マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

10月4日はお月見の日!ぴったりなインテリアご紹介します!

10月4日はお月見の日!今からでも揃う素敵なインテリアアイテムをご紹介します。10月4日はお月見の日!今からでも揃う素敵なインテリアアイテムをご紹介します。

もうすぐ秋の伝統的な風物詩、中秋の名月。十五夜とも言いますね。秋は月の高さと空気中の水分量の関係が四季の中で最も良く、中でも十五夜は、一年で最も美しく満月を見る事が出来ると言われています。その満月を鑑賞しながら、月の神様に日々の糧や健康、幸せなどを感謝する伝統行事の日を、今年は例年よりもバーションアップ、グレードアップして迎えてはみませんか。

今回は、楽天市場の今日買って明日届くシステム“あす楽”を使えば今からでも揃う、これがあればグッと雰囲気が醸し出せるアイテムや、この行事以外でも使える秀逸なアイテムをご紹介します。 ただ、“あす楽”は、各店舗毎に対応締め切り時間と、配送可能なエリアが異なりますので、事前に商品ページをきちんとご確認の上、注文してくださいね。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

雰囲気を立ち上げるアイテム

神様への献上物を載せる器

  • 名前:吉野桧使用 ひのき三宝 8号 赤枠敷紙付き
  • 価格:2,500円 (税込 2,700 円) 送料別
  • サイズ:高さ18.5cm、巾24.8×24.8cm
  • 特徴:吉野桧、総桧製購入
  • 出典:https://item.rakuten.co.jp/roco65/sanpou-8gou/#sanpou-8gou

お月見といえば、外せないのがこの三宝。後醍醐天皇の時代、天皇への献上物を載せる器として使われたのが始めといわれています。こちらを用意し、穴が開いていない方を収穫への祈りを込めるべく、月の神様へ向けますので、それを意識して敷紙を敷きます。そして、満月を模した白く丸い月見団子を十五夜なので15個(下から3×3、2×2、2個の三段)乗せます。

こちらは赤枠の敷紙つきですので、今回敷紙は用意する必要はありません。これだけで一気にお月見の風情が空間全体に醸し出されます。三宝は、お正月には鏡餅などをお供えする他にも、日本の四季の行事に大活躍してくれる道具です。これだけでも様になりますので、一つあると重宝するでしょう。

インテリア的お団子の作り方

数日前から季節の行事を楽しみたい、飾りたいと思う方は多いと思います。その場合は、お団子は当日以外は本物でなくても良いかもしれません。そこで、手作りをしてみてはいかがでしょうか。ふわっとした軽さの紙粘土が、100円ショップなどで購入できるので、作って盛り付けてみると雰囲気が抜群にでますよ。

作り方は簡単です。新聞紙などを作業する場に敷き、その上で開封し、適当な大きさに1つ丸めてみます。乾燥後の収縮は殆どありませんので、収縮を想定して大きめに作る必要はありません。お団子の大きさが決まったら、その他も同じ大きさに14個作りましょう。1つずつ軽量しながら作ると簡単に作れます。あとは、乾かして固まったら出来上がりです。

土を感じる陶器の花器

  • 名前:信楽焼古しがらき寸胴花入れ
  • 価格:3,400円 (税込) 送料無料 *月~金曜日までのご注文が「あす楽」の対象
  • 重量:1.5キロ
  • サイズ:幅90×奥行90×高さ255ミリ(外寸)
  • 特徴:信楽焼、やさしい風合いの花瓶・花器
  • 出典:https://item.rakuten.co.jp/yakimono/10001751/

お月見は、十五夜に収穫への祈り、その後の十三夜(今年は11月1日)に収穫への感謝を行う古来から風習でもあります。ですので、このような土味ある、わびさびを感じられる信楽焼の花器などに、月の神様を招き乗り移るとされている、稲穂に似たススキと、可能でしたら秋の七草を一緒に飾ってみたら素敵ではないでしょうか。

この黒マットに白のアクセントが入っている花器でしたら、普段でも活躍してくれることでしょう。

土味と温かみのあるうさぎ

  • 名前:sen/動物のオブジェ rabbit
  • 価格:3,200円 (税込 3,456円)送料別
  • 重量:約220g
  • 
サイズ:約W60×D75×H140mm
  • 特徴:「sen」は波佐見町にある工房から生まれた、プロダクトライン。「日常の様々なシーンで寄り添うように彩るもの」をテーマに、焼き物の魅力をより身近に感じてもらえるようなアイテムを、一点ずつ丁寧に制作。
  • 出典:https://item.rakuten.co.jp/stst/bga11-00-0002-b315/

お月見といえば、今ではうさぎも大切な役目を果たしています。花器と同じく、日本古来からの風習を尊重し、こんな素朴で可愛らしいうさぎに参加してもらったら素敵ではないかと思います。後ろ姿のぽってりした感じがまたなんともキュートで、温かみを感じます。窓際に、外を眺めている感じに飾っても可愛いですね。

幻想的な月のランプ

  • 名前:匠の誠品 間接照明 月のランプ
  • 価格:9,000円 (税込) 送料無料
  • サイズ:18cm(8cm,10cm,13cm,15cm,22cmも有り)
  • 特徴:柔らかさや温もりを感じるお部屋の雰囲気作りができる。長押しすると明るさを無段階に調光。ON・温白色・電球色・OFFへ軽く触れるだけで光色切替可能。
  • 出典:https://item.rakuten.co.jp/erise/tkm001/

カーテンを閉めた室内でも月を愛でられる、お月見の雰囲気を演出するのにピッタリな素敵な照明がありました。月をリアルに表現していて美しく、一つお家の中に存在するだけで、心が落ち着きそうですね。

お月見以外でも、夜の長い秋はもちろん、一年中活躍してくれることでしょう。

趣深い和ろうそく

  • 名前:和ろうそく・キャンドル ななお 高澤ろうそく
  • 価格:1,800円 (税込 1,944 円) 送料別
  • サイズ:約2cm×11cm特徴:昔ながらの伝統的手法を用いて、手作りで製作された和ろうそく。和紙を芯に、植物の実から採れる木蝋が原料。和ろうそくは炎が大きく、非常に風に強い為消えにくく、また油煙も少ないのが特色。燃焼時間は、約90分。
  • 出典:https://item.rakuten.co.jp/garandou/ro-006/

日本の伝統的な風習に相応しい灯りでしたら、最近では海外でも注目されている和ろうそくではないでしょうか。原料、芯ともにキャンドルとは違うので、独特な揺らぎと、鼓動するような幻想的な光を作り出し、それが趣を深く感じます。

フォルムは和モダンとも言える美しいフォルムです。優美な和ろうそくも取り入れ、素敵な空間に華を添えてはいかがでしょうか。

他の場所で雰囲気を盛り上げるアイテム

お月見の絵が施されている手ぬぐい

  • 名前:月見 九月 秋 お団子 四季彩布てぬぐい
  • 価格:1,000円 (税込 1,080 円) 送料別
  • サイズ:約90cm×約35cm
特徴:綿100%、日本製。捺染 片面染め
  • 出典:https://item.rakuten.co.jp/komesichi/10010243/

  • 名前:観月 Airashika
  • 価格:1,500円 (税込 1,620 円) 送料別
  • サイズ:約33cm×約90cm特徴:注染技法、綿製、日本製
  • 出典:https://item.rakuten.co.jp/komesichi/te-6003-01/

手ぬぐいをアートに格上げする額

  • 名前:京都の職人手作り・木製手ぬぐい額(茶、黒、木地色)
  • 価格:3,900円 (税込 4,212 円) 送料無料
  • 重量:重さ約3Kgサイズ:33cm×87cm、アクリルサイズ33cm×87cm、フレーム巾30cm、厚み1.6cm
  • 特徴:しっかりした1.5mm厚アクリルを使用。そのため、そり、ゆがみ、落下がしにくい。縦横吊り兼用。
  • 出典: https://item.rakuten.co.jp/kagaoka/tenugui/

お家の中心となるリビングダイニングから、月を愛でながら日々の糧に感謝し、家族の健康と幸せを祈るのに最適な場所に、チェストやコンソールなど、月見台となる台を用意できれば、和ろうそくまではそちらの上に飾るのがベストです。

食卓を動かしてみるのももちろん良いでしょう。もしそのような適当な場所がない、用意できない場合は、見せ場、視線が集中する場所、させたい場所に作ると良いと思います。

そして、その他のところに、お月見の絵が施された手ぬぐいにアイロンをかけ、専用の額に入れて飾ると、お家全体がお月見の雰囲気となり、気持ちが盛り上がり、家族の楽しみとなるでしょう。その他で適当な場所は、玄関、玄関から見えるところ、階段を上がる時にちょうど目に入る踊り場の壁面などです。

万能アイテム

  • 名前:【ブランド『おりびと(織美桐)』レディース半幅帯】黒/芥子色
  • 価格: 5,980円 (税込)
  • サイズ:約16cm×約390cm
  • 特徴:モダンでオシャレなブランドの織美桐半幅帯。生地の素材は、丈夫でお手入れもしやすいポリエステル100%。他の素材に比べて虫食いや変色に強く、普段から気軽に使用可能。
  • 出典:https://item.rakuten.co.jp/so-bien/hobi1976m-3231?s-id=asuraku_rec_top_pc_histreco_bh

こちらは、半幅帯なのですが、テーブルセンターや、チェスト、コンソール、靴箱などの上に掛けるだけで、一気にその場がグレードアップする万能選手です。

出典:https://www.creema.jp/item/3292845/detail

さらに、このように帯に使われている色の布を一色挟むと引き締まり、グレードアップされた上に洗練された印象になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。興味を持たれましたら、商品ページを読まれ、サイズなども大丈夫そうでしたら、行動に移してみてくださいね。

お月見は、10月4日の十五夜(中秋の名月)と、約1か月後に巡ってくる十三夜の11月1日があります。十五夜の月に次いで美しい月といわれ、十三夜は秋の収穫を感謝する意味合いがあり、大切にされてきました。

天候に恵まれ鑑賞出来る事をまずは祈り、恵まれましたら、一年で一番綺麗な月と二番目に綺麗な月を家族で愛でながら、改めて日々の糧と健康や幸せに感謝したりしてみてはいかがですか。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top