マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【都内マンション】中庭充実度ランキング!

【都内マンション】中庭充実度ランキング!

最近では大規模開発物件を中心に「敷地内公園」と呼ばれる中庭が設置されているマンションを見かけるようになりました。こうしたスペースはマンション敷地内をゆったりとした印象に変え、暮らしを気持ちのよいものにしてくれます。

また、中には遊具が設置されている物件もあり、子育てパパ・ママにとっても嬉しい設備の一つです。他にもセキュリティの面や雨が降ったときに手軽に利用することができるなどメリットがたくさん。

ここでは東京の都心にありながら、中庭の充実したマンションをランキング形式でご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

第5位:白金タワー

出典:http://www.nomu.com/images/catalog/P00/4458/P0004458_0101_25.jpg

東京港区の白金高輪駅や桜田通りに面した立地に建つ白金タワーは、42階建て581戸の戸数を誇るタワー型のマンションです。都心にある物件ながら、敷地内には緑も多く、春には桜の花を見ることもできます。

中庭スペースは、車が100台程駐車できるほどの広大さ。とても都心の一等地にあるとは思えません。歩道と植栽が調和してレイアウトされた、居心地のいい空間になっています。また、敷地内には白高児童遊園が設けられており、ブランコなどの遊具も設置されています。

公園やベンチに面した通りには車が入ることのないように車止めが設置されているほか、駐車場へ入る車と歩く人の導線が交わらないように作られており、安心して過ごすことができるよう気が配られています。

>>白金タワーの詳細はこちら

第4位:広尾ガーデンヒルズ

出典:https://www.stlink.jp/upload/image/article_2_126_1407649910.jpg

広尾ガーデンヒルズは渋谷区広尾に建設された総戸数1,181戸の大規模マンションです。6.6ヘクタールにもなる広大な敷地には、全部で5つの区画に分けられた15棟のマンション棟が点在しています。

敷地に隣接して広尾東公園や広尾北公園などの区立の公園もあり、すべり台やベンチなどの設備も備えて子供が遊ぶことのできる環境も整っています。

エリア内はしっかりと区画整理され、車が行き交う車道と人の歩く歩道が分けられています。住居と交通は高低差を利用して分離されているため、歩行者が安全に過ごすことができます。

また、建物の周囲や道路沿いには街路樹が整然と配置されていて、日中の日差しを適度に和らげてくれます。都心にいながら、歩いているだけで自然に触れることのできる空間が魅力です。

>>広尾ガーデンヒルズの詳細はこちら

第3位:プラウドシティ池袋本町

出典:http://www.nomu.com/images/catalog/P00/5494/P0015494_0101_25.jpg

プラウドシティ池袋本町は、JR埼京線の板橋駅前に開発された15階建て785戸の大規模マンションです。

中庭スペースは、芝生や植栽、歩道などが整然と整えられています。周囲をマンションの建物に取り囲まれており、電車や道路など周囲の交通機関の喧騒とは隔絶された居住空間になっているのが特徴的です。

もちろん居住者専用の駐車場と中庭への導線が交わることのない作りになっています。小さいお子さんやご年配の家族がいる場合には、事故の不安を感じることなく過ごすことができるのが大きなメリットといえるでしょう。

>>プラウドシティ池袋本町の詳細はこちら

第2位:シテヌ-ブ北千住30

出典:http://www.mansion-photogallery.com/wp-content/uploads/2011/05/1113.jpg

シテヌ-ブ北千住30は隅田川に面したエリアに建つ総戸数226戸のマンションです。
A棟・B棟・C棟からなるマンション群の中心に中庭スペースが設けられており、レンガ色に舗装された歩道の周囲にはたくさんの木々が植えられています。

マンションの目の前には隅田川の風景が広がり、都心のマンションよりも解放感に溢れた風景を味わうことができます。

マンションに隣接したエリアには、公園内に水源を設けた千住大川端公園が広がっています。公園は隅田川に沿って伸びる側道につながっているので、マンションの中庭から隅田川へと散歩をすることも可能な環境になっています。

第1位:ブリリアタワーズ目黒

出典:http://sumai.nikkei.co.jp/edit/photo/a5/MMSUa5000003042015_1_0_a5.jpg

目黒駅前の再開発を目的として、オフィス棟と共に建てられたタワーマンションがブリリアタワーズ目黒です。ノースレジデンス・サウスレジデンス2棟の合計総戸数940戸の大規模プロジェクトです。

「目黒駅前に森を作る」をコンセプトに開発された中庭スペース「森の広場」には900本もの樹木が植えられています。

水が流れる中庭スペースには丘段状にベンチが並べられ、芝生スペースもたくさん。JR目黒駅前という立地でありながら、ゆったりと過ごすことができる空間となっています。

また、開発敷地内には商業施設もオープンするので、買い物のついでにピクニック気分で散歩をすることができる、利便性と開放感を併せ持つ魅力的なスペースとなっています。

>>ブリリアタワーズ目黒の詳細はこちら

まとめ

たとえ都心であっても、緑や住環境に配慮した中庭スペースを敷地内に持つマンションはたくさんあります。地域の公園や施設などと共にこうした中庭スペースを活用することで、より快適に過ごすことができるでしょう。

マンションを選ぶときは部屋の広さや立地に注目して選ぶことが多いと思いますが、中庭スペースのような共有スペースにも関心を持ってみることで、マンションでの暮らしがより楽しくイメージできるかもしれませんよ。

290

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top