マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

家がキレイな人は必ずやっている!「マイクロ片付け」のすすめ

家がキレイな人は必ずやっている!「マイクロ片付け」のすすめ

「毎日忙しくて片付けなんかしていられない!」と思われる方もいるかもしれません。ですが、忙しいときに何をするかが、綺麗な部屋とそうでない部屋の分かれ目。

あなたは片付けが苦手な人に共通点があるということはご存知でしたか?それは「一気に片付けよう」としてしまうこと。つまり、「一日に少しずつ片付ける」ことができれば、片付けはぐっと楽になります。

この記事では、少しずつできる小さな「マイクロ片付け」の方法をまとめました。やっている最中は小さなことに思えるかもしれませんが、毎日やっていれば、自然に片付いていくのです。

お片付けに苦手意識がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1.積んであるものは角を揃える

乱雑になりやすいテーブルの上。ノートやリモコンなどがぐちゃぐちゃ置いてある場合は、とにかくテーブルの一箇所に角を揃えて置くだけでもスッキリした印象にできます。

2.置きっ放しになっている宅配便の箱を開ける

アマゾンをはじめとしたインターネットショッピングはどんどん便利になっており、宅配便を利用する機会も増えてきているのではないでしょうか。届いたのはいいものの「あとで片付けよう」なんてついつい先延ばしにしたりしていませんか?

まずは積んだままにしている箱を開けてください。中身を把握することで、買い物の重複を防ぐことができます。

今積んである箱が全て片付いたら、今度は届いたらすぐに箱から出す習慣をつけるようにしていきましょう。

3.食材や日用品のストックを確認する

冷蔵庫にどんどんものを詰めていくと、奥の方にあるものが忘れ去られてしまうことも。

こうなると片付けにくい環境を作るだけでなく、経済的にもよくありません。とくに把握しにくい食材として、冷凍保存した野菜があります。いちいち冷凍庫を開けて確認するのが手間で、何がどれくらいあったか忘れてしまいがちではないでしょうか。

そこでおすすめなのは、冷蔵庫の前に紙を貼って、中身を書いて管理すること。こうしておけば、いつも中身を把握して、忘れずに使い切ることができます。使ったものはペンで消していけばOK。すぐに手に取れるよう、ペンもそばに収納しておくとさらに便利です。

4.玄関に出しっぱなしの靴をしまう

サンダル、スニーカー、そして仕事のときに使うパンプスや革靴……。使わない靴を出したままにしていると、玄関があっという間に靴で埋まってしまうこともあります。

靴は使ったらその都度しまう習慣をつけましょう。こうすることで靴が痛むのを防ぐだけでなく、掃除がしやすくなるため玄関を常に綺麗に保つことができるようになります。

玄関は家に入って一番最初に目に入る場所。この場所が片付いていると、家の印象がぐっとよくなり帰宅するときも気分がいいですよ。

5.服を買うときは収納する場所を決めてから

お店で素敵な服を見つけると、ついつい欲しくなってしまいますよね。ですが、その服をしまう収納スペースはありますか?

せっかく素敵な服を買っても、しまう場所がなければ埋もれてしまいます。買ってから収納する場所を決めるのではなく、どこに収納するかを決めてから購入するようにしてください。

どうしても服の整理が苦手という人のために、持っている服を撮影して登録できるクローゼット管理アプリもあります。使ってみるのもよいでしょう。

6.ポストのチラシはすぐ仕分ける

勝手にポストに入れられている、さまざまなチラシ類。取り出した後、どこかに置いたままにしていませんか?

家に帰ってくつろぐ前に、まずこのチラシを仕分けることを習慣づけましょう。いらないものはすぐにゴミ箱に。

大切な書類でいますぐ記入ができないものは「未処理書類コーナー」を作って一時的な置き場を作ります。こうした小さな工夫が、散らかさないコツなのです。

7.物をテーブルや床に置かない

ものを床に直置きすることは、綺麗な部屋を作る上での最大のタブーのひとつ。掃除もしにくくなりますし、お手入れも億劫になってしまいます。

例えばついつい置きっ放しにしてしまいやすいのがキッチンツール。毎日使うものだけフックにかけて外に出しておけば、使いやすく、散らかりません。

もし油がはねても、毎日使うのであれば必ず洗うので、問題ありません。フックにかけて直置きしないことで、キッチンが広々使えて作業しやすくなります。さらに物がないと掃除もしやすく、一石二鳥です。

8.定期的な”棚卸し”をしよう

もちろん、小さな片付けだけでいいわけではなく、たまには腰を据えた片付けも必要です。

1ヶ月に1回、忙しい方は3ヶ月に1回でもいいので、定期的に持ち物の整理をして、自分が持っている物の全体像を把握するのがオススメです。

生活のスタイルは、日々変化しています。かつて必要だったものが、いまも必要とは限りません。

生活が変わっているのにものや収納が変わらないとどんどん使いにくくなり、散らかりやすい環境を作ってしまうのです。

例えば最近使っていない鞄があったら、なぜ使わなくなったのかをちゃんと考えましょう。似合わなくなったのか、今の荷物が入りきらないのか、もっと軽いものがいいのか、しっかりしたものがいいのかなど、客観的に分析してみると、意外と解決方法が見つかるものです。

まとめ

少しずつ片付ける習慣がついてきたら、片付けを通じて自分の生活を見直す癖をつけていきましょう。いつも生活にぴったり合った収納が作れていれば、片付けはどんどん楽になっていきますよ。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top