マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンションの買い時を考える時のポイントまとめ

マンションの買い時を考える時のポイントまとめ

中古マンションの購入を考えているけれども、買い時がわからない人も多いと思います。

今回は、そんな買い時を判断するためのポイントを、消費者からみた時と不動産業界からみた時の2つの視点に分けて、ご紹介します。

まずは、消費者からみた時の買い時は一体いつなのかご説明します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ライフステージから考える買い時

ライフステージとは、結婚や出産など、人生の節目となる出来事で、人の一生を段階分けする考え方のことです。

このライフステージの変化が、マンションを新しく購入したり買い換える最も一般的な理由であることが多いです。

例えば、子供が生まれて部屋数を増やしたい、あるいは子供が独立したから部屋数を減らしたいなど、その時の家族構成に合わせた住宅選びは大切です。

引っ越ししやすい時期から考える買い時

年度が切り替わる3月や夏休みなど、引っ越しをしやすい時期に合わせて中古マンションを購入する人も多いです。

ただし、個人が売主であることが多い中古マンションの場合、売主と引き渡し時期について交渉しなけらばいけないことも念頭に置いておきましょう。

しかし、3月や夏休み中は引っ越し業者も忙しく、希望の日時通りにできないこともあるので、あえてこの時期を避けるのも一つの手です。

さらに詳しく書かれた記事はこちらになります:【タイミングを見極める】中古マンションの買い時ってあるの?

マンション買い時

続いて、不動産業界からみた時の買い時についてご説明します。

市場動向から考える買い時

中古マンションの市場動向を調べることで、現在の中古マンションの取引状況だけでなく、今後どのように変化するのかある程度予測することも可能になります。

また、新築か中古で悩んでいる人は、新築マンションの市場動向と比較してみることをおすすめします。

2017年現在のマンション市場動向はこちらです。

資産価値

資産価値も重要な要素の一つです。資産価値とは、将来、不動産を売却または運用する時にどのくらい収益を得られるのか予想するものです。

購入するときは売却や運用をする予定がなくても、転勤など何らかの事情によりそうせざるを得ない事態も起こりうるので、資産価値ついても考えておくべきでしょう。

資産価値に大きく影響を与える要素は、立地やマンションの管理状態などです。

居住価値

居住価値とは、住み心地のことを指します。一般的に居住価値は、資産価値とは区別して考えられるのですが、両者には共通している点もたくさんあります。

利便性が高かったり、公園など緑に囲まれた静かな環境下にあるマンションは、同じような条件の物件を求める人も多いので、必然的に資産価値は高くなると言えます。

 住宅ローン

住宅ローンの金利も住宅を購入する際には大事なポイントです。

なるべく低い金利で借入ができる時期が狙い目になります。

また、住宅ローンは長期に渡って返済していくものなので、今後の金利の見通しもチェックしましょう。

以上が不動産業界からみたときの買い時の判断基準となります。

さらに詳しい情報はこちら「中古マンションの買い時を見極めるための4つのポイントとは?」の記事をご覧ください。

まとめ

中古マンションの買い時いかがだったでしょうか。

 不動産コンサルタントとして活躍する長嶋修氏の中古マンションの買い時に関するインタビュー記事もぜひご覧ください。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top