マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【不動産仲介の基礎知識】仲介手数料がかかる取引、かからない取引とは?

【不動産仲介の基礎知識】仲介手数料がかかる取引、かからない取引とは?

住宅の購入と切っても切れないのが不動産会社に支払う「仲介手数料」。一口に仲介手数料といっても様々なパターンがあること、知っていましたか?

不動産会社の主な収入源はこの仲介手数料ですが、売買代金に応じて請求できる報酬額の限度が決まっています。仲介手数料のパターンや仕組みについて詳しく見ていきましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

売主と買主両側に仲介業者が付くケース

売主が不動産業者Aに売却依頼をし、ネット上に物件の登録をします。その物件情報を、不動産業者Bが買主に照会し成約に至るケースを片手取引と言います。この場合、基本的に不動産業者Bは、買主からしか仲介手数料をもらうことができません。

不動産会社によって手数料に差がある場合もあります。少しでもお得に購入するには、窓口となる不動産屋さんを仲介手数料が最も安くなるように選ぶ必要があります。中には半額や無料の仲介業者もありますので、どこでも同じだろうと安易に考えず、数社から相見積もりを取ることが大切です。

売主側の仲介業者から購入するケース

売主が不動産会社Aに売却依頼をして、媒介契約を結び買主に物件を紹介して成約に至ったケースを両手取引と言います。この場合、不動産会社Aは、売主と買主の双方から仲介手数料が貰えることになります。

両方から仲介手数料を貰うので若干安くなるケースもありますが、こちらも片手取引同様金額に差がありますので、安い不動産屋さんを探しましょう。

一つの物件を仲介するということは、物件の調査から、契約業務、決済、住宅ローンの斡旋、火災保険の紹介など様々な業務をこなすことになります。片手取引でも両手取引でも、基本的にはやることはそれほど変りません。ですから、多くの不動産は仲介手数料をより多く貰える両手取引の物件から優先して紹介する傾向にあります。

売主から直接購入するケース

不動産業者を挟むとこのように仲介手数料がかかります。手数料といっても物件によっては数百万円単位になるため、決して馬鹿になりません。節約できる方法があるのなら、それに越したことはないでしょう。

仲介手数料をなくす唯一の方法は、売主から直接購入するケースです。こうした物件情報は、建築中の物件や建物を歩いて探す、建築中の場合告知看板を見る、近所の人に聞く、不動産広告で情報をくまなく探す、登記簿を調べるなどの方法があります。

売主から直接物件を購入することができれば、不動産屋さんを通していないので、仲介手数料はかかりません。売主から直接購入するメリットとして、仲介手数料がかからない、リノベーション物件が多く安くてお得な物件があるなどが挙げられます。もし売主が直接販売している物件を見つけることができたのであれば、それが最も安く購入することができる方法です。

まとめ

不動産売買における仲介手数料は、売買のパターンによっていくつかの方法があります。最もお得に購入できるのは売主から直接購入する場合で、仲介業者がいないのでもちろん仲介手数料は無料になります。

また、仲介手数料は、物件価格の3%が上限として定められており、中古マンションを購入するための諸費用の中でも大きな割合を占めます。近年では、AIなどの最新のテクノロジーを活用して営業コストを削減し、その削減した分を「仲介手数料を半額・無料」という形でお客様に還元しているサービスも出てきています。ぜひ中古マンションを購入する際はご検討してみてはいかがでしょうか?

153

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top