マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ズボラな人の強い味方、キッチンの「隠す収納」って?

ズボラな人の強い味方、キッチンの「隠す収納」って?

ご家庭の調理器具やキッチンツールの整理方法に、お困りではありませんか?すっきりとした綺麗なキッチンを目指すなら、ものをあえて見せない「隠す収納」がおすすめです。

今回は、ズボラな人でも簡単にできる「隠す収納」を使ったキッチン整理術をご紹介します。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ズボラな人におすすめな「隠す収納」って?

収納方法は大きく分けて次の2つに分類できます。1つは「見せる収納」、もう1つは「隠す収納」です。

「見せる収納」とはその名の通り、キッチンツールや食器などをあえて人目のつくところにディスプレイし収納する方法です。デザイン性のあるキッチンツールや食器をインテリアの一部として空間に取り入れることができます。

「見せる収納」のメリットは、お気に入りのアイテムをそのまま吊るしたり立てて置いたりするだけで、インテリアとして空間を華やかにしてくれること。よく使うキッチンツールや調味料を手の届く範囲に収納できるため、取り出しが簡単で調理の時短になるところもメリットでしょう。

「隠す収納」は、フライパンや鍋などを引き出しや戸棚に隠して収納する方法です。ものを表に出さないことで空間がスッキリとし、清潔感が生まれます。ものが表に出ていないため、キッチンツールや調味料に油が付着することもありません。ほこりや油はねが気になるコンロ周りの掃除も簡単にできるところも「隠す収納」のメリットといえます。

ディスプレイにセンスを必要とし、掃除の際もその都度ものを片付ける必要がある「見せる収納」に比べて、これらの手間が一気に省ける「隠す収納」はキッチンを清潔に保つのに労力を必要としません。お手入れ簡単な「隠す収納」は、ズボラな人におすすめの整理方法なのです。

押えておきたい 「隠す収納」の6つのポイント

とはいえ、隠す収納にも押さえておきたいポイントがあります。次の6つのポイントに注目して、キッチンを整理してみましょう。

1.収納場所は動線を考慮する

出典:http://amzn.asia/1iP3uQX

キッチンの収納場所は、多くの場合「シンク下」「調理台下」「コンロ下」にわけて考えることができます。まずは、何をどこに整理するのか使いやすさを重視しながら考えるようにしましょう。収納するものと収納場所の相性も考慮して整理します。

例えば、シンク下は湿気があるため食器や保存食の収納場所には向きません。しかし、ボールやザルなどの調理器具、サランラップなどのキッチンツール、タッパーや空きびんなどの保存容器や、土鍋などの使用頻度の少ないアイテムの収納には適しています。

また、調理台下はアクセスのよい場所なので、カトラリーやおかずのカップ、クリップや輪ゴムの収納にぴったりです。カトラリー収納の下の段には、調味料を入れるのが最適でしょう。

熱がこもりがちなコンロ下には、フライパンや鍋を収納します。その場で簡単に取り出せれば、調理中も慌てる必要がなくなりますよ。

2.鍋やフライパン収納にはスタンドやラックを使う

出典:http://amzn.asia/7Qh0Itm

出典:http://amzn.asia/2gpCEn1

コンロ下のフライパンや鍋の収納には、フライパンスタンドやラックを使いましょう。そのまま置くとかさばるフライパンや鍋も、こうすることで隙間を有効活用できてすっきり収納できます。また取り出しやすくなるのも便利なポイントです。

フライパンスタンドの代わりに、プラスチック製のファイルボックスを使うという手もあります。コンロ下の収納スペースにファイルボックスを並べてクリップなどで固定し、フライパンや鍋を入れて収納します。

出典:http://amzn.asia/fcTMsun

3.カトラリー収納にはカトラリーケースが便利

出典:http://amzn.asia/aTqYUi9

散らかりがちなカトラリーも、種類別に分けてケースに収納すればきれいに整理できます。よく使うお箸やスプーン、フォークは取り出しやすいように手前に、あまり使うことのないワインオープナーや缶切り、アイスピックなどは奥にしまいましょう。調理台下の収納場所にスペースがあれば、おたまやフライ返し、泡だて器などを一緒に収納してもよいでしょう。

4.キッチンツール収納は「立てる」「吊るす」「寝かせる」

出典:http://amzn.asia/bZeqlFO

キッチンツールは「立てる」か「吊るす」か「寝かせる」かして上手に収納します。シンク下やコンロ下にキッチンツールを立てて収納したい場合は、ツールホルダーがおすすめです。おたまやフライ返し、ラップなどをまとめて片付けられるだけでなく、取り出しやすい利点があります。調理台下に収納スペースがあれば、カトラリーケースにこれらを入れて寝かせて収納することもできます。

扉に引っかけるタイプのフックを使って、戸棚裏にキッチンツールを吊るす方法もあります。場所が限られている場合におすすめしたい収納方法です。

出典:http://amzn.asia/aFXwf86

5.ディッシュラックやディッシュスタンドで食器棚を整理整頓

出典:http://amzn.asia/3DDgAWK

そのまま収納するとかさばって取り出しにくい食器も、ディッシュラックやディッシュスタンドを使えば綺麗に収納できます。食器はサイズや形別にわけて整理します。使用頻度の高いものは取り出しやすい位置に、使用頻度が低いものは食器棚の上部や奥にしまいましょう。また、ディッシュラックを使って収納する際は、下段に大皿を、上段に小皿を置くようにすれば安定します。

6.調味料、保存食、お掃除グッズはバスケットや仕切りを使って収納

出典:http://amzn.asia/b9E0d2K

調味料や保存食は、バスケットやカゴを使って種類別に分けて収納します。ブックエンドや仕切り板を使って整理する方法もおすすめです。こうすれば、何がどこにあるのかが一目瞭然になります。

開封した塩や砂糖、香辛料、乾物などはそれぞれ容器に移し替えて保存するか、袋のままタッパーに入れて保存するようにします。除菌スプレーや重曹、スポンジなどのお掃除グッズも、同様にひとまとめにして収納しておくと良いでしょう。

まとめ

キッチン周りを綺麗に保つためには、日々の掃除が欠かせません。「隠す収納」は掃除の際に物をどける労力が省けるので、ストレスなくコンロ周りの油やシンク回りの水あかを落とすことができます。見栄えだけでなく清潔さも手に入るのが、「隠す収納」の隠れたメリットなのです。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top