マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

学区外の小学校・中学校、どうやって通えばいいの?

学区外の小学校・中学校、どうやって通えばいいの?

子供のいる家庭にとって、教育環境は住む場所を決める大切なポイント。学区内の小学校、中学校がどんなところか調べてから新居の場所を決める方も多いと思います。

ただ、最近では正当な理由があれば学区外通学を認めている市町村も多くあります。では一体どんな理由から学区外の学校に通うケースがあるのか注目したいと思います。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

いじめ、不登校などによる学区外通学

些細なきっかけから始まってしまういじめ。どんなに先生や親が介入しても、解決できない場合もあります。そんなときは無理してその学校に通い続けなくとも、学区外通学が認められるケースがあります。役所に相談し、学区外に通いたい正当な理由があれば認められるのです。

学区で決まっているからと、なんとしてでも通わせる必要はありません。いざというときは学区外通学できるということを知っておけば、親も子供も少し気持ちが楽になるかもしれません。

引っ越しによる学区外通学の申請

転居によって学区外になってしまっても、近隣で通学距離にさほど差がない場合には、申請して同じ学校に通い続けることが可能です。

以前は小学校1年~5年は学期末まで、6年のみ卒業までの学区外通学が認められていました。また中学生も同様に1~2年生は学期末まで、3年生のみ卒業までと決められていました。

しかし児童の友人関係などの心情を考慮して、現在では学区外通学できる範囲が広げられています。小学生に関しては1~5年生は学年末まで。中学生に関しては、制服の再購入やその他の懸念事項も多いので、全学年卒業まで学区外通学が認められることになったのです。

その他の学区外申請が可能なケース

例えば共働きの家庭で学童保育をしている小学校が学区外である場合や、保育を依頼する親戚が学区外にいる、また特殊学級に通う必要性が出てきたために学区外通学を希望するなど、さまざまな理由で学区外通学が認められています。

以前よりも学区外通学が認められるケースも多くなっているそうです。子供たちによりよい教育環境を与えたいという観点から、文部科学省も見直しを行っているようです。

まとめ

家庭によって学区外の学校に通いたい事情はさまざま。選択の余地がもっと増えれば、子供もよりよい環境でのびのび学べるかもしれません。これからの子供たちが、気持ちよく学べるようになればいいですね。

 

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top