マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

“立てる収納”で大変身!引き出しタイプのキッチンを使いやすくする収納のコツ

“立てる収納”で大変身!引き出しタイプのキッチンを使いやすくする収納のコツ

キッチンは導線に合わせてものを配置することが大切です。ひとつのひとつの収納場所が大きい引き出しタイプのキッチンは気を抜くと乱雑になりがちなので、仕切りなどのアイテムを上手に使って工夫しましょう。ものの置き方ひとつで料理が捗り、時間短縮になります。また綺麗に整理整頓されたキッチンは使い勝手がよく、居心地のいい空間にもなります。

キッチンのシンク下の収納

シンク下には何をどう収納したらいいのか悩んでいる人も多いと思います。シンク下の収納に適しているのは、食器洗い洗剤やスポンジのストック、調理で使う鍋やボウルやザル、ゴミ袋などです。

鍋は使う前に水を入れたりするので、シンク下にあったほうが便利ですし、ボウルやザルもシンク周りで使うことが多いですよね。またキッチンを掃除するための掃除用具を入れておくと、汚れたときにサッと取り出すことができます。

シンク下は仕切りを作って収納するのがおすすめ

大きな空間があると、どうしてもものを放り込みやすく、気がつくと色んなものが入り混じっていて必要なものを取り出すのに苦労をした、という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

ボウルなど同じような大きさのものを複数持っていたりすると、それだけで幅をとってしまいます。料理をするときに使う道具は、使いやすいものやお気に入りのもの、必要な数などがある程度決まっていますよね。

あまり使わないものは思い切って処分して数を減らしましょう。その上でシンク下では仕切りを作って収納するのがおすすめです。

出典:https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549337495548?searchno=2

無印良品のメイクボックスですが、キッチン収納でも活躍します。持ち手が付いているので中身が入ったままでも出し入れがしやすく、素材にポリプロピレンを使用しているので、汚れてもさっと洗えて清潔に使えます。

大きさも各種揃っているので、用途に応じて揃えるのもいいですね。

出典:https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738996446?searchno=1

こちらも同じく無印良品のファイルボックスです。しっかりした作りなので洗剤のボトルのストックなどを入れてもいいですね。こちらも洗える素材なので汚れを気にせず使えます。サイズも広く展開されているので、入れるものに合わせて選んでください。

ひとつのボックスに複数のものを入れてしまわずに、単品で入れると整理整頓がしやすく、見た目にも綺麗に収納することができます。

ボウルやザルは積み重ねて入れてしまうと、下のものが取り出しにくいですよね。そういうときは、立てて収納するとスムーズに取り出すことができます。

キッチンの掃除用具もトレーやファイルボックスなどにまとめておくと、汚れたその場で取り出して掃除ができるので、常に清潔なキッチンをキープすることができます。

シンク下の引き出しは閉めると、上の方がデッドスペースになってしまいます。100均で手に入る突っ張り棒2本を使用して、ワイヤーの網を組み合わせて棚を作ると、ラップやアルミホイルのような軽いものを収納することができます。

出典:https://item.rakuten.co.jp/interior-palette/4973655100417/

これはシステムキッチンに合うように作られたアイテムです。縦置き横置きなど置き方を変えることができます。用途によっていろいろなサイズがあるので、同じシリーズでまとめると見た目にも綺麗な収納ができます。

出典:http://www.nissen.co.jp/sho_item/regular/8150/8150_12607.asp?ref=ad_10600_cate009_0000000&utm_source=become&utm_medium=itemdb

こちらは、シンクの上下を有効に活用できるラックです。上段には小物などが綺麗に収納できます。棚はステンレス製で汚れにも強く、フレームもスチール製で、安定感があります。スライド式なので、下のものも取り出しやすくなっています。

出典:http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?BELN_SHOP_KBN=100&KAT_BTGO=B64185_441_2013_H&SHNCRTTKKRO_KBN=0H

散らかりやすいゴミ袋ですが、このアイテムを使えば綺麗に立てて収納することができます。一枚ずつ取り出せることができるので、使用時のイライラも解消できます。

コンロ下も立てる収納で使いやすく

コンロ下も広さがあるのでたくさん収納ができます。しかし、何でも詰め込んでしまって、いざ欲しいものを取り出すのに時間がかかってしまうと料理の段取りもスムーズに進みません。

コンロ下に適しているものは、フライパンなどコンロですぐに使うもの、調味料のストック、油などです。また、お玉や菜箸などのキッチンツールを収納すると、導線的にもまとまります。

ここでも基本は縦収納です。フライパンや鍋は最低限使うものだけを選びましょう。鍋の蓋も収納するとコンロで使うときにすぐ取り出せて便利です。

出典:http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?BELN_SHOP_KBN=100&KAT_BTGO=B42388_441_2013_H&SHNCRTTKKRO_KBN=0H

重ねると取り出しにくいフライパンも立てて収納できます。立てることでひと目で大きさがわかり、取り出しやすいですね。かさばる鍋の蓋も一緒に収納してしまいましょう。

出典:http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?KAT_BTGO=C19784_441_2013_H&SHNCRTTKKRO_KBN=R6&BELN_SHOP_KBN=100

トレイと仕切板が別になっている商品です。調理器具の幅に合わせて仕切りを変えることができる優れものです。

湿気が少ないコンロ下は、調味料のストックの収納にも適しています。調味料専用にスペースを確保してボトルで買うことの多い醤油や油などを入れておくと、ストックしている数もひと目でわかるので、重複して買ってしまうことを防ぐこともできます。

出典:http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?BELN_SHOP_KBN=100&KAT_BTGO=D70977_441_2013_H&SHNCRTTKKRO_KBN=0H

ボトルを綺麗にまとめて収納できます。減り具合もひと目でわかるので在庫のチェックにも一役買います。底はステンレスなので汚れをサッと取ることができて清潔に保てます。

コンロ下は、土鍋やすり鉢、すりこぎ、大型調理器具などの収納にも適しています。普段はあまり使わないけれど、しまい込むと不便なものの定位置にしてもいいでしょう。

コンロ横に細長い引き出しがついていることがあります。一般的にはスパイスを入れるのが目的なのですが、調理のときに使うカトラリーを入れるのにも役立ちます。トングや計量スプーンなど、調理中にコンロ周りでよく使うものを入れて置くのも便利。

作業台の下は細かく仕切って収納しよう

作業台の下は、薄い引き出しになっていることが多いと思います。ここには最初からカトラリーを入れるための備え付けのケースが付いていることもありますが、いまいち使い勝手が悪いときがあります。そんな場合は思い切ってケースを取り外して、自分仕様にしてしまいましょう。

100均で売っているかごを組み合わせて、仕切りを作り、それぞれのカトラリーに片付ける場所を作ると引き出しの中でものが遊んでしまうことがなくなります。最近はいろいろな形や大きさのカゴが揃っているので選びやすいのが嬉しいところ。

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8920207s?rc=set&ptr=item

ニトリの整理トレーです。この商品は伸縮するので、スペースに合わせて使うことができます。仕切りがあるので、ものが遊ばず綺麗に整頓できます。

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8920192s?rc=set&ptr=item

同じニトリのカトラリーケースですが、サイズが広く展開されていて、いろいろな大きさのものを組み合わせて使うことができます。カレースプーンなどの大きなものから、ティースプーンのような小さなものまで、無駄なくスペースを使うことができますね。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/interior-palette/4973655118610.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

先ほども紹介しましたが、収納力抜群で人気のトトノのカトラリーポケットです。サイズも豊富で自分仕様に自由に組み合わせて使うことができます。この商品のポイントはシステムキッチンに合うように作られているので、どの引き出しにもピッタリとはまることです。見た目にも綺麗なので収納ストレスから開放されます。

また、作業台の下のスペースは湿気がほとんどないのでレトルトなどの食品や、小麦粉、缶詰など少しかさばるものをストックしておく場所にも最適です。深めのかごなどに種類別に分けて収納しておくといいでしょう。米びつを収納するにも適しています。

まとめ

収納スペースが大きい引き出しタイプのキッチン。たくさんのものが入りますが、きちんと整理整頓をしないとすぐにごちゃごちゃになって、収納ストレスを抱えてしまいます。コツはキッチンでの導線をよく考えて必要な場所に必要なものを置くこと。コンロ周りでよく使うものが、シンク下の遠いところにあると不便ですよね。

その上で、ケースやかご、トレーなどを上手く組み合わせて、ものの定位置を作る収納を心掛けましょう。ちょっとした工夫で使い勝手がよく、ずっと過ごしたいと思うキッチンになりますよ。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top