マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ハロウィンの代表アイテム!「ジャック・オー・ランタン」を手作りしよう!

ハロウィンの代表アイテム!「ジャック・オー・ランタン」を手作りしよう!

もうすぐハロウィンですね。子供たちが魔女やおばけに扮して、家々を「トリック・オア・トリート」といいながら回り、お菓子を貰う姿はとても賑やかで可愛いものです。

ハロウィンといえば、大きなカボチャをくり抜いて、その中にろうそくを灯して飾る「ジャック・ オー・ランタン」が有名です。しかし、「ジャック・オー・ランタン」を飾る理由や、なぜカボチャなのか、そもそも、ハロウィンとはどのようなお祭なのか、知らないこともたくさんありますよね。日本ではあまりよく知られていないハロウィンの歴史と、お祭りに欠かせない「ジャック・オー・ランタン」の由来、そして、家庭でも簡単にできる作り方を紹介します。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ハロウィンの歴史

ハロウィンは、アイルランドのケルト人がおこなっていたサウィン祭が起源といわれています。古代ケルトでは、一年の終わりが10月31日とされていたので、新たな一年を始める前日の大晦日ということになります。この日は秋の収穫を祝う収穫祭と、死者の霊が家族に会いに、この世に戻ってくるといわれていました。日本のお盆と似た風習ですね。

ただ、その日は魔女や悪霊も一緒にきて、家畜や作物を荒らしたり、子供をさらうと信じられており、人々は仮装をしたり、魔除けの火を炊いたりして悪霊を追い払ったといわれています。

十九世紀、ケルト人がアメリカに移ったときに、この風習が広がり今のハロウィンの形になったとされていて、現在では、カトリック教会の祝日「万聖節」の前夜に行われるお祭りとして定着しています。

もっとも、今では宗教的な意味合いは薄くなり、仮装をした子どもたちが「トリックオア トリート」といって家々をめぐるイベントになっています。

ハロウィンに欠かせない「ジャック・オー・ランタン」の歴史

「ジャック・オー・ランタン」を日本語にすると「提灯ジャック」といいます。なぜカボチャのランタンが魔除けになったのかというと、ある伝説が由来になっています。

「ジャック・オー・ランタン」の伝説

昔、ジャックという酒飲みで、ろくでなしの男がいました。ジャックは人を騙すのが得意で、ハロウィンの夜、魂を取りに来た悪魔を上手く騙して、十年間命を取らない事を約束させます。

年月が流れ、再びジャックの前に現れた悪魔を、またしても騙し、今度は永久に命を取らないと約束させて、追い払ってしまいました。寿命を終えて、この世を旅立ったジャックは、生前の行いが悪く、天国には行けませんでした。しかたなく地獄への行くですが、そこには例の悪魔が門番として立っていて、「ジャックの魂は永遠に取らない」と約束したから地獄へは入れないと追い返されてしまいます。

天国にも地獄にも行けなくなったジャックは、行き先を求めて彷徨うことになるのですが、道が真っ暗なので行き先がわからずに途方に暮れてしまいます。かわいそうに思った門番が地獄の劫火から火をひとつ分け与えてあげました。ジャックはカブをくり抜いて、その中にもらった火を入れ、彷徨い歩くことになりました。

このジャックの伝説がアメリカのハロウィンと結びついて、現代の「ジャック・オー・ランタン」の原型になったといわれています。このように、アイルランドではカブをくり抜いて火を灯していましたが、アメリカに持ち込まれたときに、カボチャがたくさん収穫されていたので、カボチャをくり抜いて火を灯す、「ジャック・オー・ランタン」が広まっていきました。

カボチャを怖い顔にくり抜くのは、魔除けの意味があって、悪霊を追い払うためだといわれています。

今でもアイルランドではカボチャではなく、カブが使われているそうです。

ジャック・オー・ランタンを作るのに必要な道具と材料

ハロウィンの季節になると、「ジャック・オー・ランタン」をモチーフにした飾りがたくさん販売されているのを見かけます。これらを飾るのもいいですが、本物のカボチャでランタンを作ってみませんか?

大変そうと思うかもしれませんが、意外と簡単に作ることができます。用意するものは、観賞用のカボチャ、ナイフ、マジック、スプーン、新聞紙です。カボチャはホームセンターやスーパー、雑貨屋の他にも、ネットショップでも購入できます。

出典: http://amzn.asia/839x3GV

  • Lサイズ 価格2,680円

カボチャが出回るのは9月下旬以降からです。早めに調べておくと売り切れになる前に購入することができます。サイズもいろいろあるので、好みのものを選んでくださいね。

作り方

まず、カボチャを選ぶ時期ですが、先程も書いたように、9月下旬以降にたくさんの種類が出回ってからのほうがいいと思います。サイズも様々なので、飾るスペースや場所を考えてぴったりなものを見つけてください。

また、選ぶときは傷がないものを選びましょう。傷があるとそこから傷んでしまい、早く腐ってしまうことがあります。ヘタの部分がブヨブヨしていたり、艶がないものは避けます。

表面にデコボコがないものを選ぶと、くり抜くときに綺麗にできます。

デザインを描く

出典:https://www.saihok.jp/fs/saihok/c/halloween-pumpkin-manual1

カボチャが決まったら、マジックでカボチャに顔を書いていきます。ポイントは三角の目とギザギザな口です。下書きをするときは、赤いマジックかクレヨンを使うのがおすすめです。

くり抜く

出典:https://www.saihok.jp/fs/saihok/c/halloween-pumpkin-manual1

デザインが決まれば、くり抜いていきましょう。カボチャのお尻からナイフを入れて、丸くカットします。種を取り出さないといけないので、手が入るくらいの大きさにくり抜きます。切り取った部分は後ほど使用するので、捨てないでください。

カットした部分から中の種を取り出します。種や綿の部分が残っているとそこから腐りやすくなるので、できるだけ綺麗に取り除いてください。そして、中の水分を新聞紙などでしっかり取り除くことが、長持ちさせるポイントです。

出典:https://www.hanadonya.com/campaign/halloween_flowers?utm_source

  • 価格778円(税込)

こちらはカボチャの中身を綺麗に取り出せるスコップです。

出典:https://www.saihok.jp/fs/saihok/c/halloween-pumpkin-manual1

種と綿を綺麗に取り出したら、下書きをした輪郭に沿って切り込みをいれていきます。最初に大きなパーツからナイフを入れて、ゆっくりと慎重にカットしていきます。慣れてきたら細かい部分を切り込んでいきましょう。その際、下書きよりも少し外側を切るようにすると、マジックの線が残らずに綺麗に仕上がります。

すべての輪郭にしっかりと切り込みが入ったら、指でゆっくりと押してパーツを取り除きます。

その後、風通しの良い場所でしっかりと乾燥させると日持ちが良くなります。

明かりを入れて完成

出典:https://www.saihok.jp/fs/saihok/c/halloween-pumpkin-manual1

最初に切り取ってカボチャのお尻の部分を利用して、ロウソクを置く土台を作ります。火を灯したら、ゆっくりとカボチャを乗せてできあがりです。火の取り扱いには十分気をつけてください。最近では、ロウソクの形をしたLEDライトもあるので、火を使うことが心配な方は、それらを利用してもいいと思います。

カボチャさえ手に入れば、意外と簡単に作れてしまうので、いろいろな顔にチャレンジしてみるのも楽しいですよ。

ジャック・オー・ランタンを飾ってみよう

出典:http://flowereducation.net/blog/2017/10/39750

元々は魔除けの意味があるので、庭先や玄関前などに飾りますが、最近ではインテリアとして飾る家も増えています。大きなカボチャだけでなく、小ぶりのカボチャでも作って、部屋の中にハロウィンのモチーフの黒猫や、おばけなどと一緒に飾っても、雰囲気が出ていいですね。

カボチャは生ものなので、一度加工するとどうしても痛みやすくなります。庭などに飾る場合は、水気が入らないように気をつけてください。

まとめ

日本でも、仮装をして街を練り歩く、若者のお祭りとして定着しつつあるハロウィンですが、紐解いていくと、とても意味深い行事だということがわかりました。「ジャック・オー・ランタン」もその由来が分かると、また違った見方ができます。ハロウィンの夜はランタンの明かりを見ながら、静かに過ごすのもいいですね。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top