マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

カーテンの採寸できてる? 意外と知らないカーテンの秘密

カーテンの採寸できてる? 意外と知らないカーテンの秘密

みなさん、カーテンの正しい採寸方法をご存知ですか? カーテンは部屋の中でも広い面積を占めるため、インテリアの中心といっても過言ではありません。カーテンを適当に選んだり、間違った採寸方法でカーテンを作ってしまうと、せっかくのインテリアが台無しになってしまうことも…。カーテンの選定はとても重要です。

今回は、カーテン選びの重要性と正しい採寸方法について紹介します。

カーテン選びの重要性

出典: https://item.rakuten.co.jp/mois/rh438-1/

カーテン選びの際に気をつけるポイントは3つあります。

カーテンサイズ

カーテンを購入する前には、必ず窓枠またはレールのサイズを測るようにしましょう。

カーテンのサイズが窓より小さいと、隙間から日の光が入ったり、見た目も悪くなります。逆に窓より大きいサイズだと、床にカーテンが付くことでホコリが溜まりやすく、劣化が早まります。どちらにせよサイズが合っていないと、デメリットしかありません! 適正サイズを吊るすようにしましょう。

カーテンカラー

部屋の大きな面積を占めるカーテンは、色や柄、素材次第でインテリアの雰囲気を左右する重要なアイテムです。ナチュラルなインテリアにしたい場合は、緑や白など自然色で、リネンなどの天然素材を使用したものがマッチします。またモノトーンのシックなインテリアにしたい場合は、ポリエステル素材の黒や濃茶などの暗色系がよく合います。好みのインテリアに合わせたカーテン選びを楽しみましょう。

カーテン種類

生地を使ったドレープの他にも、スクリーンやブラインドなどの機械式もあり、全て数えるとカーテンには約11程の種類があります。機械式は便利で使い勝手が良く、デザイン性も優れているのでコーディネートの幅が広がるのが特徴です。

しかし、高価であるため初めてのインテリアコーディネートにはハードルが高いことも。最初は、ドレープカーテンでコーディネートを楽しむのが無難です。

カーテンサイズの見方

カーテンは「既成カーテン」「オーダーカーテン」の2パターンで購入することができます。

既製カーテン

一般住宅の平均的な窓サイズで補正されたカーテンです。以下の主要サイズで販売されています。

  • 巾100㎝×丈135㎝ 2枚入り
  • 巾100㎝×丈150㎝ 2枚入り
  • 巾100㎝×丈178㎝ 2枚入り
  • 巾150㎝×丈178㎝ 1枚入り

メリット

  • 価格が安い
  • 在庫があれば、その日に持ち帰れる

デメリット

  • サイズが合わないこともある。
  • オプションが少ない

オーダーカーテン

好みの生地の素材や柄を選んで、家の窓枠サイズに合わせて作成できます。

メリット

  • 豊富な柄、素材から選べる
  • サイズを合わせて作ることができる

デメリット

  • 既製品と比べて価格が高く、掃き出し窓サイズで10,000円以上かかる
  • 注文してからの補正になるため、納期が10日~14日かかる

正しい採寸方法

掃き出し窓の場合

出典: http://www.matusou.co.jp/curtain/contract/measure_ctc/

横幅

レールが付いている場合は、一番端のランナーから、反対端に付いているランナーまでを測りましょう。窓枠のみの場合は窓枠の端から端までを測ります。

ランナーから床下までしっかり測ります。床との隙間があかないように注意しましょう。

腰高窓の場合

横幅

掃き出し窓と同じ方法です。ランナーの端から端までを測りましょう。

レールが付いている場合は、ランナーから窓枠ギリギリまで測りましょう。ちなみに、腰高窓に吊るすカーテンの丈は、窓枠ピッタリだと収まりがよくスッキリ見え、10㎝程度長めにすると柄がキレイに見えます。

測ったサイズを販売店で伝えれば、店員が適正サイズを提案してくれます。後は好みの柄でコーディネートを楽しみましょう。

 レースカーテン

出典: https://item.rakuten.co.jp/auc-outletcurtain/olv0068/

カーテンというと、厚地のドレープカーテンが注目されがちですが、レースカーテンも重要です。日中のリビングなどでは、光を入れるためにドレープカーテンは束ねますよね。つまり、日中はレースカーテンがインテリアの中心になるのです!

レースカーテンには、商品によって様々なオプション機能が付いています。

UVカット

外から室内に入る紫外線を軽減する効果があります。

ミラー機能

特殊な加工や刺繍がされており、外から室内が見えづらくなります。

採光機能

室内に適度な光を入れる機能です。最近ではUVカット+採光機能を持った、高機能のレースカーテンも販売されています。

この他にも防虫、防ダニ機能など、オプションは複数あります。家庭に合ったレースカーテンを選びましょう。

カーテンフックの種類

出典: https://www.cainz.com/shop/goods/search.aspx?search.x=x&category=111712

カーテンとレールを繋ぐカーテンフック。一般的なプラスチックタイプのフックはAタイプとBタイプの2パターン使用でき、掛け方によってカーテンの見た目と効果が変わってきます。

Aフック

Aフックでカーテンを吊るすと、生地がレール下に付くようになります。デザインを魅せる装飾レールにカーテンを吊るす場合は、Aフックの使用をおすすめします。

Bフック

Bフックでカーテンを吊るすと、生地がレールと重なって付くようになります。レールは隠れて見えなくなりますが、カーテン自体が視界によく入るようになるので、生地の柄を魅せるインテリアにおすすめです。

まとめ

カーテンの重要性と、正しい採寸方法について紹介しました。

インテリアにおいてカーテンの素材や柄は重要ですが、すべてベストサイズであることが大前提です! カーテンを窓の大きさにしっかり合わせて吊るすことで、ステキな空間を演出できます。ぜひ参考にして、カーテン選びに役立ててください。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top