マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

憧れの武蔵小杉のタワーマンションに住むならどのくらいお金が必要なの?

憧れの武蔵小杉のタワーマンションに住むならどのくらいお金が必要なの?

「2000年以降で、最もイメージを変えた駅」といったとき、武蔵小杉の名を挙げる人も多いのではないでしょうか?

20世紀の頃は単なる南武線の一駅であり、今のようなマンションが建ち並ぶエリアも少なく、昔ながらの町並みが残る駅でした。しかし、湘南新宿ライン、横須賀線、東急各線など様々な路線が乗り入れる武蔵小杉駅は非常に交通の便が良く、渋谷にも、新宿にも、お台場方面にも30分以内で行けるなど、抜群のアクセスの良さを持っている駅となっています。

こうした理由から武蔵小杉駅付近にはタワーマンションが林立し、商業施設も数多く造られ、人口もうなぎ登りとなっています。

そんなタワーマンションのある街の代名詞的存在となった武蔵小杉。一体どれくらいの年収があれば、この人気地域にタワーマンションを買うことができるのでしょうか。この記事では、そんな気になる疑問にお答えします。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

武蔵小杉のタワーマンションの平均価格は

まず、武蔵小杉でタワーマンションを購入するにはどれくらいの金額が必要なのかを調べてみましょう。

ある不動産情報サイトによると、武蔵小杉で販売されているマンションの平均価格は6500万円ほど、広さは68平方メートルとなっています。坪単価で言えば約300万円といったところでしょうか。築10年の中古マンションならば、多少広くなって同じ価格で面積80平方メートル程度のようです。

一般的な都内中古マンションの取引価格が4000万円弱ですから、神奈川県川崎市の相場よりも大幅に高い価格になっています。マンションの購入に伴う諸費用まで含めれば7000万円近い価格になることもあるでしょう。

>>>武蔵小杉駅周辺の中古マンション情報はこちら!

6500万円のマンションを購入するためにいくらの融資が必要なのか

6500万円、70平方メートルの新築マンションを購入する際に、必要な諸経費まで考えて7000万円を揃えるとします。フルローンで考えれば6200万円の融資を受け、諸費用は自分で用意するか、別途諸経費ローンを利用しなければいけません。また1割程度の手付金を要求されるときも、身内に借りるなどして現金が必要になります。

では、一般的なマンションよりも高額なエリアで購入する場合に頭金がゼロとは考えにくいので、仮に2割の頭金を用意していると想定しましょう。その場合融資を受けるのは5500万円程度となります。

5500万円の融資を受けるには、年収や勤務先の安定性、信用度、また個人の信用度など様々な要素が変わってきます。頭金2割を用意できるような世帯であれば、目安として融資は年収の7~8倍までは十分可能でしょう。つまり5500万円が年収の7.5倍、つまり年収は750万円前後と推測できます。

フラット35の場合は住宅購入金額の90%以上の融資を受けると金利条件が悪くなりますが、80%の融資であれば2017年時点で金利は35年固定で1.1%です。変動金利を導入している金融機関であれば、最初の5年が固定で0.5%台というところもあります。

仲介手数料は、物件価格の3パーセントが上限として定められており、中古マンションを購入するための諸費用の中でも大きな割合を占めているのです。近年では、AIなどの最新のテクノロジーを活用して営業コストを削減し、その削減した分を「仲介手数料を半額・無料」という形でお客様に還元しているサービスも出てきています。ぜひ中古マンションを購入する際はサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

毎月どれくらい返済が必要なのか

一方で5500万円の融資を受けた場合に、毎月どれくらいの返済が必要であり、それが生活費において、どの程度の負担となるのかも考えなくてはいけません。

5500万円をフラット35の35年間固定金利である1.1%で融資を受けたならば、毎月の返済額は157,833円となります。

さらにマンションの場合は戸建と異なり管理費・修繕積立金が必要となります。管理費、修繕積立金は設備が充実しているタワーマンションほど高くなる傾向にあることも注意しましょう。新築のマンションならば管理費は平方メートルあたり250円で17500円、修繕積立金はまだあまり高くないので20,000円程度でしょう。それでも毎月のローン返済と合わせて月額の住居費負担は20万円ほどになり、さらに固定資産税まで考えれば21~22万にもなってしまいます。

住居費は生活費の3分の1程度に抑えるべきと言われますが、手取り60万円となると月収80万円、年収960万円にもなってしまいます。4人家族の生活費を15万円、貯金を5万円とすれば生活費20万、住居費20万強となり、額面月収は50万強と考えることもできます。

しかし貯金5万円では心もとないと考えれば、手取り50万は欲しいところでしょう。一家の稼ぎ頭が額面65万円×12ヶ月で=780万円の年収。そしてもう片方がパートやアルバイトで控除を受けられる103万円まで働いて手取り8万円をプラスすれば、なんとか生活に支障をきたすことなく貯金もできそうです。

まとめ

結論としては、武蔵小杉でマンションを買ってある程度余裕を持って生活するには、夫婦合わせて1000万円以上の年収がほしいところです。買うだけならば年収800万円程度でも可能ですが、年収が伸びる見込みがない場合は中古を検討するなどして、価格を下げたほうが良いでしょう。

心の安らぎを求めてマンションを買ったのに、ローンの返済で汲々としてしまっては本末転倒です。購入する際はぜひ余裕を持った資金計画で臨みましょう。

>>>武蔵小杉のタワーマンションランキングはこちら!

639

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top