マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

中野区の保育園事情を徹底解説!

中野区の保育園事情を徹底解説!

中野区は23区でもトップクラスの人口密度を誇る区です。中でも20代から30代の若い世代の人口が多いことでも知られています。都心のアクセスが便利なことからも、ベッドタウンとして人気の街であることは間違いありません。

では中野区の保育園事情はどうなのでしょう。詳しく解説していきます。

中野区の保育園

認可保育園

以下の条件を満たした人が、家庭で保育が出来ない場合に利用できる保育施設です。

  • 保護者が終了している(下越に着き48時間の就労)
  • 保護者の妊娠、出産
  • 保護者の病気、障害
  • 保護者が家族の介護、看護をしている場合
  • 保護者が災害復旧している場合
  • 保護者が求職活動している場合
  • 保護者が修学している場合
  • その他区が上記の類似と認めた場合

国が定めた『児童福祉司悦最低基準』を満たした保育所で、運営費は主に国や都が負担しています。中野区内には41カ所の認可保育園が存在します。

区立と私立がありますが、申し込みは全て中野区が管理し、保育料は家庭の収入に合わせて0円~75000円程度(時間外などは含まず)になります。

認定こども園

就学前の子どもを、保護者の勤務にかかわらず保育可能な施設を指します。地域における子育て支援を行う機能を兼ね備えた場合に、都道府県知事の認可を受けています。中野区には幼保連携型認定こども園の『やよいこども園』と幼稚園型認定こども園の『認定こども園みずのとう』の2園が存在します。

保育を必要としない幼稚園的利用の場合は、施設への直接申し込みになりますが、保育園的利用の場合は中野区に申し込みになります。保育園的利用の場合、家庭の収入に合わせて0円~75000円程度(時間外などは含まず)になります。

地域型保育事業

一定の資格を持ち区長の認定を受けた家庭福祉員が、家庭で保育できないお子さんを家庭的な雰囲気で預かる保育と、認可小規模保育事業の2つがあります。共に自宅に近い形で保育する場合が多いため、朝の8:30~17:00までと時間は短めの場合が多いですが、少人数の預かりになるため目の行き届いた保育になります。

中野区には24カ所の地域型保育施設があります。

認証保育園

一定の設置基準を満たし、東京都の認証を受けた保育施設です。申し込みは施設へ直接となり、料金は施設ごとに様々ですが、保育料の一部を中野区が補助してくれる制度があります。上限は62,000円となっており、認可保育園との金額の差を補填してくれます。

中野区内には16の認証保育園施設があります。

認可外保育園

児童福祉法に定められている基準を満たしていないために、国から認可を受けていない保育園を指します。施設の広さや、保育士の数、園庭がとれない等の条件が満たされない、もしくは独自の教育方法で開園している場合には、認可外保育園になります。

認可外だからといって信頼性が低いということはなく、逆にサービスが充実している場合もあります。申し込みは直接施設にすることになるので、認可保育園と比べると簡単に申し込みをすることが可能。保育料は5万円~7万円程度となっています。

中野区には約13の認可外保育施設があります。

待機児童の現状

中野区も他の23区同様、待機児童に悩まされている地域の一つです。

『中野区の待機児童を減らす会』という集まりができるほど待機児童への注目度が高く、2014年以降に不承諾通知書を受け取った保護者が区役所に異議申し立てを行った経緯があります。当時1632名の保育園入園希望者のうち、入園できたのはたったの846名。約48%の保護者が、不承諾通知書を受け取って途方にくれたと言えるでしょう。

また平成28年4月の段階で、待機児童は257人と発表されています。しかし認可に入園できず、認証に入った人数は644人だったということを考えると、やはり状況は非常に厳しいと言えるでしょう。

中野区ではこうした状況を受けて定員を300人増やす計画でしたが、待機児童の多さをみて1000人への拡大に計画を変更しました。予算も大幅に増やし、待機児童問題の解決へと大きな一歩を踏み出しましたが、実際には新規保育園建設が思うように進まず、予算が余ってしまったほどです。

また中野区の合計特殊出生率は、0.93と全国最低レベル。中野区から転出する方の5人に1人が『子育て環境が良くないから』と答えていると言われています。

しかし中野区の場合、認証保育園に入園することになったとしても、その保育料の差額を補助してくれるので、恵まれた自治体という考え方もないではありません。

いずれにしても、早めの『保活』が希望保育園に入園するための近道と言えるでしょう。

保育園入園までの流れ

入園倍率の高い中野区においても、スケジュールを把握して計画的に行動することが大切です。今回は平成29年4月申し込みを例にしましたが、毎年のスケジュールは概ね同じなので、ぜひ参考にしてください。

まずは保育利用の案内冊子をもらいます。これはウェブサイトからも入手可能。申し込みまでに事前見学や不明点の相談を済ませておくとスムーズです。ちなみに3月入園は申し込みが行われていませんので、育児休業終了の時期を十分に確認して下さい。中野区の場合、保育の必要性の認定申請と入園申し込みを同時に行います。認定が必要な施設かどうかも十分に確認しましょう。

  1. 申し込み(1次):12月7日(水)までです。地域事務所すこやかセンターの場合は、12月2日までになりますので要注意です。
  2. 結果発表(1次):内定の有無にかかわらず2月1日までに発送されます。
  3. 申し込み(2次):1次で内定がもらえなかった場合には、2月17日までに再度申し込み申請をします。
  4. 結果発表(2次):3月3日までに結果のお知らせが来ます。
  5. 面接・健康診断:内定の書類が来た後は、決められた日時に保育園に足を運び、面接と健康診断を受けます。園によっては委託している病院に行くこともあります。面談は顔合わせのようなものなので、緊張しなくても大丈夫です。
  6. 登園:4/1~の登園になります。最初の1ヶ月は慣らし保育になるので、お迎え時間が早くなる園が一般的です。フルタイム勤務に戻るのは5月の連休明けくらいにしておくと、お子さんも余裕を持って保育園に慣れることができるでしょう。

入園審査の指標とボーダーライン

中野区の場合も、他の地域と同様指数によって入園の判定を行っています。例えば父、母が双方ともフルタイム勤務の場合、就労として父20点+母20点になります。そして調整指数の「引き続き就労を継続している」によってそれぞれ1点ずつ加算され、42点になるのです。

中野区のウェブサイトには入園できた人の最低点数の掲示がありますが、これは42点からとなっています。最低42点ないと入園は厳しいと考えた方が良いでしょう。人気の保育園では47点が最低ラインのところもあります。

小規模保育園等の場合はボーダーラインが下がりますが、認可保育園は厳しい数字となっています。ただし0歳児クラスで地域型保育事業に入園し、年齢的にそれ以上の保育を行っていない施設にいた場合には、+3の加点によって認可保育園の申し込みが可能です。

自分が今何点なのか、加点できる要素はあるのかなど、綿密な情報収集が必要になります。

まとめ

ここ数年『中野区の待機児童を減らす会』が中心となって区に異議申し立てを行っていましたが、2017年に関しては署名や要望書の提出はなかったようです。問題が解決されたというよりは、改善されていかないことへの諦めと見た方がいいかもしれません。中野区の待機児童問題が解消されることを切に願っています。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top