マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンの知られざる管理の裏側を徹底取材!

ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンの知られざる管理の裏側を徹底取材!

人気を高める湾岸エリアのタワーマンション。そんな湾岸エリアの中でも、プールやバー、ラウンジ、ジムなどホテルのような充実した共用施設と徹底した管理体制で他のマンションとは一線を画しているのが「ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン(Brillia Mare 有明 TOWER & GARDEN)」。

同マンションの価値を更に高めているのが、マンションの所有者で組成される管理組合による広範囲な活動。今回、同マンションの管理組合理事長である川端様に、ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンのマンション管理の哲学をお伺いしました。

ブリリアマーレ有明の理事になられた経緯

カウルスタッフ:「川端様がブリリアマーレ有明タワー&ガーデンの管理組合・理事長になられたきっかけを教えてください。」

川端様:「一番最初のきっかけは、結婚を機にマンションを探し始めたことでした。豊洲など湾岸エリアのマンションを色々検討しましたが、ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン33階の共用施設に一目惚れをして、このマンションを中古で購入することを決めました。

最初はマンション内に知り合いが欲しいという理由で、災害協力隊に参加するようになりました。災害協力隊の活動をする中で理事会の存在を知り、第7期、8期と理事を務めました。そして3ヶ月前から、このマンションをより良くしていきたいという思いで、第9期の理事長を務めさせて頂いています。」

ブリリアマーレ有明の独自の管理に対する取り組み

カウルスタッフ:「ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンですが、数ある管理組合さんの中で独自かつ積極的にマンション価値を高める動きをされていると聞きます。他の管理組合様と比べて、独自でやられている取り組み等お伺いできますでしょうか?」

川端様:「マンションというのは、年数と共にある程度、ハード面においてはダメージを受けていきます。そこでマンションとしての資産価値を上げる為に、ソフト面での価値を上げていく努力が重要になると考えています。ソフト面における価値を上げる為の取り組みとして、様々な催し事を開催しています。

例えば、第7期では最上階バーラウンジでの音楽イベントをはじめました。元々バーラウンジにはグランドピアノが設置されています。そこで2か月に1度、ピアニストやバイオリニスト等の音楽家の方を呼び、生の音楽を聴けるというイベントを管理組合主催で行いました。

こちらは、毎回大盛況となりました。今はバーラウンジでレストラン運営を担当していただいているシェフなび様が引き継いでいただき、毎週土曜日夜の定例イベントとなりました。住民は毎週末にアーティストの演奏をミュージックチャージ無料で楽しめます。演奏による集客・売上から実施していただけているので、現状は管理組合からの支出が無くなりました。

ブリリアマーレ有明のラウンジスペース1ブリリアマーレ有明のラウンジスペース2※ブリリアマーレ有明の最上階バーラウンジ(出典元:公式HP)

ブリリアマーレ有明のイベント情報※ブリリアマーレ有明の週末イベント例、演奏だけでなくマジックや能などのイベントもある

また、最近行ったのが、マンション屋上展望デッキでのドッグラン。犬を飼っている方だけでなく、ペットを飼っていない居住者の方も参加してくれて、最終的に犬よりも人の方が多いくらいの大盛況でした。

ブリリアマーレ有明の理事長川端様

さらに、今後は特徴的な防災面の取り組みとして、前理事長のアイデアにより、着衣水泳に着目した防災イベントを企画しています。川や海で、服を着たままだと、どれだけ泳ぎづらいかを知ることで、水難事故防止に役立てようという目的です。

これは年に1回、ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン33階にある「プール」の水を抜く際に、合わせて行う防災イベントとして位置づけようと考えています。

マンション内にプールを持つ我々だからこそ実施出来る企画だと思います。」

ブリリアマーレ有明のプール※ブリリアマーレ有明が保有する33Fのプール(出典元:公式HP)

ブリリアマーレ有明の防災とは

カウルスタッフ:「それは非常に面白い取り組みですね。お話をお伺いしていると、マンションにお住まいの皆様が、防災面の意識が非常に高い印象を受けます。」

川端様:「やはり安全・安心に暮らせるということが何よりも大事だと思います。ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンでは年に2回、消防・防災訓練をやっています。安否確認の為に、各部屋のドアにタオルを巻くという取り組みですが、非常に高い参加率となっています。

また私自身、大規模マンションの理事会役員経験者で作る「マンション管理組合理事長勉強会 RJC48」に参加し、防災対策について勉強しています。マンションの規模によって災害対策は異なりますし、例えば地震の際に駐車場が火事になったらどう対応するべきか、など非常に具体的な対策方法・ノウハウを勉強させて頂いています。」

■RJC48(マンション管理組合理事長勉強会)

ブリリアマーレ有明の居住者同士の積極的な交流について

カウルスタッフ:「インタビューをさせて頂いていますここ33階のバーでも、みなさん食事や歓談を楽しんでらっしゃいますね。マンションの居住人の方同士がとても仲が良いことに驚きました。」

川端様:「ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンに居住する方は、有明というマンションの立地上、昔からこのエリアに住んでいたという方はいません。それゆえ、コミュニティを欲する方も多いのではないかと思います。

また、コミュニティという意味では、ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンを超えて、有明エリアでのコミュニティ作りに取り組んでいます。それが「有明マンション連合自治会」。有明エリアのマンション管理組合が協力して運営している自治会です。

※有明自治会への参加マンション(2017.07.26 時点・竣工順)

様々な取り組みを行っていますが、最近の取り組みとして面白いのが「祭り」。昨年9月10日に第1回目を有明小学校で実施し、大盛況でした。今年も開催を予定しており、山形名物の「冷やし肉そば」など、特徴のあるお店を出すことが出来そうです。」

(2017年は7月29日に開催され、後半は雨に見舞われましたが、前半では大盛況でした。)

ブリリアマーレ有明の管理組合運営で気をつけていること

カウルスタッフ:「他のマンションですと、管理費や修繕積立金の使用用途について、住民の中で反対意見があり、思い通りに修繕が進まないケースがありえると思うのですが、ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンでは、大規模住戸の中でどのようにして住民の方々の納得を得ているのでしょうか?」

川端様:「このマンションを購入した方は、共用施設に魅力を感じて購入した方が多いので、共用施設を良くして行こうという思いは共通していました。

その上で、マンションとしてのあり方を決める為に、数年前に「クレド」を作りました。これはブランドブックのようなもので、マンションのあり方を定義しているものです。

クレドブリリアマーレ有明タワー&ガーデンのクレド。Vision「非日常が日常であるために」Concept「Keep Intellect」「Keep Nature」「Keep Style」など、マンションのあり方が記されている。

このクレドがあることで「どの部分の修繕をするか」「どこまで修繕するのか?」の方向性が決まりやすくなります。

また大前提として、このマンションに住む住民の皆さんに、マンションを良くしたい、資産価値を保ちたい、という思いがある事がこのマンションの強みだと思っています。

マンションの資産価値は、需要と供給の関係で決まります。需要が多く、供給が少なければ、マンションの価値は上がるのです。

需要は、このマンションを欲しいと思う方の総数。その総数を上げる為に、マンションとしての情報発信も積極的に行っています。

そして供給は、マンションを売ろうとする人の数と言い換えることが出来ます。マンションに満足し、ずっと暮らし続けたいと思う人が多くなれば、売る人の数は少なくなる。

この需要と供給のバランスが大事だと思っています。

関連記事:「売れる」マンションと「売れない」マンションの違いとは?

実際に、マンション内でアンケートを取ったところ「ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンに将来もずっと住んでいたい」と答えた人の割合は6割を超えており、これは4年前と比べて5%数値が上がっています。」

管理組合運営で気をつけていること

カウルスタッフ:「管理組合の運営で特に気をつけてらっしゃることはありますか?」

ブリリアマーレ有明の川端様3

川端様:「マンションに住んでいる皆さんにとって、最適解を見つけ出すことです。ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンは1085戸の大規模マンションなので、住んでらっしゃる方も様々。例えば子供がいるファミリー世帯は全体の約60%、夫婦のみ世帯は約30%、単身世帯は約10%ほどです。

この33階のバーについても、例えばファミリー世帯であれば「もっとガヤガヤしていても良いのではないか?」という意見が出るかもしれませんし、逆に夫婦のみ世帯であれば「もっと落ち着いた雰囲気の方が良い」という意見が出るかもしれません。

そういった色々な意見がある中で、どうバランスを取るのかが重要です。単純に多数決で決めるのではなく、どの選択肢が一番良いのか、議論しながら決めています。」

最後に

カウルスタッフ:「管理組合の運営はとてもうまく行っているように感じるのですが、強いて言うならまだ運営上課題に感じていることがあれば教えていただけますでしょうか?」

川端様:「長期的にマンションの管理を成功させる事が大事だと思っています。例えば、駐車場の稼働率。将来的に自動車の保有率が下がっていく事は明らかなので、そうなったときに、どうするか。例えば外部に貸しに出すなどの対策が考えられます。

また将来的にマンションに居住する方々の年齢層も変わってくるでしょう。そうすると、マンションに求められるものも異なってくると思います。そうなった際に、しっかりと対応することが大事だと思います。」

カウルスタッフ:「ありがとうございました!」

>>>ブリリアマーレ有明タワーアンドガーデンの売り出し中物件はこちら

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top