マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

窪町小学校区域のマンションはなぜ人気なのか?

窪町小学校区域のマンションはなぜ人気なのか?

東京大学やお茶の水女子大、東京医科歯科大学など多くの大学を多く擁する「文京区」。

そんな文京区は今、住みたい街ランキングでもいつも上位に位置しています。特に目立った施設がないにも関わらずいつも上位に位置しているのには理由がありす。それは、高い教育水準と充実した子育て制度があること。

そして文京区の中でも人気を集めているのが「窪町小学校」。その人気は学区内にあえて引っ越す人が増えているほど。この記事では、そんな窪町小学校の人気の秘密に迫ります。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

文京区の教育水準が高い理由

文京区が高い教育水準を持っているのは、都内にある6つの国立小学校「お茶の水女子大付属小学校・筑波大学付属小学校・東京学芸大学付属小学校世田谷・大泉・竹早・小金井」のうちの3校が文京区内にあるためです。

我が子を優秀な国立小学校に通わせたいと願う家庭が、学校周辺に住まいを求めて集まっています。国立小学校は、充実した教育環境を持ちながら月謝がほぼかからないために人気の衰えを知りません。

そして国立小学校は通学範囲を設定しているため、通学範囲外に住んでいた人がお受験前に引っ越してくるケースも多いのです。お受験の際には既に通学範囲内に引っ越しておかないと、合格判定に響くといわれています。

つまり文京区内に住んでいれば、居住範囲の中に適合する国立小学校が増え、お受験できる学校も増えるのです。

しかし現在国立小学校の倍率は10倍から数十倍と言われています。受験する資格をもらうためにくじ引きをする学校もあり、たとえ優秀でも試験を受けることさえも出来ない難関校となっています。

しかしもちろん保護者もその狭き門に入れなかったことを考えて引っ越しをしてきます。入学がかなわなかった際に行くであろう公立小学校のことも、十分にチェックしてくるのです。

そんな保護者の間で大人気となったのが、文京区の公立小学校の「窪町小学校」というわけです。

大人気窪町小学校

学年によっては5学級も存在する大人気公立小学校。文教地区に存在するので、地域の大学や中学、幼稚園とも連携を行いながら交流を深めています。人数も多く人気の高い小学校なので、越境通学は基本的に認めていません。

窪町小学校は、設備も公立小学校とは思えないほど充実しています。

私立の人気校でも多くなってきた、廊下と教室が一体化になっているオープンな校舎。公立小学校でも建て替えの際は、オープン教室にすることが多くなってきています。

そして屋上にはドームの屋根付きのプールがあり、使用時期を過ぎると人工芝を敷いて運動場にしてしまうのです。体育館には冷暖房もついており、メディアセンターも充実しています。公立小学校でありながら、これだけの充実施設を持つ窪町小学校が人気になるのは必然なのかもしれません。

まとめ

荻町小学校には、文京区に引っ越しを検討したくなるほどの魅力的要素がたくさんあります。また都内でも犯罪の少ない地域として認識されており、治安の面でも安心です。

小さな子供のいる家庭にとって、教育環境はとても重要なことです。我が子にとって最適な学校はどこかと悩まれ、住まい選びをする際に条件として挙げられる方も多いことでしょう。

窪町小学校学区内地域は、ファミリー向けマンションだと2LDK13万円から、広めのマンションになると30万を超える物件が主となっています。決して安い家賃相場の地域ではありませんが、私立小学校に子供を通わせることを考えれば、

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top