マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【オール電化は損?】メリットとデメリットを整理しました。

【オール電化は損?】メリットとデメリットを整理しました。

マンションを購入した後、生活をしていくためには光熱費や水道代が必要になります。

これまでも発生していたものだからと気にかけない人が多いのですが、オール電化のマンションが増えていく中、ガスの利用を継続している家庭もあります。古民家のリフォームに住む場合はプロパンガスを利用する場合もあるでしょう。

ここでは、様々なエネルギーの特質について、メリットとデメリットのご紹介をしていきます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

電気とガスはどちらがお得?

オール電化のマンションが増えてきましたよね。お風呂を沸かすのもキッチンも全て電気になるものです。IHクッキングヒーターの質が向上しているのも、オール電化が増えてきた特徴でしょう。

ガスで料理をするのと変わらないだけの火力を手に入れることができるようになりました。

では、料金的にはどうでしょうか?

電気が安いと先入観を持っている人も多いのですが、実はガスの方が安いのです。同じお湯を沸かす料金だけを見れば、ガスの方が半分の費用でまかなえます。

もちろん、これは都市ガスの場合。プロパンガスは電気代よりも高くなってしまいますので注意が必要です。

では、電気を利用するよりもガスを利用する方が得なのか?と言われると必ずしもそうとは限りません。

オール電化のメリット

1つの家をオール電化にすることで、ガスを全く使わなくなります。ガス代には、基本料金が含まれており、電気とガスを両方利用している家庭では、どちらにも基本料金を支払っていることになるのです。

ガスを使わないことで、電力会社への基本料金だけで済ませることができるメリットがあります。

またオール電化にすることで、火を使うことがなくなりますので安全であるメリットがあります。子供がいる家庭においては、勝手に火をつけることができない安心感がありますよね。

ガスの元栓を閉めることもしなくていいですし、独特のガスの匂いもなくなりますので快適な生活を送ることができます。

深夜料金を利用する

更に電気代を安くするためには、深夜料金を利用出来るようにし、日中の電気利用を抑える方法があります。電気代は震災以降徐々に値上がりをしていますが、家庭にあったプランを利用することで費用を抑えることができるようになります。

また、電気代の支払いをクレジットカードにすることで、ポイントが貯まるメリットがあります。ちょっとした工夫で、家計の費用を抑えることができるようになるのです。

1か月に500円のことでも、年間にすると6,000円の差が出てくるのです。「オール電化のマンション」という名前だけにつられることなく、本当にいくらの費用が発生すのかを綿密に計算しておく方がいいでしょう。

まとめ

電気とガスにはそれぞれメリットがあり、特徴が違います。ガスで料理をしたいという奥さんも少なくありません。

ちょっとした費用の差がどれくらい家庭にメリットがあるのかは、事前に計画しておくことが大切です。

少しでも節約をしながら、普段の生活が快適になる選択をするようにしましょう。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top