マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

育休中にボランティアで働く?!ママのキャリア支援サービス「ママボラン」を取材してきました。

育休中にボランティアで働く?!ママのキャリア支援サービス「ママボラン」を取材してきました。

2017年8月31日に、育休中のママがスタートアップやベンチャー企業、NPO法人にボランティアで一時参画する新しいキャリア支援サービス「ママボラン」が、パーソルホールディングス株式会社より発表されました。

最近話題の「女性活躍推進に大きな影響を与える素敵なサービス」ということで、事業起案者である稲田さんとママボランとして活躍中の林さん、仲地さんにママボランについてお話を伺ってきました。取材に伺ったのは、パーソルホールディングスが外苑前に新たに開設したオフィス「WorkStyle Labo」。ここでは、社員同士が相互に刺激を与えイノベーションを生み出す、新たなワークスタイルを研究するラボ兼ショールームとなっており、子供と一緒に出社し働けるスペースまでありました。総合人材サービス企業として、自社でもしっかり働き方改革が進められています。

ママボラン取材_02_workstyle-labo

お話を伺っていくと・・・なんと!皆さん実は住宅購入経験者ということで、お仕事と住まい、子育てと住まいの関係についてもお話を聞くことができました。住宅購入を検討されるタイミングは様々ですが、カウルを利用されるお客様の多くはお子さんの誕生や就学を住宅購入理由としてあげてらっしゃいます。子供をより良い環境で育てたい!というのは誰もが思うことですよね。

都心部での住宅購入には、多くの場合世帯年収600〜700万円程度は必要となりますので、共働きは避けて通れません。だからこそ、ママの社会復帰を手助けするサービスと伺って弊社も少しでもそのご支援ができればと思い、インタビューさせていただきました!

※今回は、インタビュー形式でお送りします。伺った内容を元に「ママボランさん」としてまとめさせていただきました。

ママボランとはどんなサービスなのか

カウルスタッフ「本日はお時間いただき、ありがとうございます!改めて、ママボランについて教えていただけますか?」

ママボラン取材_03_取材スタート

ママボランさん「こちらこそありがとうございます!ママボランは、子育てをキャリアのブランクではなくブライトに。をコンセプトに、ワーキングマザーのキャリア支援を目的としたサービスです。胸を張って、前を向いて、いきいきと働くママの姿を子どもたちに見てほしい。 そんな思いを実現するために、育休中だった私と2人のメンバーで新規事業として起案しました。」

カウルスタッフ「え?!育休中に起案されたのですか?すごい。」

ママボランさん「はい。子供を連れて営業まで行ってしまいました(笑)子供を授かること、育てることは素晴らしいことなのに、「育児=キャリアを諦める」という風潮はまだ根強いように思います。出産・育児と働くことの両立をポジティブに捉えることができず、もがいているママさんはとても多いです。

その悩みは育休中から始まっていて、復職後や将来のことを考えて不安になったり悶々としたり。でも逆に、会社から離れて自分自身を見つめ直せる育休中だからこそ、やれることもあると思ったんです。育休をもっと有意義に過ごしたい!この期間にしかできないことをしたい!という願いを叶えられるサービスがあったら素敵だなと思いました。ママボランでは在職している会社とは違う環境に飛び込んでチャレンジしてみることで、自分のやりたいことや強みが見つかったり、新たな経験で成長の機会を得ることができます。育休中に不安を抱えるママが、ボランティアを通じて自信を持てるようになる、そんなキャリア支援サービスです。」

カウルスタッフ「なるほど!ありがとうございます。素晴らしいコンセプトですね。どんな仕組みになるのですか?」

ママボラン取材_04_仕組みの説明

ママボランさん「育休期間を利用して、チャレンジや復職準備をしたいというママと、バイトや学生インターンではなく、ビジネススキルのある人材を必要としている企業とをマッチングするサービスです。

育休中のママには、ママボランの専門コンサルタントがキャリア研修を実施し、これまでの経験や志向性に応じてボランティア情報を紹介します。ボランティア期間は最短2か月間、週10時間程度の業務を想定しています。育児と両立しながらできるよう、在宅勤務でできる業務が中心ですが、訪問しての打ち合わせもできるようベビーシッターサービスの利用支援を行っています。

企業からはボランティア人材の紹介料として1か月あたり7万5千円の費用をいただき、募集代行および人材紹介を実施しています。

アルバイトや人材派遣といった個人に報酬を還元する形態がとれないか模索しましたが、育休期間は在職企業の副業規定に引っかかってしまったり、育児休業給付金の支給金額が下がってしまうといった問題があったため、思い切ってボランティアにしました。金銭的な報酬に代わり、ベビーシッターや家事代行サービスを月1万円分使えるようにしたり、専門コンサルタントによるキャリア研修やママボラン同士の交流ランチ会を開催するなど、事業を通して還元しています。

ママボランには育休中に今しかできない経験をしたいという、前向きな思いを持った方が登録してくださっているので、どなたも非常にパワフルですね。

募集いただいている企業様は、従業員規模が50名以下のスタートアップやベンチャー企業、NPO法人になるべく絞らせていただいています。ママボラン登録者は大企業でしっかりと経験を積まれてきた方が比較的多く、経営者との距離が遠いと感じる声が多数ありました。スタートアップやベンチャー企業など、経営者のすぐそばで事業のダイナミズムを直に感じられる環境での就業は、ママボランだからこそ得られる経験です。」

カウルスタッフ「確かに、小さな組織だから味わえる大変さや面白さは、経験してみないと味わえないものかもしれませんね。それにしても、子育てをしながらボランティアとして働きたいというのはすごいなと感じているのですが、それくらいキャリア志向が強い方が多いということですか?」

ママボランさん「キャリア志向が強い方ももちろんいらっしゃいますが、単純に仕事を通して人と繋がったり、視野を広げることが好きという方が多いと思います。子育ては、人に認められるものではないですし、それを求めるべきものでもありません。仕事は、やった分だけ成果が見えて、認めてもらえる。子育てが始まると改めて実感するのですが、『働く』って楽しいんです。あとは、子育てと仕事の両立支援という側面も持っており、復職に向けた準備として、お子さんを少しの時間預けて働く予行練習をしたいという方もいらっしゃいますね。

よく聞く話として、1人目の子供のときは慣れない育児でいっぱいいっぱい。心や体の準備をする前に、あっという間に復職する日が来て。育児と仕事の両立だけでなく、出産前の働き方や評価との違いに戸惑い悩む、というのはワーキングマザーあるあるなんです。復職と共に、毎日一緒にいたお母さんといきなり離れて預けられるというのは、子供にとっても環境の変化が大きい。企業によっては、復職前に助走期間や研修を設けてくれるところもありますが、まだまだ少ないのが現状です。」

カウルスタッフ「私も子供がいて、1人目の子供の時は、奥さんが本当に大変そうでしたね。特に両立が始まってからは子供も、毎日泣きながら保育園でバイバイして、お迎えが来ると大泣きでママに抱きついていました。あれがいきなりではなくて、準備期間を設けられるとなると、ママと子供にとっては素晴らしいことですね!そして、企業にとってもしっかりしたスキルを持った人の支援が得られて言うことなしだなと思います。

一方で、これはママボランのサービスに限らずですが、やはり両立しながらできる仕事にはかなり制限があって、任せていいのかな?できるのかな?という不安が企業側にはあると思うのですが、営業されていて各企業の反応はいかがでしたか?」

ママボラン取材_05_サービス説明する稲田写真

ママボランさん「そうですね。賛否いろいろご意見をいただいています。育休中なのだから子育て以外するべきではない、と言われたこともあります。でも障壁として一番大きいのは、ママへの仕事の与え方が分からないということかなと思っています。これはママボランに限らず、時間や働き方に制約のある社員にどんな仕事を任せたらよいのか分からない、優秀な人材を紹介してもらっても在宅勤務中心の業務では切り出せない、といった話を聞きます。

ママたちも自分が何をやりたくて、何を強みとしているか分からないので自ら仕事の幅を広げるということができません。個人も企業もお互い遠慮してしまっているうちに、イメージ先行でママにはあまり責任の重くない仕事、誰でもできる仕事が回って来るようになる。多くの会社では、復職後、時短勤務の間はそういう負担の少ない仕事を渡してあげた方がいいというのが常識になってしまっているように感じます。この前提からスタートする上に、ボランティアでの参画となるので、やはり何を任せるか、本当に業務にコミットしてもらえるのかという不安の声はいただきますね。」

カウルスタッフ「そうですね。あまり負担をかけない方がいいのかな?という考えは確かにありますね。」

ママボランさん「はい。もちろん、負担が少ないことを望まれている方もいると思いますので、もっと個々に対応していけるといいなと思います。ただ、復職後に本当はもっと責任のある仕事をやりたい、勤務時間は短くとも必要とされて評価されたいという女性は多いと思います。ママボランを通して、まずは個人が自分の仕事の幅を広げる体験をしていただき、復職後は職場でママボランによって気づいたご自身の強みを伸ばしていただけたら良いなと思いますね。

逆に、賛同してくださった企業様は、やはりママの優秀さをご存知の企業様が多いです。ママだからというよりは、ビジネススキルがしっかりしていて、事業に共感してくれる人がいたら一緒に色々チャレンジしたいとおっしゃっていただいています。

そのほかにも、優秀な人材になかなか出会えず、どうやって接触すればいいのか困っていたという企業様もいらっしゃいました。調整力やコミュニケーション力、女性目線の意見が必要、助けてほしいことはいっぱいあると、心強いお声もいただいています。」

カウルスタッフ「なるほど、なるほど!実際、子育てと仕事の両立は、かなり大変だと思うのですが、皆さんは、働かないという考えは今や少ないものなのでしょうか?」

ママボラン取材_06_晩婚化説明する林さん

ママボランさん「これも意見は別れると思います。少子化、晩婚化なんて話がよくニュースでも流れていますが、初産の平均年齢が上がり、10年とかそれ以上働いてから出産という女性が増えてきています。社会人年数が長い人たちにとっては、働いている時の方が自分らしくいられるなんて声もあるんですよ。あるママがおっしゃっていたのは、『10年も働いていると、コミュニティも仕事仲間が中心で、時間の使い方も、考え方もビジネス脳なのに、いきなり専業主婦モードにはやっぱりなれない。』というお話でした。働いている方が自然というか、家事育児のストレス発散として働くなんて人もいますね。

私自身、育児との両立に悩むことはありますが、ちゃんと仕事で認められて社会に貢献したい、という気持ちが強いです。まぁ最近だと中古マンションを購入して、お互いの生命保険代わりにペアローンにしてしまったので働かないという選択肢はなくなっちゃったのですが、、(笑)

カウルスタッフ「え?!マンション購入されてるんですか!!!!?」

ママボランさん「今回は、3人とも住宅購入経験者です(笑)でも全員カウルを知らずに購入してしまったんですよ!!カウルを使えば仲介手数料がかからなかったと知って愕然としました・・」

働くママの住宅購入観とは

カウルスタッフ「なんと!皆さん、カウルで購入する前に、、、もっとサービスが届けられるように頑張ります。せっかくなので、購入をされた理由なんかも伺ってしまっていいでしょうか?働き続けていたのは家を買うためだったということはあるのでしょうか?」

ママボラン取材_07_ペアローンの覚悟語る仲地さん

ママボランさん「私も今年ペアローンで家を購入しました。私の場合は家が欲しいから働くという考えはあまりなかったんです。でも実際、住宅を購入してペアローンを組んだので、もう仕事はやめられないという感じです。むしろ、やめないためにもローンを組んだというところもあったりしますが、働く理由は自分らしくありたいというところが一番ですね。」

カウルスタッフ「なるほど。カウルで住まい探しをお手伝いしたかった思いは一旦しまって、ママボランの皆さんだけあって、仕事は自分らしくあるためという要素が強くて、たまたまというのも変ですけど、ローンを組んだことでむしろ働き続ける覚悟が強まったみたいなお話は、なんか妙に納得してしまいました。」

ママボランさん「そうですね。私たちはもちろんですが、ママボランのサービス特性的にも、ボランティアしてまでいろんな経験をしてみたい人たちなので、仕事にはやりがいや自己成長を求めていると思います。もちろん生活という側面からは、住宅購入や生活水準を保つということは切っても切れない関係ではありますが、仕事は自分らしくあるためのものという位置づけの方が多いですね。子供には、日々を楽しんでイキイキしている自分の姿を見せたいという思いも強いです。」

カウルスタッフ「素敵ですね!今回は、私たちもママボランでボランティアを募集させていただくので、皆さんのようなパワフルなママが来てくれたら本当に嬉しいです。住まいを提供するサービスとして、子育てや生活とは密接に関係する商材を扱っていますし、実際購入を検討されている方も非常に多いと思います。両立支援をママボランで、住まいをカウルで、多くのママを幸せにしたいですね!!」

ママボランさん「そうなんです!このサービスを起案して、様々な企業をリサーチしてきましたが、カウルが提供する住まい探しはママにとって非常にホットな話題です。私たちは実際に購入経験をしていることもありカウルをもっとたくさんの人に知っていただきたいと思いました。こうしてご一緒できてとても嬉しいです!」

カウルスタッフ「ありがとうございます。実際、住宅購入はどんな流れから検討されることになったのですか?」

ママボラン取材_08_検討のタイミング語る林さん

ママボランさん「私の場合は妊娠や2人目が生まれた後、子供の就学を意識した時に、自然な流れの中で検討するようになりました。それこそ自分と主人だけであれば、転々とできるといいますか、持ち家がない方が自由で楽しかったりしたのですが。子育てとなると治安が気になったり、評判のいい学区域に入りたいとか、いろいろ考えるようになりまして。いつか買いたいなと思いながら時々物件を見学するようになりました。

あとは、子供が生まれて今後のお金のことがすごく気になるようになりました。具体的に検討をすると、家賃を払い続けるよりも購入してしまった方が自分たちの資産にもなりますし、賃貸よりも広さを確保できます。住みたい街が決まって、この街で子育てしたい、生活をしていきたいと思ったら条件の合うマンションに出会って購入という流れでした。」

カウルスタッフ「家族が増えることで住まいに対する考え方も変わったのですね!実際に購入されてみてどうですか?」

ママボランさん「購入してよかったなと思います。もちろん支払いをちゃんと続けていけるかという不安がないわけではありませんが、それは賃貸でも同じですし、働いて稼げばいいのでむしろ覚悟が決まって頑張らなきゃ!って思います。

それに、購入したら所有者になれるので、自分たちで自由にカスタマイズできますし、子供が多少何かしても直せばいいかという気楽さもあります。何よりも安心感が違いますね。借りているお部屋だと、やはり綺麗に使わなきゃとか少し神経質になってしまう部分もありましたからね。」

カウルスタッフ「そうですよね。安心感と自由さ。持ち家ならではですね。ママボランの取材をさせていただいていたのにすみません。まさか、皆さんが住宅購入を経験されているとは思わず、話が広がってしまいました(笑)カウルに対しても思い入れを持っていただけてとても嬉しいです。」

ママボラン取材_09_取材のお礼するママボランさん

ママボランさん「いえいえ、とんでもないです。こちらこそ取材していただき、ありがとうございます。購入経験者だからこそ、カウルは本当に良いサービスだと思いますよ。しつこいですがもっと早く知っていれば・・。仕事も住まいも人生の大きなテーマです。どういう風に働くか、どういう風に暮らすか、大げさに言えば個人の生き方そのものだと思います。

キャリア支援は仕事だけでなくライフ支援でもあると思っていますので、ママボランを通してこれからの働き方、暮らし方を考えるきっかけになったら嬉しいですね。住宅購入を検討している方は私たちで良ければ購入体験談をお話ししますよ。キャリアと住まいの双方で自分らしい生き方ができるようご支援していきたいです!」

カウルスタッフ「それは素敵ですね!カウルももっとママたちに自分たちのサービスを知ってもらえるよう頑張ります。本日はありがとうございました!」

まとめ

取材をさせていただいて、ママボランが目指す世界観が実現すると、企業の働くママに対するイメージも変わり、自信を持って働けるママが増えるのだろうなと感じました。本当に素晴らしいサービスですね!

今回は、人事担当者としても、とても勉強になりました。子育てと仕事の両立には、企業側の理解は不可欠で、一緒に働くメンバーの考え方、会社としての制度、仕事の任せ方など、整えるべきことはたくさんあります。一方で、ママからも発信をすることで企業側が気づけることも多いのだと、ママボランのみなさんのお話を伺って学ばせていただきました。

今回は思いがけず、住まいの話まで話題が広がってしまいましたが、お話が広がった時に、「住まい」と「仕事」の関係ってあるのだろうか?という素朴な疑問が湧きましたが、「住まい」は、「仕事」を頑張る後押しをしてくれるものだという発見もありました。ペアローンが覚悟の源というのは面白かったですね(笑)そして、やはり「子育て」と「住まい」は密接に関係していて、みなさん住宅購入をされているので、是非とも一緒にカウルを広めていただけたらなと思ってしまいました。

ママボラン取材_10_ママボラン募集「カウル」と「マンションジャーナル」を運営する株式会社Housmartでも、ママボランで募集をしております!

特に、中古マンション購入経験者の方は、購入にあたり学んだ知識を活かしてみませんか?現在検討中の方は、内部に入って本当にいい物件を見つける力を身につけつつ、スタートアップの楽しさも感じてもらえます。

>>ママボランの皆さんが利用できずに後悔した中古マンション売買仲介WEBサービス「カウル」とは?

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top