マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

部屋を綺麗に見せるインテリアレイアウトのコツ

部屋を綺麗に見せるインテリアレイアウトのコツ

いつも片付けているのに、どうしても雑然として片付いていないように見える。心当たりがあるあなたは、キレイに見せるコツがつかめていないのかもしれません。

この記事で紹介する6つのコツを参考にして、効率的で見栄えのよい片付けができるようになりましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1.インテリアテイストを統一する

インテリアテイストと一言でいっても種類がたくさんあります。自分の好みのインテリアがはっきりしている人もいれば、そんなこと考えたこともないという人もいますよね。

好みのインテリアテイストがある人は、家具などを購入する際にテイストにあったものを選んで、お部屋に統一感を持たせましょう。特に好みのない人は、ホワイトカラーを選ぶといいでしょう。ホワイトカラーはお部屋を明るく広く見せる効果があります。無理にインテリアテイストを決めなくても、統一感を出すことができますよ。

2.色・トーンをそろえる

インテリアテイストが決まれば、家具の色も合わせて選んでいきたいところ。ただし、色だけでなくトーンを合わせることも重要です。例えばブラウンで揃えようとしても、濃いブラウンがあれば薄いブラウンもあるので、気を付けなければいけません。

この場合、濃いブラウンを選択するならダーク系のトーンでまとめて、薄いブラウンを選択するなら少し明るめのベージュ系を選択するようにしましょう。同じ色でもトーン次第で全体の統一感はガラリと変わります。

高さや形をそろえる

お部屋の家具の高さや形を揃えてみましょう。お部屋にある家具を同じ高さにすると、すっきりとした印象になります。すでに高さの違う家具を使用している人は、高さ順に並べて配置すると統一感が出ますよ。

またなるべく同じ形の家具を選ぶことを心がけましょう。角ばった家具や丸みのある家具が混在していると、雑然として見えやすいです。どうしても難しい場合は、違う形どうしを離して配置するのもひとつの手です。

同じ素材でそろえる

クッションやソファーなど、生地のある家具はなるべく同じ素材を選びしましょう。小さなことに思われるかもしれませんが、お部屋の中心に配置されることの多い家具なので、効果は絶大です。

見た目の統一感が大事なので、実はカバーを付け替えるだけでもOK。季節ごとに素材を変えて楽しむのもいいですね。

お部屋の色をホワイトカラーで統一している場合は、クッションやソファーに明るい色を選んで差し色に。インテリアにメリハリが出ると、視線が誘導されて整った印象を与えやすくなります。思い切って好きなカラーを選びましょう。

同じアイテムでそろえる

収納用品はできるだけ同じアイテムで揃えるといいでしょう。同じ形のものを並べて置くことで、より統一感が引き立ちます。収納量もアップして、片付けも楽にできるようになりますよ。

お部屋に余白をとりいれる

実はお部屋に家具や装飾が多いと、片付いていても雑然としたお部屋に見えてしまうのです。お部屋に余白があるからこそ、家具や装飾が際立つのです。余分な装飾や家具があったら、思い切って取り除いてみるといいでしょう。

余分かどうかの判断が難しいと思う人は、お部屋全体を写真に撮影して客観的に見てみるという方法もあります。やってみると意外に余分なものが見つかるので、実践してみてくださいね。

まとめ

お部屋がキレイにスッキリ見える6つのポイントをご紹介しました。これらのポイントを踏まえた上でリビングによく置かれる日用品や家電もすっきりと収納できればもう言うことはありませんね。

ポイントは、上から順番に実践していくとやりやすいでしょう。まずインテリアテイストを決める。そしてテイストにあった色・形に気を付けて、家具などを購入する。最後に効率的な収納術でモノをしまう。

そのとき配置する家具などの高さや形・素材・アイテムを統一する。お部屋にものを置きすぎないように注意して余分なものを取り除く。この手順を実践することで、理想のすっきりしたお部屋を簡単に手に入れることができますよ。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top