マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

千代田区の保育園情報を徹底解説!

千代田区の保育園情報を徹底解説!

千代田区は育児や教育に関しての環境が整っていることで有名です。不妊治療への助成から高校生までの医療費無料の制度など、充実した福祉が整っています。

保育園の待機児童数についても厚生労働省の基準でゼロを達成しているほか、長時間保育の施設や0歳から5歳までの一環保育をする施設を設けるなど、さまざまな取り組みを行っています。

今回の記事では、そんな千代田区の保育園事情をまとめました。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

千代田区内にある保育施設

千代田区にある保育施設は大きく分けて国の審査基準に基づく「認可保育園」に属するものと、東京都の審査基準に基づく「認証保育所」に属するものとに分けられています。

A.認可保育園等の施設一覧

1.認可保育園

保護者が働いている場合の他、出産や病気などで日中お子さんを家庭で養育できない場合などに利用することができる施設です。保育年齢は0歳から5歳まで、0歳児の入園は生後57日後から可能です。区内には区立と私立合わせて11か所の施設があります。

1-1. 区立保育園(4か所)
  • 麹町保育園
  • 神田保育園
  • 西神田保育園
  • 四番町保育園
1-2. 私立保育園(7か所)
  • アスク二番町保育園
  • ポピンズナーサリースクール一番町
  • ほっぺるランド西神田
  • グローバルキッズ飯田橋園
  • あい保育園東神田
  • クレアナーサリー市ヶ谷
  • 神田淡路町保育園大きなおうち

2.こども園(2か所)

こども園はこれまでの幼稚園と保育園を組み合わせた施設で、0歳児から5歳児までの期間、一貫して育成する千代田区型の一元施設です。保育園と同様に長時間保育を実施しますが、幼稚園としての幼児教育も実施します。

また、要望に応じて一時保育や延長保育、預かり保育の他、課外クラブ活動なども実施しています。保育年齢は0歳から5歳まで、0歳児の入園は生後57日後から可能です。現在、公立の2園があります。

  • いずみこども園
  • ふじみこども園

3.認定こども園(保育所型)(1か所)

保育所型認定こども園とは、認可保育園が保育が必要な子ども以外も受け入れ、0歳児から5歳児の子どもの保育・教育を一体的に行う施設です。保育年齢は0歳から5歳まで、0歳児の入園は生後57日後から可能です。

  • グローバルキッズ飯田橋こども園

4.幼保一体施設(4か所)

幼保一体施設とは、幼稚園に長時間保育課程を設けると共に、0~2歳児の認可外保育施設を併設した幼保一体施設です。0歳児から5歳児までの連続した教育をすることにより、卒園後の小学校教育に円滑に移ることができるような質の高い幼児教育や保育を行っています。

なお、保育園は民設民営の認可外保育施設ですが、施設基準や職員配置は児童福祉施設最低基準(認可保育所基準)に準じます。現在、区内に2施設があります。保育年齢は併設の保育園が0歳から2歳、0歳児の入園は生後57日後から可能です。幼稚園の保育年齢は3歳から5歳になります。

4-1. 神田司町の施設
  • マミーズエンジェル千代田保育園
  • 区立千代田幼稚園
4-2. 外神田の施設
  • 小学館アカデミー昌平保育園
  • 区立昌平幼稚園

5.事業所内保育所(1か所)

事業所内にある保育所の内、地域枠を指定して千代田区民の保育を受け入れている私立の施設が1施設あります。保育年齢は0~2歳。0歳児の場合、生後57日以降から入園可能です。

  • 厚生労働省5号館保育室

6.小規模保育事業(1か所)

0歳児から2歳児までを対象とした定員6人以上19人以下の施設です。少人数の施設のため、お子さんの個性や発達に応じた保育や家庭的保育に近い雰囲気で保育を行うことができるメリットがあります。現在私立で1施設あります。保育年齢は0~3歳未満、3歳に達した年度末まで在室できます。0歳児の場合、10か月以降に入園できます。

  • 小規模保育室「あい・ぽーと」小さな家麹町

7.家庭的保育事業(2か所)

家庭的保育事業とは、区が認定した複数の家庭的保育者(保育ママ)が、少人数の乳幼児を家庭的な雰囲気の中で保育します。子ども一人ひとりの発達状況や、その日の体調などに合わせてきめ細やかな保育ができることがメリットです。現在私立で2施設あります。保育年齢は0~3歳未満、0歳児の場合は生後10か月以降に入園できます。

  • ・あい・ぽーと小さな家飯田橋
  • ・あい・ぽーと小さな家東神田

B.認証保育所等一覧

1.認証保育所(10か所)

認証保育所は東京都が認証した保育所で、施設の内容や人員の配置など、一定の水準を確保していることが条件になっています。開所時間は13時間を基本としており、一時保育や夜間・休日保育など利用者のニーズに合わせた多様なサービスを行っています。

1-1.保育年齢が0歳から2歳までの施設

(0歳児の入園月齢:生後57日以降)

  • 保育室「愛の園」(3歳児以上は要相談)
  • ココファン・ナーサリー神田万世橋
1-2. 保育年齢が0歳から5歳までの施設

(0歳児の入園月齢は施設ごとに基準があります。)

  • 保育園ドルチェ
  • キッズスクウェア丸の内東京ビル
  • 小学館アカデミー神保町保育園
  • キッズスクウェア永田町
  • キッズスクウェア丸の内永楽ビル
  • ココファン・ナーサリー霞が関

(以上は0歳児の入園月齢:生後57日以降)

  • ピノキオ幼児舎番町園

(0歳児の入園月齢:生後1ヶ月以降)

  • マミーズエンジェル神田駅前保育園

(0歳児の入園月齢:生後43日以降)

2.区緊急保育施設(1か所)

区緊急保育施設は緊急待機児童対策として、区内にある廃校になった中学校の校舎を活用して開設され、民間での設置と運営がされている保育施設です。対象が区民のみの認可外保育施設ですが、配置基準や職員配置は、東京都認証保育所の基準に準じて作られています。保育年齢は0歳から5歳まで、0歳児の入園は生後57日後から可能です。

  • グローバルキッズ神田駅前園

3.区補助対象保育室(2か所)

区補助対象保育室は、認証保育所と同等の施設運営基準を満たしている施設に千代田区が運営費の一部を補助している施設です。

保育年齢は0歳から5歳まで、0歳児の入園は生後57日後から可能です。

現在私立で2施設あります。

  •  ひまわり育児室
  • ハイブリッドマムプリスクールナーサリー千代田富士見

千代田区の待機児童数

千代田区の待機児童数は過去10年間のうち、7年で待機児童ゼロを達成しています。平成28年度の場合は厚生労働省の定める待機児童の定義にあてはまる「どの保育施設にも入ることのできない児童」は2月に2名、他の月は0名となっています。

ただし、希望の保育所への入園を待ち自宅での待機をしている場合や、現在通っている保育園から他の保育園への転園を希望している数は250名から450名程存在します。こうした潜在的な待機児童の解消のためにいくつかの取り組みが行われています。

待機児童対策と保育設備の充実

千代田区では保育環境の更なる充実のために、定められた基準に沿った保育施設の設置に対して費用の助成を行っているほか、解説時間が13時間以上の長時間の保育に対応する施設や家庭的な環境での保育を行う施設など多様化した働き方に対応できる施設の整備も進めています。

保育園へ入園するまでの流れ

千代田区内の保育園に入園を希望する場合、区外からの転入の場合には転入予定日の翌月から可能です。就職や転職や職場復帰の場合には働き始める月などの保育が必要な月から、DVや児童虐待の場合には必要な月から保育を受けることができます。

入園を希望する場合には保育や教育など必要なサービスと年齢により「保育・教育の支給認定」を受ける必要があり、入園の申請書と一緒に認定申請を出すことが必要です。

入園の申請に関しての流れは以下のようになります。

(図表作成:石井 けん)

保育園への入園は3月を除き、通年で可能です。4月入園の場合だけ、1次と2次の2回の締め切りがあります。平成29年4月の入園の場合を例にすると1次の受付期間は12/1~1/20、2次の受付期間は1/23~2/28となっています。

また、入園の審査が不承諾になってしまっても、一度保育希望の認定を受けると通年で継続して毎月審査が行われます。入園希望の前月の5日位から申請が可能ですので、それ以前から情報収集をしておくことが必要ですね。

また、0歳児の場合には生後57日後以降から入園可能になる場合がほとんどですので、出産前から準備をしておくのも良いでしょう。

入園審査の指標とそのボーダーライン

保護者が千代田区内に在住または在勤であることが必要になります。入園の審査で特に優先されるのは、以下の理由です。

  • 一日8時間以上の労働を常に行っている
  • 離婚や死別、長期不在
  • 心身障害者や疾病
  • 介護や看護で1日時間以上、月20日以上の付添を常時行っている
  • 災害の被災者

入園審査を受けるための最低限のボーダーラインとしては、1日4時間から6時間の就労や求職活動なために日中外出していることが必要になります。また、審査基準で同一指数になる場合には生活保護世帯や、一人親家庭や親の長期不在などのケースが優先されます。

(入園に関する審査基準は毎年見直しが行われます。)

まとめ

以上のように、千代田区では待機児童数が低く推移しているだけではなく、長時間保育、家庭的保育、0歳から5歳までの一環保育など、保護者の状況やニーズに合わせて様々な保育施設が用意されているのが特色でもあります。

保育の開始は働き始める月や保育の必要な月から可能ですし、転入の場合、転入予定月の翌月から保育を受けることが可能ですので、事前に情報収集と申請の準備をしておくと良いでしょう。

千代田区は保育園の卒園以降も育児への支援が充実している自治体です。様々な制度を上手く活用して楽しく育児をしていきましょう。

ここでご紹介した情報は平成29年4月1日の時点での情報で、変更になる可能性もありますので、ご確認をおすすめします。

102

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top