を照らすことで部屋の印象が大きく変わり、自分好みの部屋づくりに活用することができます。ここでは、「主照明」と「補助照明」の特徴や役割について紹介します。

「主照明」の種類や特徴について

まずは、部屋の照明として最も一般的な「主照明」について紹介します。

「主照明」は、部屋全体を均一に照らすことを目的として作られた照明のことで、一般的な生活で何気なく使用している照明器具のほとんどがこの「主照明」に分類されます。「主照明」は、「部屋全体を明るく照らす」という性質から、部屋の天井や高いところに設置される場合が多い照明器具です。

主照明として使用される照明器具の種類は、

  • シーリングライト
  • ダウンライト
  • ペンダント
  • シャンデリア

などがあります。

シーリングライト

部屋の照明として最も一般的なタイプの照明器具です。部屋の天井中央に設置され、高い位置から部屋全体を均等に照らすことを目的としています。多くの家庭にこのタイプの照明が採用されて取り付けられています。

この照明器具は、部屋全体を均一に照らすことができるため、部屋の空間を広く見せ、柔らかい印象を与えるのが特徴です。シーリングライトと言えばLEDのライトが一般的ですが、取り付けの際にはいくつか注意点があるので気をつけましょう。

ダウンライト

天井に直接埋め込まれているタイプの照明器具です。ダウンライトは照明器具の中でも小型のため、使用する際には部屋のサイズに応じて複数個配置する必要があります。天井に直接埋め込むタイプの照明なので、天井をすっきりとした印象に纏めてくれるのも特徴です。

ダウンライトを設置すると配線などを隠すことができるので、天井の低い部屋でも広々とした空間に演出することができます。

ペンダント

天井からコードの配線やチェーンで吊されているタイプの照明器具です。チェーンなどの先端に吊されているので、テーブルなどに近い場所から部屋の一部分を照らし、印象づけることができます。ダイニングテーブルなど、特定の場所を特に明るくしたい場合に利用されることが多いのも特徴です。

シャンデリア

クリスタルガラスのような透明な素材で装飾部分が作られたライトになります。通常の照明器具と比べて装飾部分が多く特殊な形をしているため、豪華な印象を与えてくれます。天井の高い位置に設置されることが多く、高級感を演出してくれるため、ホテルやレストランでもよく使用されます。

一般的な照明器具のように部屋を明るく照らすという用途だけでなく、装飾性を重視して作られており、華やかさやきらびやかな雰囲気を出したい場合に好んで使われる照明器具です。

「主照明」の特徴

「主照明」は部屋全体を明るく照らすことを目的として作られているため、強い光を放つという点が共通しています。しかし、採用する照明器具の種類によって、光の照らし方や部屋の雰囲気が大きく異なってきます。自分の部屋をイメージ通りの雰囲気にライトアップするためには、間取りをしっかりと確認してイメージを固めた上で、そのイメージ通りの雰囲気が出せる「主照明」を採用するように心掛けましょう。

補助照明の種類や特徴について

続いて「補助照明」について紹介します。「補助照明」は、「主照明」のように部屋全体を照らすものではなく、部屋に明るさを足したり、部屋の一部を照らし出す効果がある照明の種類です。

「補助照明」を使うことで、奥行きを感じさせる空間を生み出したり、異なった色味の光を加えて部屋の雰囲気を変化させることができます。「補助照明」の代表的な種類としては、

  • スポットライト
  • フットライト
  • ブラケット
  • スタンドライト
  • フロアライト

といったものがあります。

スポットライト

集光性が高く強い光を放つため、周囲の陰影がはっきりと浮かび上がるのが特徴です。部屋の中で一点を照らしたい場合や、部屋の明かりのアクセントとして使用します。

フットライト

は夜間や物陰になっている場所など、暗くなった足元を照らすために使用する照明器具です。一般的に、ベッド付近や廊下、階段といった足元の暗くなりがちな場所に設置されます。

ブラケット

壁面に取り付けられている照明器具を指します。一般的に、夜間に見通しが悪くなる玄関口や勝手口、廊下やリビングの一角などに設置されます。壁に取り付ける照明器具のため、設置場所の自由度が高く様々な形状があります。壁の一部分を照らして光を反射させることで柔らかい光を生み出し、奥行きのある印象を与えてくれる照明器具です。

スタンドライト

夜間に暗くなった部屋の一部分のみを照らし、部屋の雰囲気を変えてくれる移動式の照明器具です。スタンドライトの種類には、テーブルやベッド脇に設置して手元を照らし、読書灯として使用できる小型のテーブルスタンドや、部屋の一部分を照らして印象的に見せることができる、背の高いフロアスタンドなどの種類があります。

「補助照明」の特徴

部屋全体を均一に明るく照らす「主照明」に対して、「補助照明」は部屋の一部分を照らしてその部分を印象的に演出したり、陰影を作り出して奥行きがあるように見せるといった特徴があります。

「主照明」だけでなく「補助照明の」光を加え、設置場所や照明の種類を変えるなどの工夫をすると、部屋の印象を比較的簡単に変化させることができます。

照明器具の光はどのように広がっていくのか

ここまで、「主照明」と「補助照明」の種類や特徴について紹介してきました。

それぞれの照明の種類によって特徴が異なりますが、「主照明」は部屋全体を均一な明るさにする目的があり、「補助照明」は部屋の一部分を照らして雰囲気を調整するという特徴があります。「主照明」と「補助照明」のそれぞれの照明の特徴をつかみ、組み合わせて使用することで部屋の印象を自分のイメージ通りのものに近づけることができます。

ここからは、照明の特性をさらに詳しく把握して、イメージ通りの部屋づくりの助けとなれるように、照明器具の配光パターンについて紹介していきます。

 照明器具の配光パターン

部屋の照明器具のレイアウトを検討する際に重要なのが「配光パターン」です。配光パターンとは、照明器具などの光源から出た光の方向を示すパターンのことで、大きく分けると、

  • 全般拡散配光
  • 直接配光
  • 半直接配光
  • 半間接配光
  • 間接配光

の5つがあります。各照明の用途ごとに配光パターンを考慮に入れて部屋のレイアウトやライトアップの方法を検討していくと、イメージ通りの部屋づくりができます。

ここからは、具体的にそれぞれの配光パターンを説明します。

全般拡散配光

全方向に均一に光を放つ配光パターンです。上方向に40%~60%、下方向にも同様に40~60%の光を放つため、空間全体が照らされて暖かみのある明るい印象を作り出してくれます。一般的な家庭に取り付けられている「主照明」によく利用されているのがこの配光パターンです。

直接配光

光源から出た光のほとんどが下向きに照らされる配光パターンです。上向きの光が0~10%程度、下向きの光が90~100%の割合で部屋を照らすため、部屋のライティングの効率が非常に良いのが特徴です。

より強く部屋を照らす性質があるので、部屋の隅や天井、物陰などに強めの影を作ることができます。ダウンライトなどにこの特徴があり、部屋の陰影が際立つため、部屋のライトアップの際にアクセントとして利用するのに優れています。

半直接配光

光の大半を下方向に向けるとともに、一部の光を上方向に放つ配光パターンです。下方向に60%~90%の光を出し、上方向の光を10%~40%程度の割合で照らし出すため、直接配光と比べて落ち着いた柔らかい印象となり、生み出される陰影についてもやや弱まる傾向にあります。

半間接配光

天井面をメインに照らし、やや弱めの光で下方向を照らし出す配光パターンです。光の割合としては、下向きの光が60%~90%、上向きの光が10%~40%程度となります。この配光パターンは上方向に光が拡散するため、部屋の天井や壁の部分が照らし出され、柔らかくて落ち着いた印象を与えることができます。

間接配光

ほとんどすべての光を上に向けて天井を照らす配光パターンです。下向きの光が0~10%、上向きの光が90~100%程度の配分で部屋を照らします。この配光パターンを採用した場合には、すべての光が天井を向いて反射光のみで部屋が照らし出されるため眩しさを感じることがなく、落ち着いた上品な印象を与えることができます。

照明の照射面によって作り出される部屋の印象について

ここまで、照明の種類や配光パターンについて紹介してきました。配光パターンの説明でも軽く紹介した通り、直接照らす場所や光の反射によって部屋の印象は大幅に変化します。ここからは、部屋のどの部分を照らすとどのような雰囲気になるのか、照明の照射面ごとに受ける印象の違いについて紹介していきます。

照明でライトアップできる部屋の場所としては、天井、壁、床の3つがあります。それぞれを照らす照射面の組み合わせパターンとしては、大きく分けると、

  • 部屋全体を照らすパターン
  • 天井と壁を照らすパターン
  • 天井を照らすパターン
  • 壁を照らすパターン
  • 床と壁を照らすパターン
  • 床を照らすパターン

の6つに分けることができます。

部屋全体を照らすパターン

部屋全体がバランスよく明るくなるため、明るい印象を受けるようになります。また、部屋全体にまんべんなく光が拡散するので、光に柔らかい印象を受けて明るく居心地の良い空間を作り出すことができます。部屋に明るさや暖かみを感じたい場合にこのパターンを採用するのがおすすめです。

天井と壁を照らすパターン

天井と壁の2つの部分を照らすことで部屋に拡散する光を和らげ、空間全体を広く見せる効果があります。部屋全体の明るさを保ちつつ、やや落ち着いたリラックスできる印象の部屋づくりをしたい場合におすすめです。

天井を照らすパターン

天井に光を集中させる事で反射光のみでお部屋全体を照らす方法になります。天井を照らすことで、部屋の上部が明るく照らされて広がりが感じられる反面、壁面や床などはぼんやりと柔らかい光で照らされることになります。天井が高い印象を与えるとともに、開放感のある居心地の良い雰囲気になります。

壁を照らすパターン

壁に向けて光を照射することで部屋全体が横からの反射光で照らされます。そのため、部屋の柱や家具などの陰影が際立ち、重厚感のある空間を演出することができます。部屋の横の空間を広く感じられるので、ギャラリーのような印象の空間を作りたい場合におすすめのパターンです。

床と壁を照らすパターン

ライトの明かりを下に向けつつ反射光を利用した照らし方です。部屋の陰影が際立ち、落ち着いた重厚感のある印象になります。部屋の重厚感を感じつつ、優雅な雰囲気を過ごしたい方におすすめです。

床を照らすパターン

部屋の上部から光を真下に照らすことで床面のみが明るく照らされます。部屋の壁や天井などが床からの反射光で柔らかく照らし出され、普段味わうことのできない高級感や非日常的な印象を受けます。ホテルのような上品で大人の落ち着きが感じられる空間を演出したい場合におすすめのパターンです。

部屋別に照明のプランニング例

ここまで紹介したように、照らし出す場所によって部屋全体から受ける印象は大きく変わります。部屋ごとの印象をイメージしてライトアップの仕方を調整することで、自宅内で様々な雰囲気を楽しめます。ここからは、リビングや寝室など、部屋ごとのおすすめ照明プランを紹介します。

リビング

リビングは家族と触れ合う場となる重要な部屋です。家族みんながリラックスした状態で、明るく楽しい会話ができるような快適な空間づくりが重要となります。明るい雰囲気を作るためには、「主照明」としてシーリングライトやシャンデリアなどの照明器具を使用して「全般拡散配光」で部屋全体を包み込むようなあたたかい光をあてるのがおすすめです。

また、家族の年齢層が全体的に高めでやや落ち着いた雰囲気のリビングにしたい場合には、ダウンライトなどを利用した「直接配光」や「半直接配光」による柔らかい光の照射で、シックな印象のリビングを演出しても良いでしょう。

その他の方法として、「主照明」でシーリングライトを利用して全体的に均一な光を与えつつ、スポットライトなどの「補助照明」を組み合わせて部屋の隅に光と影のアクセントを加えるなどの工夫を施し、リビングに奥行きや重厚感を加えるのもおすすめです。

ダイニング

リビングに引き続き、ダイニングも家族が一緒に時間を過ごす重要な場所です。ダイニングもリビングと同様、家族の会話が弾むように明るい雰囲気にしましょう。

ダイニングでは明るさと開放感を出して家族の会話が弾むように、「半直接配光」部屋全体を柔らかい光で包み、広々とした開放感のある空間を演出するのがおすすめです。

また、「半直接配光」とは対照的な方法ですが、ペンダントなど一部分を集中して照らす照明器具を使って、ダイニングテーブルの部分を重点的に明るくし、ダイニングのテーブルだけを印象的に際立たせる方法もあります。このライトアップは、家族との食事や会話など、ダイニングテーブルにいる時間をより印象的に演出したい場合におすすめの照明プランです。

寝室

寝室は、一日の疲れを癒してゆったりとした気分で眠りにつく場所です。落ち着いた気分で快適な眠りが取れるように、やや暗めの重厚感のある空間にするのがおすすめです。

具体的には、天井や壁を照らして反射光による柔らかく奥行きのある印象のライトアップを行います。「主照明」だけでなく、ブラケットやフットライトで補助的な光を効果的に加えると、重厚感のある明るさが気持ちを落ち着けて、一日の締めくくりにふさわしい印象になります。

子供部屋

子供部屋は、子供がのびのびと生活できるように、明るく開放感のある印象にすることが大切です。「全般拡散配光」や「藩直接配光」で部屋を明るく広々とした印象にしましょう。その際、部屋を明るくするあまり強めのライトを使用してしまう場合が多くありますが、あまりにも明るくしすぎると、直接的な光を受けて目が悪くなってしまったり、明るさで集中できずに逆にストレスに感じてしまうこともあるようです。

そのため子供部屋の明かりは壁面などに光をあてて間接的な柔らかい光にしたり、照明の色をオレンジ色ベースの落ち着いた配色にし、足りない光はテーブルスタンドなどの「補助照明」で補うようにするなど、子供が自然に楽しく過ごせる環境に配慮した部屋づくりを行うのがおすすめです。

玄関や廊下まわり

数ある部屋の中でも、玄関や廊下周りは自宅を訪れたお客様を迎え入れる重要な場所です。訪ねて来た人と快適に話せるように明るさを求めるのも大事ですが、ただ明るい空間にするだけでなく、居心地の良い環境を作れるように配慮するのが重要です。

玄関や廊下では、明るさを保ちつつややシックな印象を持たせるために、ダウンライトを使用して陰影のある落ち着いた雰囲気を作るのがおすすめです。

書斎や仕事部屋などの作業スペース

自宅内に書斎や仕事部屋などの作業スペースを持っている家庭は少ないかもしれませんが、集中出来る作業スペースにするために、ぜひこだわりを持ったライトアップを行い、快適な空間づくりを行いましょう。

書斎や仕事部屋などの作業スペースでは、落ち着いた気分で読書や作業が行えるように配慮するのが重要です。光の色は柔らかいものを選び、床と壁を照らすスタイルや壁をメインに照らす手法を使って、直接的な光ではなくできるだけ反射光で照らすようにして居心地の良い空間を演出しましょう。

まとめ

ここまで、各種照明の種類や特徴、部屋を照らす場所ごとに得られる印象の違いについて紹介をしてきました。照明の照らし方を工夫することによって、単純に部屋の中を明るくするだけでなく、空間に奥行きを感じられるようになり、柔らかい光がリラックス効果を生み出すことにも繋がります。

照明から受ける印象は、照明の種類や色、明りの強さ、照らす場所など様々な要素によって様々なパターンを作ることができるので、工夫次第で同じ部屋でもまったく違う印象を与えてくれるようになります。

私たちの身近にある空間でも、ホテルやカフェ、レストランのライトアップの仕方など、お手本にできる照明プランはたくさん存在しています。自分の部屋をより快適な環するために、ぜひ身近な環境の照明プランを参考にしてみてください。配光パターンを意識しつつ、「主照明」と「補助照明」を組み合わせて利用することで、自分好みの部屋づくりに挑戦してみましょう。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top