マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

整理・収納・片付けの違い、ご存知ですか?

整理・収納・片付けの違い、ご存知ですか?

誰もが知っている「整理」「収納」「片付け」という言葉。でもそれぞれどんな意味か、ちゃんと言えますか?

実はこの違いを正しく理解するのが、部屋を綺麗に保つコツなんです。

片付けの基本4ポイントを読んだ上で、片付けに苦手意識がある方はこの記事をぜひ参考にしてみてください。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

「整理」「収納」「片付け」ってどんな意味?

  • 整理:不必要なものを取り除き、必要なもののみを残すこと、混乱しているものをきちんとした状態にすること
  • 収納:使いやすいところに、使いやすいように納めること、中に入れてしまっておくこと、
  • 片付け:使ったものを元の場所に戻すこと

こうして見ると、それぞれの定義は似ているようで異なることがわかります。片付けをするためには収納が必要ですし、収納するためには整理が必要。つまりポイントは、整理、収納、片付けの順番で進めていくことなんです。

作業の手順

それではお部屋を綺麗にする具体的な手順を見ていきましょう。

1.整理

整理の定義にのっとって、まずはいらないものを捨てて、「不必要なものを取り除き」ましょう。そうすると必要なものだけが残るので、「混乱しているものをきちんとした状態にする」こともできているはずです。

2.収納

次に何をどこにしまうのかをはっきりさせておきましょう。大切なのは「使いやすいところに、使いやすいように」収納するようにすること。どんなに整然としていても、使いにくくては意味がないのです。

3.片付け

ここまでくれば、あとは片付けるだけ。「使ったものを元の場所に戻す」ようにすれば、ばっちりお部屋が綺麗な状態を保てるというわけです。

要るものと要らないもの、迷ったときはどうする?

以上の手順を実行する上で、つまづきがちなのが「整理」。全部必要に見えて、なかなか捨てられない!なんて経験、ありませんか?

そんなときは、判断基準をはっきりさせておきましょう。「使えるか、使えないか」ではなく、実際に「使うか、使わないか」で要不要を決めるのです。

日常生活の中で、今実際に使っているものは必要なもの。でも例えまだ使えたとしても、1年間使っていないものは捨ててしまいましょう。もったいないと思えるかもしれませんが、スペースを圧迫される方が損だと気持ちを切り替えましょう。

片付けを習慣化するコツ

やらなきゃいけないのに、なかなかできないのが片付け。せっかく全ての手順が終わっても、繰り返し片付けができなくてはすぐに散らかってしまいます。

片付けはこまめにやらないと、どんどん大掃除になってしまいます。これでは考えただけで気持ちが重くなってしまうのも仕方がないというもの。思い当たる人は、1日10分でいいので、必ず毎日片付けるようにしてみましょう。

いったんやりはじめると、10分なんてあっという間。少しずつ片付ける習慣がつけば、気持ちも楽になりますよ。

まとめ

部屋が散らかっていると、ものを探すのに時間がかかりますし、リラックスしてくつろぐこともできません。「整理」「収納」「片付け」の違いを理解して、お部屋も心も整った状態で生活しましょう。

 

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top